現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
福井 慎一郎弁護士

( ふくい しんいちろう ) 福井 慎一郎

福岡セントラル法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆創業70年の伝統と実績とネットワーク◆初回相談無料◆博多駅徒歩8分◆地元密着の弁護士です◆
不貞/DV/慰謝料請求/財産分与等。人生の再出発のためにお力になります。
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所

◆営業時間月~土(9:00~18:00)◆博多駅徒歩8分◆キャナルシティ側◆

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

当事務所における感染予防・拡大防止対策(https://www.f-central.org/post-1622/)

当事務所の弁護士及び職員は状況に応じてマスクを着用して業務を行っております。
弁護士及び職員は手洗い・アルコール消毒などを励行し、室内の換気を行うとともに、ドアノブ、机上等は適宜アルコール等での消毒を行っております。

◆離婚・男女問題は当事務所にお任せください

これまで多くの離婚・男女問題のご相談を受けており、様々な事案に対応が可能です。

〜肩の力を抜いて、どんなことでもお話してみてください。依頼者にとってベストな解決へと導きます〜

【ご相談例】

  • 親権が欲しい。
  • 子どもを抱えて離婚するのが不安だ。
  • 夫に離婚を切り出したいが、離婚したときのメリット、デメリットを聞きたい。
  • 有利な条件で離婚をしたい。
  • 慰藉料はどれ位とれるのか。
  • 夫が教育費や養育費などを払ってくれない。
  • 別居した後の生活費をどうすればいいか。
  • 離婚後は子どもと面会できるか。
  • 別居に伴い、夫に子どもを連れて行かれたので、取り戻したい。

【重点取扱案件】

  • 離婚での正当な権利を確保する
  • 不貞(浮気・不倫)
  • 不当な婚約破棄
  • 不当な内縁解消

◆メッセージ

離婚問題は当事者間の話し合いによる解決が望ましい場合も多くありますが、事案によっては、損害賠償請求、慰謝料請求を行うことによって責任を明確にし、解決すべき事案もあります。
客観的な意見を取り入れるためにも、ぜひ弁護士にご相談ください。

【強み】

  • 弁護士を間にいれることで、心身の負担から解放して頂けます。
  • 依頼者ひとりひとりの思いをしっかりと伺います。
  • 調停、訴訟にせずに、示談交渉で解決するケースもございます。
  • 離婚後やトラブル解消後の生活までを見据えて、的確な解決策を提案いたします。

◆事務所HP(詳細はこちらへ)

https://www.f-central.org/

◆離婚専門サイト

https://www.f-central.org/rikon/

◆アクセス

博多駅から徒歩8分
キャナルシティ博多に近く,TVQ九州放送に隣接したビル「井門博多ビルイースト」の8階に立地しています。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分無料/2回目からは1時間ごと11,000円(税別)
トータルサービスの内容 下記費用には,離婚と同時に親権者・監護者指定,面会交流,養育費,慰謝料,財産分与,年金分割を求める場合の対応も含みます。ただし,同一期日で手続進行する場合に限ります。

※別期日で手続が進行する場合は別途費用が発生します。

※調停事件の場合は,出廷日当(20,000円(税込22,000円)/回)が発生します。

※出張日当は,福岡地方・家庭裁判所本庁以外の裁判所等に出頭する場合に別途発生します。
●交渉 【着手金】
220,000円~440,000円(税込)

【報酬金】
330,000円+金銭請求分 経済的利益の11%(税込)
●朝廷 【着手金】
330,000円~550,000円(税込)

【報酬金】
330,000円+金銭請求分 経済的利益の11%(税込)
●訴訟 【着手金】
440,000円~660,000円(税込)

【報酬金】
440,000円+金銭請求分 経済的利益の11%(税込)
単体で受任する場合 ※調停事件の場合は,出廷日当(20,000円(税込22,000円)/回)が発生します。

※出張日当は,福岡地方・家庭裁判所本庁以外の裁判所等に出頭する場合に別途発生します。
●婚姻費用・養育費 ・交渉
【着手金】
165,000円~275,000円(税込)

【報酬金】
2年分の11%(税込)

・朝廷
【着手金】
220,000円~330,000円(税込)

【報酬金】
55,000円+2年分の11%(税込)

・審判
【着手金】
330,000円~440,000円(税込)

【報酬金】
55,000円+2年分の11%(税込)
●面会交流 ・交渉
【着手金】
165,000円~275,000円(税込)

【報酬金】
165,000円~275,000円(税込)

・朝廷
【着手金】
220,000円~330,000円(税込)

