2015年03月23日 19時33分

性的少数者「歓迎」の渋谷区長、ホームレス強制退去問題については「譲歩しない」

性的少数者「歓迎」の渋谷区長、ホームレス強制退去問題については「譲歩しない」
東京都渋谷区の桑原敏武区長

「同性カップル」向けに、公的な「パートナーシップの証明書」を出すという条例案を打ち出し、大きな注目を集めた東京都渋谷区の桑原敏武区長が3月23日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。桑原区長は、性的少数者の人権や多様性の大切さを強調し、「差別的な扱いをされている方にも、暖かい手をさしのべるべきだ」と語った。一方、区立公園から強制撤去させたホームレスについては「政治運動だ」と批判し、「わけのわからない主義主張のために譲歩することはない」と強硬的な姿勢をみせた。

●渋谷区の「多様性・寛容性」を強調

桑原区長は会見で、「渋谷は、他者を思いやり、尊重し、互いに助け合って生活する伝統と、多様な文化を受け入れ発展してきた。さまざまな個性を受け入れてきた寛容性の高いまちだ」と強調し、性的少数者の権利を守るために「パートナーシップ証明書」の条例が必要だと訴えた。

さらに、条例に対する反対意見について、記者から問われると、桑原区長は「法律があって事実があるのではなく、事実があって法があるんだと思う」と発言。「性的少数者であるために自己をありのままに表明できないで、差別的な扱いをされている方がいる。そういう事実がある。法は、そういう人たちにも等しく暖かい手をさしのべるべきだ」とした。

また、性的少数者が渋谷区に集まることを「歓迎する」と述べ、「反対派をひとつひとつ説得していきたいと思っている」と話した。

●区立公園の「ホームレス問題」については?

一方で、渋谷区は、区立宮下公園からホームレス男性を違法に強制退去させたとして、3月13日に、東京地裁から賠償金の支払いを命じる判決を受けた。また、年末年始などに公園を閉鎖しているとして、ホームレスの支援団体などから批判を受けている。

記者から、そうしたホームレスを排除するような対応は「思いやり、人権の尊重に矛盾しないのか」と問われると、桑原区長は「(年末年始の炊き出しなどは)政治運動だ」と切り捨てた。

また、「区長がいう多様性に、ホームレスの人たちは含まれないのか?」という質問に対して、桑原区長は「私どもの職員に聞いてもらえれば分かる。路上生活者については、自分たちが責任を持って保護し、適切に指導をしている」と回答した。

さらに、「あそこ(宮下公園)にはそういう(ホームレスの)人はいない。専門的にどこかから来る。そういう人たちが組織を持って、あそこにいらっしゃるのであって、これは、何かの政治運動に寄与するためにやっているのではないか。我々がやるのは、苦しんでいる人、助けを求める人、そのことについてはやぶさかではない。そうでない人にまで、わけのわからない主義主張のために譲歩することはない」と話した。

そして、東京地裁から敗訴判決を受けたことについて、桑原区長は「訴訟の運営の拙劣さからそうなったと思っている」と述べ、「当然のことながら、控訴をさせていただくという考え方だ」と表明していた。

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」