「子どもはいらない」と合意して結婚したのに、妻が「ほしい」と言い出したら離婚?
写真はイメージです

「子どもはいらない」と合意して結婚したのに、妻が「ほしい」と言い出したら離婚?

「一生子どもを作らない約束で結婚して3年。嫁が突然、『そろそろ子供欲しくない?』と言いだした。あり得ない」。インターネットの掲示板に、ある男性がこんな書き込みを投稿した。

男性とその妻は、どちらも子どもが嫌いで、結婚前から「子どもはいらない、作らない」と口頭で約束していたという。妻も「子どもを産むより2人で旅行行ったり、いい家に住んだりするほうがいいよね」と積極的に賛同していたそうだ。

しかし先日、食事中に妻が突然「子供が欲しい」と言い出した。男性が思わず「えっ、子供は作らない約束だったよね?」と聞くと、「そうだっけ?」ととぼけられたという。男性は「何をされるか怖くて、夜の夫婦生活ができない」とかなり警戒しているようだ。

男性は「妻が子どもを望んでいたら、絶対結婚しなかった」というほどに意思は固く、離婚も視野に入れているという。結婚前にした「子供は作らない」という口約束を妻が破ったことを理由に、離婚できるのだろうか。柳原桑子弁護士に聞いた。

●「約束を破った」妻と離婚できるのか?

「民法754条では、『夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる』とされています。『子供を作らない』という約束を破る趣旨のことを妻が述べているからといって、直ちに離婚できるという結論にはなりません」

柳原弁護士はこのように切り出した。ただ、今回の「約束」は、お互いの人生に大きくかかわってくる内容に思えるが、今回のケースでも難しいのだろうか。

「『子供を作るか作らないか』という問題は、夫婦の家族計画としてはもちろん、人間としての根源的な欲求や考えに関わる問題です。心変わりした場合には、夫婦でよく話し合いをする必要があるでしょう

話し合いをしても、意向が一致しなかった場合には、根本的なところで考え方の違いが埋まらず、円満な婚姻生活を維持するのが困難になったといえ、離婚理由になりうるでしょう。

ただ、それはあくまで『結婚前にした約束を破ったから』という理由で離婚できるという意味ではなく、婚姻生活の中でお互いの考え方が変化し、相容れなくなったからという点で検討するべきものと考えます」

妊娠出産には年齢もかかわってくる。相談者夫妻の場合、互いの人生のためにも、早めの決断がよいのかもしれない。

(弁護士ドットコムニュース)

オススメ記事

編集部からのお知らせ

現在、編集部ではアルバイト・協力ライターと情報提供を募集しています。詳しくは下記リンクをご確認ください。

アルバイト・協力ライター募集詳細 情報提供はこちら

この記事をシェアする