2015年04月15日 12時37分

「ろくでなし子」さん初公判「女性器から卑猥なイメージを払拭したい」(意見陳述全文)

「ろくでなし子」さん初公判「女性器から卑猥なイメージを払拭したい」(意見陳述全文)
初公判後、記者会見で語るろくでなし子さん

「わいせつなデータ」を不特定多数に送信したなどとして、わいせつ電磁的記録送信などの罪で起訴された芸術家「ろくでなし子」こと五十嵐恵被告人(43)の初公判が4月15日、東京地裁(田辺三保子裁判長)で開かれた。ろくでなし子さんは、「女性器をもとにした私のアート作品は、『わいせつ』ではありませんので、私は無罪です」と主張した。

ろくでなし子さんは「私は、常にセックスや卑猥なイメージに結びつけられる女性器から、それらのイメージを払拭したくて、女性器をモチーフに、作品を作り、また、他の人にも作品を作って欲しいと考えていた」と主張。「2度も逮捕勾留された事に対しては不当であると考え、今も納得がいきません」と述べた。

以下、ろくでなし子さんの意見陳述の全文を掲載する。

●女性器は蔑まれ、汚いものや恥ずかしいものとして扱われてきました

起訴状に書かれている外形的な事実関係は争いませんが、女性器のデータ、女性器を元にしたわたしのアート作品は、「わいせつ」ではありませんので、私は無罪です。

わたしは女性器をモチーフにアート活動をしています。この活動をはじめて3年半が経ちました。多くの人には理解されない事ですので、わたしを罵る人もいました。インターネットでは攻撃され、ついには2014年の7月と12月、合計2回も逮捕勾留されてしまいました。

わたしがなぜ女性器をモチーフにしたり、女性器の名称である「まんこ」という三文字を発信し続けてきたかと言えば、女性であるわたしにとっては、女性器は自分の大事な体の一部分に過ぎないものであるにも関わらず、ここ日本においては蔑まれ、汚いものや恥ずかしいもの、いやらしいものとして扱われ、とてもおかしいと強く感じたからこそでした。

雑誌では女性器の名称が必ず伏せ字にされ、タレントがテレビでその名称を口にしただけで降板されてしまいます。おかしな事に、男性器の名称やセックスを煽るもっといやらしい表現や言葉に対しては、NGとされず、それらは電車の中吊り広告やインターネットに今日もあふれています。ここまで「単なる女性器にのみ」拒絶反応を示すのは異常であると思います。わたし自身も気づかずにそのおかしな風習に従って生きてきました。しかし、女性器とは、単に人間の女性の体の一部にすぎないものであり、そこから生命が生まれでてくる場所でもあるならば、蔑んだり、いやらしい場所などとみなすことはとてもおかしい話です。

●根底にあるのは女性差別であると思い至りました

わたしはなぜそんな風になってしまったかを考えました。その結果、女性器はまるで男性の愛玩物のように扱われているのが原因で、根底にあるのは女性差別であると思い至りました。そこで、わたしの体でありわたしの物であるはずの女性器を取り戻すため、女性器のアートを本気で活動するようになりました。

わたしは、常にセックスや卑猥なイメージに結びつけられる女性器から、それらのイメージを払拭したくて、女性器をモチーフに、ユーモアあふれるたのしい作品を作りました。他の人にも女性器をモチーフにした作品を作成して欲しいと考えて、3Dプリンタ用データをアップロードしたURLを送ったり、CD-Rに焼いて渡したりしました。

●女性器をモチーフにした作品制作はアート・プロジェクトの一環です

現代美術にはアート・プロジェクトという概念があります。作品を制作することは勿論、作品制作のプロセスを重視したり、美術館やギャラリーから外に出て社会的な文脈でアートを捉えたり、アートを媒介に社会の意識を変えようとする取り組みを指す概念です。わたしが、3Dプリンタ用のデータをアップロードしたURLを送ったり、女性器をモチーフにした作品を制作することは、アート・プロジェクトの一環です。

女性器をお菓子に模した「スイーツまん」、

ジオラマ人形をのせた「ジオラまん」、

ラジコンと合体させてリモコンで走る「リモまん」、

アーティストのレディガガさんをイメージした「レディガガまん」、

アーティストの草間彌生さんの作品にオマージュした「草間彌生にオまーんジュまん」、

暗闇で光る女性器の照明器具「シャンデビラ」、

iPhoneカバーにした女性器・・・(これは作ってみたらiPhoneが入らなかったので、正式名称は「iPhoneが入らないiPhoneカバーまん」です)、

女性器を船にした「マンボート」・・・。

これらのユーモラスな作品を作り続けることにより、わたしを支持してくれる人達はどんどん増えてゆきました。特に、同じ女性の支持者が増えたのは嬉しかったです。彼女達はわたしの作品を見て、「なぜその名前を言ってはならないのかと改めて考え、自分の体を大切に思うことができるようになった」と口々に言ってくださいました。わたしはそれらを励みに活動に邁進してきました。

●2度も逮捕勾留された事は不当であり、納得がいきません

そのような中、私は2014年7月と12月の2回も逮捕されてしまいました。捜査機関の言うことには、わたしの活動や作品はワイセツだとの事ですが、わたしは、常にセックスや卑猥なイメージに結びつけられる女性器から、それらのイメージを払拭したくて、女性器をモチーフに、作品を作り、また、他の人にも作品を作って欲しいと考えていたのです。

わたしは、2度も逮捕勾留された事に対しては不当であると考え、今も納得がいきません。

しかし、今、このように裁判所に対し、「女性器の3Dデータや女性器を元にした作品は本当にワイセツであるのか?」という判断を仰ぐことができる良い機会を得たと思っています。

最後になりますが、傍聴に来て下さった皆様には、お忙しい中、わたしの初公判を傍聴しに来て下さり、本当にありがとうございます。

(弁護士ドットコムニュース)

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。正社員、契約社員の編集スタッフも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」