【報酬金】
220,000円~330,000円(税込)

・審判
【着手金】
330,000円~440,000円(税込)

【報酬金】
330,000円~440,000(税込)
●年間分割 【手数料】
110,000円~220,000円(税込)
●慰謝料請求 【着手金】【報酬金】
民事事件の金銭請求の費用による
●子の引き渡し 【着手金】【報酬金】
個別見積もり
●親権者変更 【着手金】【報酬金】
個別見積もり
備考欄 弁護士費用は事案に応じて柔軟に対応します。
事務所の営業時間は平日9時から18時まで、web予約は24時間受付可能。
事務所内の別の弁護士が対応する場合もございますので、ご了承下さいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
交通◆創業70年の伝統と実績とネットワーク◆初回相談無料◆博多駅徒歩8分◆地元密着の弁護士です◆交通事故のあらゆる問題について、有利な解決を目指し尽力します。
示談金額に納得できなかったら、保険会社の対応に納得できなかったら、是非ご相談ください。
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所

◆営業時間月~土(9:00~18:00)◆博多駅徒歩8分◆キャナルシティ側◆

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

当事務所における感染予防・拡大防止対策(https://www.f-central.org/post-1622/)

当事務所の弁護士及び職員は状況に応じてマスクを着用して業務を行っております。
弁護士及び職員は手洗い・アルコール消毒などを励行し、室内の換気を行うとともに、ドアノブ、机上等は適宜アルコール等での消毒を行っております。

【メッセージ】

  • 交通事故の示談のあっせん(仲裁)の経験もありますので、事案ごとのポイントは把握しています。
  • 医療訴訟も担当していますので、医学的な観点からの取組みも必要な高次脳機能障害など特殊な事案にも対応可能です。
  • 後遺障害等級や過失割合を争うケースなど、実績が豊富です。
  • 重度の後遺障害認定を争う事案から軽微な物損事故など、多種多様な事件を解決してきた実績があります。
  • 刑事裁判の記録やカルテの取り寄せ、医師の診断書の作成依頼への助言、追加検査や意見書の作成依頼をサポートいたします。

【ご相談例】

  • 慰謝料が妥当かどうか知りたい。
  • 相手方(損害保険会社)から示談金を提示されているが、それが適正な金額なのかわからない。
  • インターネットで調べてみると、相手方(保険会社)から提示されている示談金がずいぶん安いように感じる。
  • 物損の評価額に納得がいかない。
  • 保険会社の基準と弁護士基準(裁判基準)が違うと聞いた。
  • 後遺障害認定で結果が出たが、等級が妥当かどうか分からない。異議申立てがしたい。
  • 後遺症が残っているので、後遺障害認定を受けたいがやり方がわからない。
  • 保険会社が急に治療費の支払いをやめてしまった。
  • 現在通院中でまだ痛みがあるのに、治療費の支払を止められた。
  • 加害者側の保険会社から治療のための通院を打ち切るよう言われているが、疑問がある。

【重点取扱案件】

  • 事故直後・治療中から解決までのトータルサポート
  • 示談交渉
  • 後遺障害認定・異議申立て
  • 死亡・重度後遺障害事案
  • 交通事故裁判 など

【豊富な解決実績】

物損事故、軽微なむち打ち事故から後遺障害が残る重大事故、死亡事故まで、さまざまなケースの解決実績があります。

【ひとこと】

皆様との一つ一つの出会い、信頼関係を大切にし、誠実に仕事に取り組んで参ります。
小さなことからコツコツ、日々学ぶ姿勢を忘れない、臨機応変な対応、これが私のモットーです。
地元博多・福岡・北九州密着で、弁護士になって以来、弁護士会での活動も含めて、交通事故の被害者救済、サポートに注力してきました。是非、お気軽にご相談ください。

◆事務所HP(詳細はこちらへ)

https://www.f-central.org/

◆交通事故専門サイト

https://www.f-central.org/koutsuujiko/

◆アクセス

博多駅から徒歩8分
キャナルシティ博多に近く,TVQ九州放送に隣接したビル「井門博多ビルイースト」の8階に立地しています。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分無料/2回目からは1時間ごと11,000円(税込)
●報酬型 【着手金】
0円

【報酬金(事前提示あり)】
220,000円+増額の22%(税込)

【報酬金(事前提示なし)】
220,000円+回収の11%(税込)
※提訴 +110,000円(税込)
※異議申立て +33,000円(税込)
●通常型(弁護士費用特約利用) 【着手金】【報酬金】
【経済的利益】~300万円
・着手金 8.8%(最低額110,000円)(税込)
・報酬額 17.6%(最低額110,000円)(税込)

