現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
前田 牧弁護士

( まえだ まき ) 前田 牧

はかた法律事務所

労働問題

分野を変更する
残業代未払い、過労、労災、アスベスト被害のご相談はこちらへ。元病院職員の弁護士が、ゆっくりお話をお伺いします。
はかた法律事務所
はかた法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

◆ご相談者の方々へ◆

弁護士になる前には、医療機関に勤務しておりました。
弁護士として活動している現在、【様々な悩みを抱えていらっしゃる方々のお気持ちをしっかりと汲み取って、法的な主張を組み立てる】ということを心がけております。
あなたがいちばん訴えたいことは何ですか?私と一緒に考えてみましょう。
他の法律事務所で断られた案件でも大丈夫です。
悩む前に、まずご相談ください。

*関連する所属団体*

  • 九州労働弁護団
  • ブラック企業被害対策弁護団
  • 過労死弁護団
  • 九州建設アスベスト弁護団

◆アスベスト被害について◆

石綿を扱う工場や建設現場などで働いていた方で
石綿肺・肺がん・中皮腫・びまん性胸膜肥厚などの健康被害を受けた方は、
労災の補償の他に、国や企業からの賠償金を受け取ることができる可能性があります。

工場や建設現場でも働いたことがない方でも、アスベストが原因の健康被害を受けたという方は、場合によっては企業からの賠償を受け取ることができる可能性があります。

九州建設アスベスト弁護団、九州アスベスト被害救済弁護団で活動、これまでアスベスト問題に長年取り組んできました。
その中で、アスベスト関連疾患のつらさを目の当たりにし、なんとか力になりたいと思ってきました。
ぜひ一度ご相談ください。
(九州アスベスト被害救済弁護団のホームページ)
https://9asbestos.com/contact/

【過労死について】

働き過ぎなどが原因で、
脳血管疾患(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、高血圧性能症)
虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症、心停止、解離性大動脈瘤)
精神疾患(うつ病など)
を発症して働くことが困難になった方は、労災の補償や会社からの補償を受けることができる可能性があります。

私は、労働弁護団、過労死弁護団に在籍して労働者側の案件を担当してきました。
過労死の案件では、証拠の収集と医学的な見地からの検討が必要になります。

お早めにご相談いただけますと幸いです。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間あたり税込1万1000円です。
※収入や資産などの資力要件によって相談料が無料となる法テラス(日本司法支援センター)の利用が可能です。
備考 弁護士費用については、相談者の方のご希望をお聞きした上で、柔軟に決めるようにしています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

バス運転手の待機時間について未払い賃金を請求した事件

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動

相談前

バス運転手が乗務の合間に待機する時間について、未払い賃金として請求できないかとのご相談でした。

相談後

バス事業者である市に対して訴訟を提起しました。
争点は待機する時間が労働時間に当たるかどうかでしたが、一審福岡地裁は待機時間について「労働から解放されておらず、使用者の監督下に置かれていた」として労働時間であると認定し、市に対して、運転手ら14人に未払い賃金の計約1240万円を支払うよう命じました。
市側は訴訟で「待機中は自由に過ごせるため、休憩時間に当たる」と主張していましたが、裁判では「バスの移動や乗客対応をする必要があった」と認定し、労働基準法が労働時間に当たると定める「労働者が使用者の監督下に置かれた状態」と判断しました。

前田 牧弁護士からのコメント

前田 牧弁護士

未払い賃金というのは残業代はもちろんですが、このような場合も当てはまります。働いたことに対して、賃金をもらうということは当たり前のことですが、こうして見過ごされているものもあります。
今回は、バス運転手の方の待機時間に対する未払い賃金が裁判所に認められたと言う点において非常に有益な判決だと思います。

労働問題の解決事例 2

化粧品販売におけるパワハラ事件(控訴審)

相談前

大手化粧品の子会社である化粧品販売会社に勤務していた女性が、社内研修でウサギの耳の形などをしたコスチュームの着用(いわゆるコスプレ)を強要されたという内容で、精神的苦痛を受けたとして、裁判を起こしており、1審・大分地裁判決では、研修会でのコスプレの強要は、「正当な職務行為とはいえない」として、子会社側に22万円の支払いを命じていました。ご依頼を受けたのは一審判決後でした。

相談後

私は控訴審から担当し、福岡高裁において、会社側が女性に謝罪し、相当な額の和解金を支払うことなどを条件に和解が成立しました。
和解条項には、子会社側が〈1〉精神的苦痛を与えたことに遺憾の意を表明する〈2〉再発防止に向けて社員教育を強化することなどが盛り込まれました。

前田 牧弁護士からのコメント

前田 牧弁護士

研修会において、業務とは全く関係のないコスプレの強要というパワハラの案件でした。
裁判において判決で事件を終えると、相手からの謝罪等もなく終わりますが、和解となるとこのような謝罪文言が入ることが多くあります。このようなパワハラ事件においては、金銭での解決はもちろんですが、このような謝罪文言もご依頼者の気持ちからすれば重要なことだと思います。

労働問題の解決事例 3

クリーニング店残業代請求事件

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動

相談前

大手クリーニング店勤務で配送兼営業職に就いていた女性が、早朝から深夜に及ぶ長時間労働をしていたが、残業代は一切支払われていませんでした。

相談後

相談に来られた際タイムカードを取得されていなかったため、まず証拠保全手続きによりタイムカードを取得しました。残業代を計算すると200万円程度となりました。
その後、内容証明郵便にて残業代を請求しましたが、会社からは応答はありませんでした。
そこで労働審判を申立てましたが、会社側は「残業手当は営業手当に含まれる」との規定があることを理由に支払いを拒否され、その規定の有効性が争点となりました。調停が成立しなかったため、裁判所が、会社側が180万円を支払えという内容の審判を出しました。
しかし会社側がこれに異議申し立てをしたため、通常の訴訟に移行し、そこでも「残業手当は営業手当に含まれる」という規定の有効性が問題となりました。
結果、会社側が180万円を支払うことで和解が成立しました。

前田 牧弁護士からのコメント

前田 牧弁護士

残業代の請求において大事なことは証拠です。
今回の場合はタイムカードは会社にあったものの、依頼者の手元になかったため、早急に証拠保全をし、タイムカードを確保しました。
会社によっては、残業代の請求があることを察知されるとこのようなタイムカードを廃棄されてしまうこともあります。証拠の確保と請求のタイミングが重要となってきます。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
はかた法律事務所
所在地
〒812-0011
福岡県 福岡市博多区博多駅前2-1-1 福岡朝日ビル4階
最寄り駅
博多駅から 徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日08:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
不在の場合などは受付時間に対応できないこともございます。恐れ入りますが、当事務所のホームページもしくは上記メールにてご予約をお願いいたします。
対応地域

九州・沖縄

  • 福岡
  • 大分
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で面談予約
050-5289-5116

メールで面談予約

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

はかた法律事務所へ面談予約

電話番号 050-5289-5116

※はかた法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで面談予約

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
不在の場合などは受付時間に対応できないこともございます。恐れ入りますが、当事務所のホームページもしくは上記メールにてご予約をお願いいたします。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談