クラウドサインが「書類受信時の認証強化機能」を提供開始。業界初となる受信者側による無権代理のリスク対策を実現

 弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)は、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」より、受信者側の管理者が契約書開封時にログインを必須に設定できる「書類受信時の認証強化機能」の提供を開始したことをお知らせいたします。

「書類受信時の認証強化機能」について
 このたび提供開始する「書類受信時の認証強化機能」は、受信者側のアカウント管理者によって、契約書開封時にクラウドサインへのログインを必須に設定できる機能です。これまでクラウドサインでは、ユニークなURL発行と、送信者側による本人認証を強化する機能を提供してまいりましたが、受信者側による認証強化機能は電子契約サービスとしては初となります。本機能により、誤った転送や複数人にメール等でクラウドサインのURLが共有された際などに、署名権限を持つメンバー以外が合意してしまう無権代理のリスク対策を組織内で行うことが可能になります。

業界初・受信者側による無権代理のリスク対策を実現
 クラウドサインを含む多くの電子契約サービスは、メール認証を採用しています。メール認証は、メーリングリストの利用や一度に複数人への送付、転送によって柔軟にアクセスできるメリットがある反面、権限のない場合にも署名できてしまうリスクがあります。
 
 受信者側がこのようなリスクを回避するには、契約に有効なメールアドレスをあらかじめ書面にて明確にしておくことや、代表者の個人アドレスのみに限定するなど、運用によって対策を検討する必要があります。しかしながら、個人のアドレスを所有しない組織や、実際には代表者以外が契約のプロセスを実施するケースがあり、運用の工夫では手間がかかるなどの課題がありました。
 
 このたびクラウドサインが提供する認証強化機能は、受信者側によって無権代理のリスク対策を実現できる機能です。これまでクラウドサインを含む電子契約サービスの本人認証機能では、送信者側によるアクセスコードや2要素認証の設定が可能でしたが、受信者側による認証強化機能は、電子契約サービスではクラウドサインが初となります。
 
 電子契約は、今後ますます普及が想定されるために、契約の真正を機能と運用の両面で検討していくことが不可欠となります。クラウドサインは今後も、充実した機能開発と運用サポートを通して、より多くの皆様が安心してお使いいただける電子契約サービスを提供してまいります。

クラウドサインについて https://www.cloudsign.jp/
「クラウドサイン」は、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をパソコンだけで完結できるWeb完結型クラウド契約サービスです。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現します。電子契約機能は、「いつ・誰が・どの契約に合意したか」を証明する厳格な電子署名とタイムスタンプを付与します。リモートワークの環境下においても契約書の証拠力を担保しながら、事業活動に重要となる円滑な契約業務を可能にします。2015年の提供開始以来、累計契約送信件数500万件以上の実績(※)をもつ電子契約サービスです。 書籍「超図解 クラウドサイン入門」発売中。
※数値は2021年4月末時点

弁護士ドットコム株式会社について

本社
東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
設立日
2005年7月4日
資本金
439百万円(2022年3月現在)
代表者
代表取締役社長 元榮太一郎
上場市場
東京証券取引所グロース市場
事業内容
世界中の人達が「生きる知恵=知的情報」をより自由に活用できる社会を創り、 人々が幸せに暮らせる社会を創造するため、 「専門家をもっと身近に」を理念として、人々と専門家をつなぐポータルサイト「弁護士ドットコム」「税理士ドットコム」「BUSINESS LAWYERS」、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」を提供。
URL
https://www.bengo4.com/corporate/

本件における
お問合せ先

弁護士ドットコム株式会社 広報室
〒106-0032 東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル
TEL 03-5549-2555  E-Mail info-press@bengo4.com