現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
安武 雄一郎弁護士

( やすたけ ゆういちろう ) 安武 雄一郎

安武法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【事前連絡による休日・夜間相談可】「私選の弁護士に依頼してよかった」と思って戴けるよう、経験と行動力を活かした最善の弁護活動に努めます。お気軽にご相談ください。
安武法律事務所
安武法律事務所
安武法律事務所

■■ 相談室の模様 ■■

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

■■長年の経験と実績■■
◎弁護士登録から29年にわたり、一貫して刑事弁護に取り組んできました。その間、複数の無罪判決にも恵まれました。裁判員裁判の経験も多数あります。
◎弁護士会の刑事分野の公益活動にも積極的に関わり、最先端の刑事弁護の理論と実践を案件処理に活かすよう、常に研鑽を積んでいます。
◎九州大学法科大学院でも刑事弁護の実務を法科大学院生に教えており、後進の育成にも積極的に携わっています。

■■よくあるご相談■■
◎警察に逮捕されたが、一刻も早く釈放されたい
◎逮捕・勾留された後の手続が全く分からない
◎冤罪で起訴されたが、裁判で無実を晴らしたい
◎事件を起こしたことは間違いないが、執行猶予にしてもらいたい
◎少年院送致ではなく保護観察処分にしてもらいたい(少年事件)

■■安心のご相談・ご依頼の費用■■
◎初回相談はご来所いただきます。じっくりとお話をお聞きし、費用額をお見積もりいたします。
◎ご本人が逮捕・勾留されている案件の場合、適切な費用額をお見積もりするため、まずご本人に接見し、その後に費用額をご提示することがあります。
◎福岡市内の留置施設への接見・示談交渉・保釈請求・接見禁止解除請求等については、別途の費用(日当・加算報酬)を原則として戴きません。お見積りの際に詳しくご説明いたします。
◎私選弁護と国選弁護の違い(双方のメリット)についても詳しくご説明いたします。

■■ご相談者・ご依頼者の方に■■
◎ご相談者・ご依頼者の方にきちんとご理解を戴くために、時間をかけた懇切丁寧なご説明に努めております。
◎弁護費用に関しては、ご相談時にお見積書を作成し、リーズナブルかつ明瞭な費用額をご提示いたします。
◎ご本人が逮捕・勾留されている案件の場合、できる限り早く接見するよう努めております。一刻も早くご相談なさってください。
◎事務所の近くにコインパーキングがございます。事務所が入っているビルはバリアフリーですので、ご高齢の方、お身体がご不自由な方でも全く問題ございません。安心してお越しください。

■■重点取扱い案件■■
◎逮捕直後の起訴前弁護活動(身体拘束からの早期の解放をめざす)
◎起訴後(刑事裁判)の弁護活動
◎裁判員裁判の弁護活動
◎外国人の弁護活動
◎少年(未成年)非行の付添人活動

■■アクセス■■
地下鉄七隈線「六本松」駅から徒歩5分
西鉄バス「護国神社前」バス停下車すぐ

この分野の法律相談

家族が薬物使用で起訴され、保釈の申請をしたい場合、 弁護士さんが用意してくれる身元引受け人などの書類だけで良いのでしょうか? 他に一緒に提出したら保釈の可能性が高まる事はありませんか? 例えば、保釈後の監督の方針や更生への取り組みなど、このような訴えは保釈申請時にはしてもあまり意味のない事で...

ご本人の弁解は、体内から覚せい剤の成分が(尿などから)検出されたこと(=体内に覚せい剤を取り込んだこと)は間違いないが、その原因が友人からもらった物を摂取したことにあり、その摂取した物の中に覚せい剤(の成分)が入っていたことは知らなかったという趣旨ですね。  起訴後の手続がどこまで進んでいるのか分かりませんが、第1回公判前の段階であれば、覚せい剤使用の故意...

安武 雄一郎弁護士

自分の店でお客が暴れて破壊され営業ができなくなりそれまでおられたお客さんにも迷惑かけてしまい今日の飲食のお金の請求をせずに帰ってもらいました。 破壊した相手に損害賠償請求する為に訴訟を起こしたいのですがその場合弁護士費用はどれくらいかかるのでしょうか?あと相手にその弁護士費用も請求する事は可...

