「クラウドサイン」と「LINE WORKS」が連携。契約締結のステータスを「LINE WORKS」上で確認可能に

 弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)とワークスモバイルジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介)は、ワークスモバイルジャパンが提供するビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」とWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」の連携機能を、5月13日より提供開始することをお知らせいたします。本連携により、クラウドサインでの契約締結ステータスをLINE WORKS上の通知によって受け取ることが可能になります。


■ 連携機能の概要
 このたび提供を開始する連携機能では、クラウドサインによる契約締結ステータスの通知をLINE WORKS上で受け取ることができます。契約締結完了・却下のステータスは、LINE WORKSの「トーク」で通知されるため、契約の進捗状況および情報の一元管理が可能になります。

 また、今後も、契約送信側がLINE WORKSのbotに必要事項を入力すると、クラウドサインによる契約書や申込書の生成と送信ができる機能の搭載など、さらに利便性を向上させる開発を予定しています。

・連携機能利用 イメージ

本連携について:https://cs.cloudsign.jp/document_solution_lineworks


・料金
LINE WORKSとクラウドサイン(スタンダードプラン以上)をご利用中の場合、連携機能は無料でお使いいただけます。

・本機能およびサービス導入に関するお問い合わせ
クラウドサイン:https://cs.cloudsign.jp/contact_cloudsign
LINE WORKS:https://line.worksmobile.com/jp/contactus/etc/


■ 連携機能開発・提供の背景
 DX推進の機運の高まりにより、契約業務フローのデジタル移行や新しいワークスタイルに適したビジネスチャットツールの利用が増加傾向にあります。LINE WORKSにおいては、わかりやすく滑らかなUXが支持され、ビジネスチャットのトップシェアを獲得しています。※1
 また、ワークスタイルが多様化するなか、「スマートフォンで契約業務を推進したい」というニーズも多くいただいておりました。クラウドサインにおいても使いやすい操作性が支持されており、スマートフォンによる契約締結が可能です。両社はユーザーの利便性向上において目的が一致し、スマートフォンによる契約業務フローの確立を目的に、このたびの開発・機能提に至りました。


ワークスモバイルジャパン株式会社 代表取締役社長 福山 耕介氏
 ワークスモバイルジャパンは、「クラウドサイン」と「LINE WORKS」の連携を心より歓迎いたします。「LINE WORKS」は多様な働き方に応えるべく、PCやタブレットはもちろん、スマートフォンだけでもほとんどの機能がお使いいただけます。今回の連携により、スマートフォン上での契約締結業務がさらに進み、多様な働き方を後押しし、お客様の業務効率向上を実現できると確信しております。今後もクラウドサインとの連携の機能拡張・強化を進め、お客様の事業に貢献してまいります。

弁護士ドットコム株式会社 取締役 クラウドサイン事業本部長 橘 大地
 LINE WORKSは「LINE」のように誰でも使いやすいUIが特徴的なビジネスチャットで、様々な業界や用途で急速に普及しています。この度の連携により、契約書をクラウドサインで取引先に送った後の進捗状況、締結完了等のステータスをLINE WORKSで受け取ることができるようになりました。クラウドサインでは本年より「これからの100年、新しい契約のかたち。」のタグラインを掲げ、100年以上継続してきた我が国の商慣習をアップデートしていきたいと考えています。今回の連携ソリューションによって、営業現場や工事現場においてもスマートフォンから電子契約の状況を逐次確認できる等、双方の製品の顧客にとって大きなメリットを提供できると共に、新しい商慣習の創出に繋がるソリューションであると確信しています。


■「LINE WORKS」とは https://line.worksmobile.com
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。
2020年9月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」※1では、3年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNO.1を獲得しました。
※1:出典 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」

■ 「クラウドサイン」とは  https://www.cloudsign.jp/
クラウドサインは、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能には、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する電子署名とタイムスタンプを付与しています。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。2015年10月のサービス提供以来、累計契約送信件数500万件以上の実績をもつ電子契約サービスです。
※数値は2021年4月末時点の実績

弁護士ドットコム株式会社について

本社
東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル3階・6階
設立日
2005年7月4日
資本金
439百万円(2021年3月現在)
代表者
代表取締役社長 内田陽介
上場市場
東京証券取引所マザーズ市場
事業内容
世界中の人達が「生きる知恵=知的情報」をより自由に活用できる社会を創り、 人々が幸せに暮らせる社会を創造するため、 「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム」「税理士ドットコム」「BUSINESS LAWYERS」、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。
URL
https://www.bengo4.com/corporate/

本件における
お問合せ先

弁護士ドットコム株式会社 広報室
〒106-0032 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
TEL 03-5549-2555  E-Mail info-press@bengo4.com