• HOME
  • 性犯罪「現行の要件のままでよい」4割以上、弁護士515人が回答

性犯罪「現行の要件のままでよい」4割以上、弁護士515人が回答

性犯罪「現行の要件のままでよい」4割以上、弁護士515人が回答

同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 6回目は、強制性交等罪などの性犯罪規定についての結果を紹介する。 ※写真は法務省(MARODG / PIXTA)

「現行の要件のままでよい」42.5%で最多

現行法では、強制性交等罪や準強制性交等罪が成立するためには「同意がなかった」だけでは足りず、「暴行・脅迫」や「心神喪失・抗拒不能」の要件が必要とされている。そのため、現状は同意のない性交等が処罰されないとして、「不同意性交等罪」の創設を求める声もある。2021年5月の法務省の「性犯罪に関する刑事法検討会」の取りまとめ報告書では、不同意のみを要件とすると、処罰される対象範囲に課題が残ると指摘した一方、手段や状態などの要件を具体的に列挙することについては、肯定的な意見が多かったとされている。

現行法の要件について、弁護士515人に聞いたところ、「現行の要件のままでよい」が42.5%で最多となった。「不同意のみを要件とする不同意性交等罪が必要」は5.8%。「不同意を要件とする不同意性交等罪は必要だが、不同意にかかる手段や状態も併せて列挙すべき」は24.5%で、「現行の要件を見直す必要はあるが、不同意を要件とすべきでない」は20.4%だった。


「不同意を要件とする不同意性交等罪は必要だが、不同意にかかる手段や状態も併せて列挙すべき」と回答した弁護士からは、「手段や状態の列挙と併せて、被害者の『抵抗』ではなく、『その他その者の意思に反して』という『不同意』を(その他の構成要件に当てはまらなかった時に適用できる)受け皿要件とすべき」との意見が寄せられた。

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 「児童相談所は法的な防御力が必要」 常勤弁護士配置の意義とは 船崎まみ弁護士インタビュー

    【本記事は2021年1月5日に公開したものです】児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は、2019年度は19万3780件と過去最多になった。児童虐待事案が相次ぐ中、2016年の児童福祉法改正により、児童相談所は原則として弁護士の配置が義務付けられたが、非常勤弁護士や案件ごとに依頼する協力弁護士が中心で、常勤弁護士の配置は少数にとどまる。 東京都江戸川区の児童相談所で常勤弁護士となった船崎まみ弁護士(東京弁護士会)は、常勤弁護士を配置する意義について、「事案のスタート段階から対応できるので法的な問題を見落とすことがない。緊急の案件にも機動的に対応できる」とする。船崎弁護士に常勤弁護士を配置する意義や配置を進めるための課題などを聞いた(インタビュー実施日:2020年12月9日)。

    続きを見る
    「児童相談所は法的な防御力が必要」 常勤弁護士配置の意義とは 船崎まみ弁護士インタビュー

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。