 弁護士費用は、個々の弁護士(法律事務所)が定める報酬基準によって算定することになっていますが、ご相談の案件の場合、相手方(加害者)に対する損害賠償請求額(求めるべき経済的利益の額)の何パーセントというように着手金(事件の着手から終了までの活動に対する前払い金)を算出し、裁判の結果、得られた経済的利益の額の何パーセントというように報酬金(弁護士が活動したこと...

安武 雄一郎弁護士

行方不明の息子23歳が万引をして お店側が被害届をだされて 逮捕され 現在留置されています 示談金や損害賠償などは親が払う義務があるのでしょうか? おそらく初犯ですが 過去に家財を持ち出し お金にしたり 非常に情けない息子です そうしてしまったのは親が甘やかしたのですが... 被害店には失礼ですが ...

 息子さんはとっくに成人していますし、いくら親でも被害弁償する法的義務はありません。  親に迷惑をかけて自宅を飛び出して勝手なことをしていた息子さんということですが、どのような事情があったのか分かりませんし、おそらく親(あなた)は親なりの、息子さんは息子さんなりの言い分があると思います。  刑務所に行けば息子さんが反省して真人間になるという保証はありませ...

安武 雄一郎弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(消費税を含む)
※ご相談の直後に受任した場合は、ご相談料は戴きません。
着手金 ・起訴前の弁護活動/22万円~(消費税を含む)
・起訴後の弁護活動/33万円~(消費税を含む)
※案件の内容・難易等によって着手金の額が異なりますので、詳しくはお尋ねください。
報酬金 ・起訴前の弁護活動/22万円~(消費税を含む)
・起訴後の弁護活動/33万円~(消費税を含む)
※検察官の処分内容・裁判所の判決内容等によって報酬金の額が異なりますので、詳しくはお尋ねください。
日当 福岡市内の留置施設・刑事施設への接見日当、福岡高等・地方・簡易裁判所への出廷日当は戴いておりません。
お見積もり ご相談時に着手金・報酬金のお見積もりをいたします。ご遠慮なくお申しつけください。詳しくはご相談時にお尋ねください。
初回の電話相談 初回相談は、ご来所を戴いたうえでの対面相談となります。電話(オンラインを含む)によるご相談は行っておりません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

準抗告の申立によって勾留を阻止した事例

  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 会社経営者の男性(ご高齢)が、週末の夜半、軽微な事件で逮捕されたとの連絡を翌日の午前に受け、直ちに警察署に接見に赴くとともに、身体拘束からの早期の解放をめざして弁護活動に着手いたしました。

相談後

 担当の警察官・検察官に対して釈放を求めましたが、勾留請求され、いったんは勾留決定が出てしまいました。
 直ちに裁判所に準抗告を申し立て、罪証隠滅のおそれがないこと、逃亡のおそれがないこと、ご高齢であることなどを徹底してアピールしました。ご家族の協力もあって、日曜日の真夜中に準抗告が認められて釈放されました。
 勾留が続くことで週明け以降の会社の業務に支障を来すことを、ぎりぎりで避けることができました。

安武 雄一郎弁護士からのコメント

安武 雄一郎弁護士

 逮捕直後にご本人に接見し、ご家族のご協力のもと、早期に弁護活動に着手することができたことが最大のポイントです。
 起訴前の弁護活動、とりわけ逮捕直後の弁護活動は時間との闘いです。逮捕直後の集中かつ効果的な弁護活動が結果的に奏功したものといえます。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

勾留満期まで黙秘を貫徹して不起訴処分となった事例

  • 加害者
依頼主 男性

相談前

逮捕直後に接見の要請がありました。
否認事件で、ご本人(被疑者)がおっしゃるには、「やっていないのは間違いないが、刑事から供述(自白)を押しつけられている」ということでした。事件の内容から、客観的証拠に乏しく、捜査機関としては、いかにして被疑者の自白を獲得するかを狙っていることは明らかでした。
そこで、否認のためあれこれ弁解することは、むしろ逆に捜査機関から色々と追及されかねないので、むしろ黙秘に徹するほうが得策であると判断されました。