【経済的利益】300万円~3000万円
・着手金 5.5%+99,000円(税込)
・報酬額 11%+198,000円(税込)

【経済的利益】3000万円~3億円
・着手金 3.3%+759,000円(税込)
・報酬額 6.6%+1,518,000円(税込)

【経済的利益】3億円~
・着手金 2.2%+4,059,000円(税込)
・報酬額 4.4%+8,118,000円(税込)
備考欄 弁護士費用は事案に応じて柔軟に対応します。
事務所の営業時間は平日9時から18時まで、Web予約は24時間受付可能。
事務所内の弁護士が対応する場合もございますので,ご了承くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

依頼後に後遺障害認定手続を行い、後遺障害認定を獲得(90万円⇒330万円に賠償額を増額)した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代

相談前

相談前の段階で、相手方の任意保険会社から示談金90万円(主に傷害慰謝料)の提示があっていました。
しかし、ご本人は首や腰の痛みの症状が残っているということで、何とかならないかということで相談に来られました。

相談後

相談後に、依頼を受け、症状が残ってるということで、治療の継続か後遺障害認定の可能性を探るべく、主治医の先生の意見を伺ったところ、治療は終了していて、残っている症状の今後の改善の見込みは乏しいとの判断でした。
そこで、治療終了後も残っている症状(首や腰の神経症状)について、必要な検査と後遺障害診断書の作成を依頼し後遺障害認定を受けることにしました。
その結果,、神経症状について第14級9号の後遺障害認定がなされ、後遺障害分の損害(主に後遺障害慰謝料)が増額となりました。
賠償額は、当初の提示額90万円の3倍以上の330万円で示談が成立しました。

福井 慎一郎弁護士からのコメント

福井 慎一郎弁護士

交通事故は予期せず、起きるもので、人生のうちで何度も経験することではありません。
相手方の保険会社との間には、情報格差や交渉力の差などがありますので、必要なアドバイスを受けて対応することが不可欠だと考えます。
交通事故で怪我を負った場合、治療の結果、完治することもあれば、残念ながら完治せずに後遺症が残ることもあります。
ところで、後遺障害等級は第1級から第14級まであり、重度のものから比較的軽度ものまであります。
病院やクリニックなどで、痛みやしびれなど症状で後遺障害は難しいと言われることもあるようですが、神経の障害として後遺障害が認定される可能性があります。
後遺障害認定を受けるにあたっては、必要な検査を受けているか、検査結果が漏れなく後遺障害診断書に記載されているか、MRI、CT、レントゲンなどの画像データが提出されているか、その他補助資料の収集、整理、作成の必要性がないかなどの確認も必要となります。
当事務所では、必要なアドバイスを行い、適正な賠償が受けられるよう対応しております。

【掲載事例は、当事務所担当した事例の一部です。】

交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
◆初回相談無料◆博多駅8分◆創業70年の伝統と実績◆
【コロナ影響】における借金トラブルに注力。
破産や事業の清算を検討されている方、ご相談ください。
早期の相談や申立てにより、与える損害を小さく留めることができるケースがあります。
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所
福岡セントラル法律事務所

◆営業時間月~土(9:00~18:00)◆博多駅徒歩8分◆キャナルシティ側◆

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

当事務所における感染予防・拡大防止対策(https://www.f-central.org/post-1622/)

当事務所の弁護士及び職員は状況に応じてマスクを着用して業務を行っております。
弁護士及び職員は手洗い・アルコール消毒などを励行し、室内の換気を行うとともに、ドアノブ、机上等は適宜アルコール等での消毒を行っております。

【弁護士に依頼するメリット】

・弁護士が受任通知を送ると、債権者からの執拗な取り立ては一旦止まります。
・秘密は厳守されます。
・トラブル解決までの流れ、見通しが立てられます。

【ご相談例】

  • 会社の休業が続き、大きな借金を抱えてしまった。
  • 経営が悪化しているが、何とか事業を再生させたい。
  • 新型コロナウイルスにより業績が悪化している。弁護士に相談したい。
  • イベント中止により、莫大な借金を抱えてしまった。
  • 倒産すると、経営者個人の財産(お金)をすべて失うのか?
  • 資金繰りの目途がたたない。
  • 破産申立手続に必要な書類を教えて欲しい。

