• HOME
  • 大麻「使用罪」創設に弁護士は?「賛成」5割をこえる…弁護士515人が回答

大麻「使用罪」創設に弁護士は?「賛成」5割をこえる…弁護士515人が回答

大麻「使用罪」創設に弁護士は?「賛成」5割をこえる…弁護士515人が回答

同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 8回目は、大麻の使用罪創設についての結果を紹介する。 ※写真は厚生労働省(千和 / PIXTA)

使用罪創設「賛成」52.8%、検討会では賛否分かれる

若年層の大麻事件の検挙人員が増加したことを受け、厚生労働省の有識者会議「大麻等の薬物対策のあり方検討会」(座長:鈴木勉氏)では、現行の大麻取締法にはない「使用罪」の創設についての議論があった。

2021年6月に取りまとめられた検討会の報告書によると、大麻の使用については「罰則が必要」とする意見が多かった一方で、回復支援に力を入れる国際的な潮流に逆行することなどを理由に、使用罪に反対する意見もあったとされる。

大麻の使用罪を創設すべきかについて、弁護士515人に聞いたところ、使用罪の創設に「賛成」が52.8%で、「反対」が28.3%だった。

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 逮捕等「効果なし」「問題悪化」が8割 薬物問題を抱える家族、アンケート結果を公開

    大麻の取締り強化などについて議論する厚生労働省の有識者会議「大麻等の薬物対策のあり方検討会」が今年1月に始まった。担当するのは、厚労省の医薬・生活衛生局 監視指導・麻薬対策課だ。検討会では「使用罪」に関する議論もおこなわれていて、今夏を目処に報告書をとりまとめる予定。

    続きを見る
    逮捕等「効果なし」「問題悪化」が8割 薬物問題を抱える家族、アンケート結果を公開
  • 刑事弁護に「唯一の正解はない」、日々が「学び」 櫻井光政弁護士インタビューvol.2

    数多くの刑事事件を手がけながら、新人弁護士の養成にも力を注いでいる櫻井光政弁護士(第二東京弁護士会)。養成の様子を事例とともに紹介する著書「刑事弁護プラクティス」シリーズ(現代人文社)は、2013年の初版発行以来、法曹関係者に注目されている。 櫻井弁護士は、刑事裁判官を主人公にしたフジテレビ系月9ドラマ「イチケイのカラス」(2021年4月〜放映中)の原作となった同名コミック(作:浅見理都、講談社)では、法律監修も務めた。 2回目は刑事弁護に取り組むうえでの思いについて、紹介する(インタビュー日:2021年4月13日)。 【写真】櫻井光政弁護士(弁護士ドットコム、東京都内、4月13日撮影)

    続きを見る
    刑事弁護に「唯一の正解はない」、日々が「学び」 櫻井光政弁護士インタビューvol.2
  • 矯正実務の葛藤「法律論だけでは答えが出ない問いと向き合う」 日弁連シンポ

    「刑罰制度や死刑廃止について考えるシンポジウム」(主催・日本弁護士連合会)が4月12日、オンラインで開催された。元法務省人権擁護局長・矯正局長の名執雅子氏が基調講演で、監獄法改正以降の矯正処遇を振り返り、対人業務である矯正実務の難しさについて語った。 写真:名執雅子氏(4月12日、東京都内、弁護士ドットコム撮影)

    続きを見る
    矯正実務の葛藤「法律論だけでは答えが出ない問いと向き合う」 日弁連シンポ
  • 死刑制度、日弁連は「廃止を」 弁護士5割以上は「存置すべき」、弁護士515人が回答

    同性婚、夫婦別姓、少年法改正など、最近でも多くの法制度をめぐる議論や変化が「社会問題」となっている。弁護士ドットコムタイムズ編集部では、近年の社会問題に関連した法制度のあり方などについて弁護士に聞くアンケートを実施した(回答期間:8月、7、8日 有効回答人数:515人)。 5回目は、「死刑存廃」についての結果を紹介する。 ※写真は東京拘置所(iLand / PIXTA)

    続きを見る
    死刑制度、日弁連は「廃止を」 弁護士5割以上は「存置すべき」、弁護士515人が回答

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。