相談後

そこで、ご本人に対し、徹底して黙秘するよう勧めるとともに、毎日、留置施設に赴いて接見しました。
ただ単に接見するだけに留まらず、捜査機関からどのようにな取り調べを受けているのか(どのようなことを取り調べで聞かれているのか)を克明に聴取し、捜査機関の意図(が推測できるところ)をご本人にアドバイスするなどして、黙秘が効果的であることを具体的に説明しながら、その姿勢を続けるよう、繰り返し励ましました。
結局、勾留満期までの23日間、ご本人は黙秘を続けることができ、一通の供述調書も作成されませんでした。その結果、不起訴処分(嫌疑不十分)となって釈放されました。

安武 雄一郎弁護士からのコメント

安武 雄一郎弁護士

被疑者に黙秘権があることは法律の条文に書いてありますが、実際に黙秘を貫かせることは非常に難しいです。
単に弁護士が「言いたくなけれは黙秘すればよい」とアドバイスしたところで、捜査機関もあの手この手で供述を獲得しようと躍起になりますから、容易に黙秘させてくれません。その結果、本当に黙秘できる人は一握りとなってしまいます。
ですから、黙秘という弁護手法を選択する場合、連日の接見によって被疑者を激励し、「黙秘して頑張ろう」という気持ちになってもらうよう努力するのは当然であり、中途半端な弁護活動はむしろ逆効果となります。
この案件では、ご本人が厳しい追及を警察官から受けたことで、途中で「もうたまりません」とへこたれそうになるのを、必死になって励ましました。ちょうど勾留10何日目のころ、1日1回の接見では危ない(黙秘を崩されてしまう)と思い、1日2回(朝と夜)の接見を何度となく行いました。
また、途中で担当の警察官の取り調べの方法が違法ではないかと疑われる出来事があったことから、警察署長と検察官あてに抗議の書面を送付するなどして、捜査機関を牽制しました。後日、ご本人からお聞きしたところでは、この抗議の申し入れがご本人を励ますことになり、黙秘を続けようという気持ちになったということです。
黙秘権の行使は、被疑者の権利を守るために非常に重要な方法ですが、現状では、取り調べに弁護人の立ち会いが認められていないので、被疑者はたったひとりで捜査官と対峙せねばなりません。その状況で黙秘を貫くのは容易ではありません。黙秘権の行使を効果的なものとするためには、被疑者はもちろんのこと、弁護人にも相応の覚悟が求められるところです。

離婚・男女問題

分野を変更する
【事前連絡による休日・夜間相談可】離婚案件が急増し、弁護士に依頼される方が増えています。ご自身の権利を護るためにも、お早めのご相談をお勧めいたします。
安武法律事務所
安武法律事務所
安武法律事務所

■■ 相談室の模様 ■■

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

■■長年の経験と実績■■
◎離婚は誰にでも起き得る身近な争いですが、初期の対応を誤ると事態が思わぬ方向に進んでしまいます。家庭裁判所の調停は、ご自身で対応することも可能ですが、慣れない手続ですから何かと心労が伴います。
◎最近、離婚の案件が急増しており、相手方に弁護士がついているケースが非常に増えています。そのような場合には、ご自身の権利を守るために、専門家による助力が必須です。
◎29年の弁護士業務によって培われた経験と実績に基づき、親身になって寄り添い、ご依頼者のご負担を軽くすることでご安心を戴けます。

■■よくあるご相談■■
◎配偶者が絶対に離婚しないといっている。どうしても離婚したい。
◎配偶者からいきなり離婚したいと言われた。思い当たる節がない。
◎配偶者が不倫している。配偶者と不倫相手に慰謝料を請求したい。
◎配偶者に財産分与を請求したいが、財産を隠されている。
◎婚約者から一方的に婚約を破棄された。納得がいかない。

■■安心のご相談・ご依頼の費用■■
◎初回相談はご来所いただきます。じっくりとお話をお聞きし、費用額をお見積もりいたします。
◎法テラスの民事法律扶助についてもきちんとご説明いたします。
◎離婚調停・訴訟と合わせて附帯的な手続(婚姻費用請求・監護者指定・面会交流など)も受任する場合、これらの費用額のお見積もりには配慮いたします。
◎福岡高等・地方・家庭・簡易裁判所への出廷は日当を戴きません。