【破産申立てや清算について】

事業再建に向けた方策を尽くしても業績不振から脱出できない場合は
やむなく破産申立てや清算を考えなければなりません。
早期の相談や申立てにより、与える損害を小さく留めることができるケースがあります。

【サポート体制】

■依頼者様の借金の金額や、収入の状況、資産の有無などをヒアリングさせて頂いた上で、最適な解決策へと導きます。

■行政も様々な対策を打ち出しています。
政府の支援策の活用、助成金の活用等も視野に入れ、弁護士が解決いたします。

【重点取扱案件】

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 闇金被害
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 民事再生
  • 法人破産 など

【ひとこと】

皆様との一つ一つの出会い、信頼関係を大切にし、誠実に仕事に取り組んで参ります。
小さなことからコツコツ、日々学ぶ姿勢を忘れない、臨機応変な対応、これが私のモットーです。
裁判所から選任される破産管財人としての業務経験もありますので、裁判所に申立て後の進行を見据えた対応が可能です。

◆事務所HP(詳細はこちらへ)

https://www.f-central.org/

◆債務整理専門サイト

https://www.f-central.org/saimuseiri/

◆アクセス

博多駅から徒歩8分
キャナルシティ博多に近く、TVQ九州放送に隣接したビル「井門博多ビルイースト」の8階に立地しています。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分無料/2回目からは1時間ごと11,000円(税込)
●任意整理 【着手金】
33,000円(税込)/1社(負債300万円まで)
55,000円(税込)/1社(負債300万円以上,または提訴されている事案)

【報酬金】
0円
※減額報酬,分割合意成功報酬なし
※過払金は下記のとおり
●過払金 【着手金】
残債務あり 33,000円(税込)/1社(負債300万円まで)
残債務なし 0円
※提訴時着手金なし

【報酬金】
回収額の22%(税込)
減額報酬 0円
●自己破産 【着手金(一般)】
330,000円(税込)

【報酬金(免責報酬)】
0円

【着手金(個人授業主)】
440,000円(税込)

【着手金】
0円
●個人再生 【着手金(一般)】
330,000円(税込)

【報酬金(再生計画認可)】
0円

【着手金(住宅ローン)】
【着手金(個人授業主)】
440,000円(税込)

【着手金(再生計画認可)】
0円
備考欄 弁護士費用は事案に応じて柔軟に対応します。 
事務所の営業時間は平日9時から18時まで、web予約は24時間受付可能。
事務所内の別の弁護士が対応する場合もございますので、ご了承下さいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

家計の収支を見直したうえで毎月返済が可能な額に返済額を変更した事例

  • 任意整理
依頼主 30代

相談前

クレジットカードやキャッシングの利用を始めた当初は毎月の収入の中から返済ができていたものの、次第に利用額が膨らみ、毎月のリボ払いが苦しい状況になってしまっていました。新たにキャッシングをしようとしたところ、断られてしまったため、これを期に債務を整理しようと決意し、相談に来られました。

相談後

相談では、債務が膨らんだ事情、債務の額、家計の収支の状況などについて確認させていただきました。
依頼を受けたうえで、各債権者と交渉し、手取収入から無理のない範囲で返済計画を作成し、和解(任意整理)することができました。

福井 慎一郎弁護士からのコメント

福井 慎一郎弁護士

任意整理の場合、債権者とは、支払総額(利息・遅延損害金や将来利息のカット(減額)を含め)、支払方法(一括・分割、分割回数、分割払額など)について交渉を行います。
分割払を提案する場合、3年(36回)~5年(60回)程度の分割が許容範囲であることが多いですが、この回数に納めようとして安易に分割払額を決めてしまっては問題の根本的な解決になりません。
債務(借金)が膨らんでしまう原因は人それぞれですが、大きな原因の一つとして、家計の現実の収支(手取額と支出の収支)が把握できていないことが多いです。
支出を整理していくと、すでに赤字という方もいますが、そのような場合は、収入を増やすか、支出を減らすか、をしない限り、任意整理はできません(他の方法を検討せざるを得ません)。
毎月の家計の収支の状況から確実に支払ができる額を見極めて、そこから返済原資を定めなければ、一定期間経過すると再び支払ができなくなってしまうリスクがあります。
当事務所では、問題の根本からの解決を目指し、また、無理のない返済計画を作成するために、必要なアドバイスを行っております。

【掲載事例は、当事務所担当した事例の一部です。】

借金・債務整理の解決事例 2

時効援用によってすべての債務を返済なしで任意整理をした事例

  • 任意整理
依頼主 40代

相談前

20代のころ、生活費の不足や突発的な支出を補うためにキャッシングなどで借入をするようになり、その後、病気や失業などもあって借金が膨らんでしまいました。当初は毎月の収入から返済ができていましたが、次第に返済ができなくなり、債権者から督促が来るようになりました。その後、督促がきても返済ができない状態が続き、何度か転居も重ねました。そうするうちに債権者からの通知も次第に来なくなりましたが,ご本人としては、返済できていない借金のことがずっと頭から離れず、いつどんな請求が来るかわからないという不安を抱えていました。転居を機に借金をきちんと整理して新しい生活を始めたいと思い立ち相談に来られました。

相談後

当初は、債権者や債権額を調査したうえで、任意整理(分割払)での解決・場合によっては自己破産での解決を検討していました。ご本人の記憶や信用情報機関の情報を収集するなどして、消費者金融やクレジットカード会社などの債権者を調査したうえ、契約内容や取引履歴の調査を行いました。
その結果,クレジットカード会社や消費者金融などに対する債務は元金ベースで350万円を超えており、利息や遅延損害金を含めると時間の経過もあり分割払でも返済が困難な額まで金額が膨らんでいました。
しかし、いずれの債務も最終取引から10年以上が経過し、判決も取得されていなかったことから、消滅時効が完成していました。
そこで、ご本人とも相談のうえ、債権者に時効の援用を通知し、返済をしない内容で任意整理を行いました。

福井 慎一郎弁護士からのコメント

福井 慎一郎弁護士

借りたお金は、当然のことながら返済をしなければならないのが原則です。
ただ、やむを得ない理由で借金を抱えてしまうこともありますし、体調の問題などで返済ができなくなることもあります。また、返済できないまま何もせずに放置してさらに債権者に迷惑を掛けてしまうこともあります。
時効の制度は法律で定められている制度です。時効にかけたくない債権者には時効にかけないための制度が用意されています。
任意整理において、時効が問題になる場面は多くはありませんが、生活再建や経済的な更生を図るためという必要性や債権者にとっても早期決着という側面もありますので、事案によっては時効の制度を利用しての解決が必要な事案もあります。
ご本人の意向や生活状況などを伺いながら対応しております。

【掲載事例は、当事務所担当した事例の一部です。】

借金・債務整理の解決事例 3

体調を崩して仕事ができなくなり、自己破産により借金問題を解決した事例

  • 自己破産
依頼主 30代

相談前

体調を崩す前は、銀行ローン、クレジットカードのショッピング、車のローンがあったものの、毎月の収入から返済ができていました。
体調を崩して仕事ができなくなり、消費者金融のキャッシング、クレジットカードのキャッシングなども加わり、債務額が約300万円に膨らんでいました。
どうしたらいいのかわからないということで相談に来られました。

相談後

体調が回復すれば、任意整理・個人再生の可能性もあり得るということで、債務整理をスタートしました。
しかし、体調がなかなか回復せず、仕事に復帰できる目処が立たないことから、最終的に方針を自己破産に変更し、自己破産申立てを行って借金問題を解決しました。

福井 慎一郎弁護士からのコメント

福井 慎一郎弁護士

自己破産は最後の手段ではありますが、やむを得ず選択をしなければならない場面もあります。
債権者には迷惑を掛けることにはなりますので、申し訳ないという気持ちを持ちながら手続を行うことが重要だと考えます。
他方で、二度と同じようなことにならないよう生活を見直すこと、時には必要な支援を受けながら、経済的に立ち直っていくことも重要だと考えます。
ご相談・ご依頼をいただいた場合、それぞれの方の事情に合わせた方針をご提案し、解決を目指して参ります。

【掲載事例は、当事務所担当した事例の一部です。】

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
福岡セントラル法律事務所
所在地
〒812-0018
福岡県 福岡市博多区住吉2-2-1 井門博多ビルイースト8階
最寄り駅
博多駅から徒歩8分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

中国

  • 山口

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 鹿児島
  • 佐賀
  • 長崎
  • 大分
  • 宮崎
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5366-2119

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

福岡セントラル法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5366-2119

※福岡セントラル法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
  • 土曜09:00 - 18:00
定休日
日,祝
備考
営業時間 月~土(9:00~18:00)
事務所HPの相談予約は24時間受付
★時間外、日祝の対応は応相談★
【ご相談は柔軟に対応】
当事務所は、土曜日も営業しています。
HPの営業日カレンダーを参照ください。
また、申込当日の相談も、空きがあれば対応いたします。
依頼を受けた後の打合せは、夜間や土日なども柔軟に対応しています。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。