■■ご相談者・ご依頼者の方に■■
◎ご相談者・ご依頼者の方に充分に理解して戴くために、時間をかけた懇切丁寧なご説明に努めております。
◎費用については、ご相談時に見積書を作成し、リーズナブルかつ明瞭な費用額をご提示いたします。
◎弁護士費用でお悩みの方には、法テラスの民事法律扶助についてもきちんとご説明いたします。
◎遠隔地の裁判所に係属している案件は、電話会議などの方法により、ご依頼者の金銭的負担(旅費・日当)をできる限り軽減するよう心がけます。
◎事務所の近くにコインパーキングがあります。事務所が入っているビルはバリアフリーですので、ご高齢の方、お身体がご不自由な方でも全く問題ございません。安心してお越しください。

■■重点取扱い案件■■
◎離婚を拒絶する配偶者に対する離婚請求
◎財産分与・慰謝料・養育費・婚姻費用など離婚に伴う金銭請求
◎面会交流など離婚に伴う附帯的な手続
◎婚約不履行に伴う損害賠償請求

■■アクセス■■
地下鉄七隈線「六本松」駅から徒歩5分
西鉄バス「護国神社前」バス停下車すぐ

この分野の法律相談

2018年4月に妻が1歳になる息子を連れて出ていきました。 ※妻は実家に帰り別居となりました。 2018年5月に妻から離婚調停を申し立てられました。 ※妻が性格の不一致やモラハラで離婚したい。私は離婚したくないです。 双方弁護士を立てて離婚調停に望み、2018年9月に離婚の理由がないとして調停不成立となり...

この種のご相談をお受けした場合、よくこのような「引き換え」の条件提示ができないのかというご質問を受けます。お子さんと面会交流ができていない(できない)からといって、あなたの婚姻費用分担の義務がなくなるわけではありませんので、4行目の記載は法的には無意味です。 あなたが婚姻費用を負担しない(支払わない)場合、妥当な婚姻費用分担額がいくらになのかという点はとも...

安武 雄一郎弁護士

離婚調停中で双方弁護士を立てております。 相手方の弁護士の態度が異常に悪いのでクレームをいれたいのですが、どこにいれればよいでしょうか?

 あなたも代理人の弁護士を選任されているので、あなたの代理人から相手方の代理人に申し入れてもらう(直接なのか、調停中ということで裁判所を通じてなのかは、相手方の弁護士の態度が悪いということの中身次第であると思います)ことを考えるのが順序ではないかと思いますので、まずはあなたの代理人に相談されて善後策を考えてもらうのが望ましいです。  そのうえで、各県の弁護...

安武 雄一郎弁護士

離婚調停中です。妻は弁護士をつけていますが明らかに嘘をついています。私は自分の主張を立証できる証拠を数多く持っているのですが、弁護士側が聞いてた話が違うなどと妻を訴えることに発展したりしませんか? 妻の嘘で傷つきましたが、妻が悲しんだり追い詰められるのも嫌で。しかしながら立証しないと私が泣き...

 文面からすると、奥さんがあなたに対し離婚調停を申し立て、あなたは必ずしも離婚を望んでいないものとお見受けいたしました。  その点はともかく、奥さんの言い分を真に受けた(まあ、普通の弁護士は、依頼者が全て本当のことを話しているとは思っておらず、自分に都合のよいように話を加工していることがよくあるとは思っていますが、そのことは口にしないだけです)奥さんの代理...

安武 雄一郎弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(消費税を含む)
※ご相談の直後に受任した場合は、ご相談料は戴きません。
着手金 ・離婚調停/22万円~44万円(消費税を含む)
・離婚訴訟/33万円~55万円(消費税を含む)
※離婚に伴って金銭の支払を相手方に求める場合は、請求する経済的利益の額をもとに着手金の額を定めます。
※案件によって着手金の額が異なります。詳しくはお尋ねください。
報酬金 ・離婚調停/22万円~44万円(消費税を含む)
・離婚訴訟/33万円~44万円(消費税を含む)
※離婚に伴って相手方から金銭の支払を受けた場合には、獲得した経済的利益の額をもとに報酬金の額を定めます。
※案件によって報酬金の額が異なります。詳しくはお尋ねください。
手数料 離婚協議書の作成/11万円~(消費税を含む)
※案件によって手数料の額が異なります。詳しくはお尋ねください。
日当 福岡高等・地方・家庭・簡易裁判所への出廷は日当を戴いておりません。
お見積もり ご相談時に着手金・報酬金のお見積もりをいたします。ご遠慮なくお申しつけください。詳しくはご相談時にお尋ねください。
初回の電話相談 初回相談は、ご来所を戴いたうえでの対面相談となります。電話(オンラインを含む)によるご相談は行っておりません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

相手方代理人との協議により子の面会交流に至った事例

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 面会交流
  • 生活費を入れない
依頼主 女性

相談前

 夫の不貞行為を理由として離婚したいとお見えになった妻からのご相談です。
 このご夫婦は、既に別居に至っており、妻が幼稚園就園前の男の子を育てていました。妻の要求は、離婚・親権・養育費・慰謝料でした。

相談後

 夫の不貞行為の証拠は揃っており、夫も、離婚には反対せず、妻が親権者になることには同意するが、子との面会交流を希望していました。そのため、離婚訴訟は和解で決着しましたが、夫から妻に面会交流を求める家事調停が申し立てられました。
 妻は、夫の不貞行為に立腹しており、当初は面会交流に否定的でした。もっとも、夫(父)と子の面会交流の実施が不相当といえるだけの事情もなく、家庭裁判所からも、子の将来を考えると面会交流は重要と諭されました。そこで、家庭裁判所の構内における試行的な面会交流を実施したうえで、最終的に数か月に1回の割合での面会交流を実施することで調停が整いました。
 しかし、調停で合意したとはいえ、いきなりご本人たちに面会交流を任せてもスムーズにはいきません。そこで、初回の面会交流については、私(妻の代理人)と夫の代理人(弁護士)が協議のうえ、その立ち会いのうえで公の場所で実施しました。
 結局、数回にわたり双方代理人が立ち会って面会交流を実施(いずれも公の場所で)しました。妻は、夫と子の触れ合いを見る中で、少し気持ちがほぐれましたので、それ以降は当事者に任せることになり、私の代理人としての業務も終了しました。

安武 雄一郎弁護士からのコメント

安武 雄一郎弁護士

 この案件では、当初は妻の気持ちの整理がつかず、会わせたくないという感情が先行していましたが、家庭裁判所の勧めもあって、幸い妻の理解を得ることができ、面会交流の実施に至りました。
 もっとも、どこで面会交流を行うのがスムーズ(自然)なのか、場所の選定に苦慮しました。そこで、相手方である夫の代理人と意見交換し、何か所か候補を選び、毎回、別の場所(子供さんが喜びそうな場所)で実施することにしました。
 離婚にまつわる紛争のうち、子との面会交流は、これを求める側にしろ、求められる側にしろ、感情が伴いやすいので、これに関与する代理人としても、非常に気をつかうところです。

遺産相続

分野を変更する
【事前連絡による休日・夜間相談可】遺産相続は、親族が相手なので感情が伴いやすい紛争です。ご自身の権利を護るためにも、お早めのご相談をお勧めします。
安武法律事務所
安武法律事務所
安武法律事務所

■■ 相談室の模様 ■■

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

■■長年の経験と実績■■
◎少子高齢化・核家族化・都市一極集中化の影響で、遺産相続をめぐる争いは複雑になっています。また、親族間の争いだけに、遺産の額に関わらず、対応を間違えると激しい対立を招くおそれがあります。
◎29年の弁護士業務によって培われた経験と実績に基づき、親身になって寄り添うことで、ご依頼者のご負担を軽くし、安心して戴けます。
◎(在日)韓国人の方の遺産相続案件にも積極的に取り組んでおり、韓国の弁護士・プロの通訳人と協同した事件処理が可能です。

■■よくあるご相談■■
◎亡き曾祖父名義の不動産が残ったままだが、相続人の数が多く、どのようにしたら登記名義を変更できるのか分からない。
◎亡き母の遺産を長男が独り占めしているので、どのような遺産があるのか分からない。
◎(在日)韓国人である父の相続人が誰になるのか、それぞれの相続分がどのようになるのか知りたい。
◎自分が死んだ後に子供たちに揉めてて欲しくないので遺言書を作りたい。
◎夫が多額の借金を遺して死去した。遺産がないので相続放棄したい。

■■安心のご相談・ご依頼の費用■■
◎初回相談はご来所いただきます。じっくりとお話をお聞きし、費用額をお見積もりいたします。
◎法テラスの民事法律扶助についてもきちんとご説明いたします。
◎遺産分割調停など相手方のある案件のみならず、遺言書の作成や相続放棄の申述などにも積極的に取り組んでいます。
◎福岡高等・地方・家庭・簡易裁判所への出廷は日当を戴いておりません。

■■ご相談者・ご依頼者の方に■■
◎ご相談者・ご依頼者の方にきちんとご理解を戴くために、時間をかけた懇切丁寧なご説明に努めております。
◎費用については、ご相談時にお見積書を作成し、リーズナブルかつ明瞭な費用額をご提示いたします。
◎弁護士費用でお悩みの方には、法テラスの民事法律扶助についてもきちんとご説明いたします。
◎遠隔地の裁判所に係属している案件は、電話会議などの方法により、ご依頼者の金銭的負担(旅費・日当)をできる限り軽減するよう心がけます。
◎事務所の近くにコインパーキングがあります。事務所が入っているビルはバリアフリーですので、ご高齢の方、お身体がご不自由な方でも全く問題ございません。安心してお越しください。

■■重点取扱い案件■■
◎法定相続人の調査・確定
◎遺産分割調停・審判/遺留分減殺調停・訴訟
◎(在日)韓国人の遺産分割手続(韓国の弁護士・プロの通訳人との連携)
◎遺言書の作成・公正証書遺言作成のための公証役場への同行
◎相続放棄の申述(家庭裁判所に対する申立)

■■アクセス■■
地下鉄七隈線「六本松」駅から徒歩5分
西鉄バス「護国神社前」バス停下車すぐ

この分野の法律相談

個人経営です。私の万一に備えて、妻に相続放棄の手順を上手く説明できません。分かり易く手順を教えて下さい。

 あなたが負債を抱えておられて、万一のことがあった場合、奥様が負債を相続する可能性があることを考えてのことですね。  相続放棄は家庭裁判所に申立(申述といいます)を行わなければなりません。申立を行うべき家庭裁判所は、あなた(被相続人)がお亡くなりになったときに住んでおられたところ(最後の住所地)を管轄する家庭裁判所です。申立(申述)は、弁護士に依頼して行う...

安武 雄一郎弁護士

被相続人には子はおらず、配偶者、両親も他界しており、相続人は兄1人の場合。 ①相続人の兄は認知症ですがこの場合成年後見人制度を利用するべきなのか? →重い認知症ではないが程度が関係するのか。 →成年後見人制度を利用しなくても相続は可能なのか ②相続人は認知症のため、手続関係のことをするのは兄...

 兄(唯一の相続人)が意思能力がなく、自分自身で物事の判断が全くできないという前提での追加質問ですね。 1 相続人の意思能力の有無に関わらず、相続は被相続人の死亡と身分関係によって当然に生じますが、相続人である兄が相続財産を自分自身が現実に管理できないのですから、相続財産(当然ながら兄自身の財産を含めて)を適切に管理するためには、家庭裁判所に成年後見の申立...

安武 雄一郎弁護士

親が死んだときに相続放棄したのですが、 今回親の親(私にとって祖母)が死亡しました。 改めて相続放棄の書類を家裁に提出しなければならいのでしょうか?

 代襲相続は、被相続人の直接の法定相続人になるという法律の規定ですから、あなたがお祖母様の代襲相続人として直接の相続関係にある以上、やはり別個に相続放棄の手続(お祖母様を被相続人とする相続放棄の申述)を家庭裁判所に対して行わなければなりません。

安武 雄一郎弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(消費税を含む)
※ご相談の直後に受任した場合は、ご相談料は戴きません。
着手金 ・遺産分割調停・審判/請求の対象となる遺産(相続分)の時価相当額の8.8%~(消費税を含む)
※案件によって着手金の額が異なります。詳しくはお尋ね下さい。
報酬金 ・遺産分割調停・審判/獲得した遺産(相続分)の時価相当額の17.6%~(消費税を含む)
※案件によって報酬金の額が異なります。詳しくはお尋ね下さい。
手数料 ・遺言書の作成/11万円~22万円(消費税を含む)
・相続放棄の申述/11万円~22万円(消費税を含む)
※案件によって手数料の額が異なります。詳しくはお尋ね下さい。
日当 福岡高等・地方・家庭・簡易裁判所への出廷日当は戴いておりません。
お見積もり ご相談時に着手金・報酬金のお見積もりをいたします。ご遠慮なくお申しつけください。詳しくはご相談時にお尋ねください。
初回の電話相談 初回相談は、ご来所を戴いたうえでの対面相談となります。電話(オンラインを含む)によるご相談は行っておりません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

多数の相続人を相手として、時効取得によって土地の所有権を確保した事例

  • 相続人調査
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 女性

相談前

 ご相談者は、ご主人が亡くなった後、ご主人名義の自宅に独り暮らしをされておられました。自宅には、ご主人ともども何十年もお住まいになっておられましたが、あるとき、自宅の敷地のごく一部が他人名義のままとなっていることが判明いたしました。
 ご相談者は、このままではご自身の相続のときに子供たちに迷惑をかけることになるし、かといって自宅を売却することもできないとお悩みになり、この他人名義の部分を自分の名義にすることができないかとご相談にお越しになりました。

相談後

 お話をお聞きすると、どうもご主人が自宅を購入される際、敷地の一部が他人名義のままであったことを(不動産業者が)見逃して、そのままの状態で何十年もお住まいになっておられたようでした。
 他人名義の土地とはいえ、自分の土地であると思って何十年も使っておられた(占有しておられた)のですから、対象の土地の名義人である方に対して裁判(訴訟)を提起し、裁判手続の中で民法の時効取得を主張することによって所有権を取得できる可能性は高いと思われました。
 ところが、登記簿を見ますと、この他人名義の土地の所有者は、かなり昔にお亡くなりになっている可能性が高く、何代にもわたって相続が発生している可能性が高いと思われました。対象の土地の名義人の相続関係を調査したところ、かなり調査にが難航いたしましたが、最終的に相続が4~5代にわたっており、現在の相続人が何と50名ぐらいになっていることが判明いたしました。
 そこで、これらの相続人の方々に対し、事情を詳しく説明したお手紙を差し上げたうえで、裁判を起こすことになるが、ご異存がなければ登記名義の変更にご協力を戴きたいとお願いいたしました。
 結局、対象土地の(亡くなられた)名義人の相続人の方々のどなたからもご異存は出ず、無事に時効取得に基づく所有権の移転登記を命ずる判決が出て、ご相談者の自宅の敷地の所有権を確保することができました。

安武 雄一郎弁護士からのコメント

安武 雄一郎弁護士

 この案件は、不動産の登記名義をめぐるものですが、多数の相続人である相手方を確定することに非常に手間がかかった事案であり、相続問題の一種であるといえるでしょう。とりわけ地方都市によく見られる案件です。
 相続関係の調査は、丁寧に戸籍をたどって行けばよいのですが、相続が何代にもわたると、相続人を確定するため慎重に調査・検討を行う必要があります。この案件では、50名余の全ての相続人の方の現住所が判明したのでよかったのですが、これだけの人数となると、住所が分からない方や外国に行ってしまったまま帰国されていない方もいらっしゃることがあって、必ずしも全て容易に解決できるわけではありません。
 いずれにしろ、相続が絡む案件については、ご自身で調査するのに限界がある場合がありますので、弁護士にご相談になられるべきです。かりに、遺産の中に不動産が含まれていることで、最終的に司法書士さんの手助けが必要な案件であっても、まず弁護士の相談により、案件の中身を整理したうえで、解決までの手順をきちんと示してもらうことが大切です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
安武法律事務所
所在地
〒810-0044
福岡県 福岡市中央区六本松3-11-41 えいりんビル402
最寄り駅
六本松駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間は平日9:00-18:00です。事前に御連絡を戴ければ、平日の時間外および休日の御相談にもなるべく対応いたします。
当事務所は、相談室に飛沫飛散防止アクリルパーテーションを設置し、室内の換気・清掃・消毒に努め、来所者用マスク・除菌アルコールを常備しております。安心してご来所ください。
対応地域

全国

設備
  • バリアフリー

電話で問い合わせ
050-5289-2693

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 18:00

安武 雄一郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5289-2693
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
営業時間は平日9:00-18:00です。事前に御連絡を戴ければ、平日の時間外および休日の御相談にもなるべく対応いたします。
当事務所は、相談室に飛沫飛散防止アクリルパーテーションを設置し、室内の換気・清掃・消毒に努め、来所者用マスク・除菌アルコールを常備しております。安心してご来所ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。