• HOME
  • 非弁提携のターゲットは「独立したて」「若手」 非弁提携に関するアンケートvol.2

非弁提携のターゲットは「独立したて」「若手」 非弁提携に関するアンケートvol.2

非弁提携のターゲットは「独立したて」「若手」 非弁提携に関するアンケートvol.2

弁護士ドットコムタイムズでは2021年4月、全国の弁護士を対象に、弁護士資格を有しない者から、事件の斡旋を受ける代わりにその対価として金銭を支払う、あるいは、紹介者に報酬を分配する「非弁提携」に関するアンケートを実施し、48弁護士会に所属する499人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する。 ※アンケート実施:2021年4月/対象:全国の会員弁護士499人/監修:向原栄大朗弁護士(福岡県弁護士会) 2回目は非弁提携のターゲットにされやすい弁護士や、陥ってしまう原因について聞いた結果を紹介する。

「独立したばかり」「若手」が非弁提携のターゲットに




非弁提携のターゲットにされやすい弁護士の特性を複数選択可能な形式で聞いたところ、「独立したばかりの弁護士」(75.6%)が最も多かった。ついで、「若手の弁護士」(60.9%)、「高齢の弁護士」(55.9%)となっていて、高齢より若手のほうが5.0ポイント高い結果となった。「懲戒処分を受けた弁護士」は53.5%。

その他の回答には、「売り上げが厳しい」「現預金が足りていない」など、経済的に苦しい弁護士を狙うとの指摘も目立った。また、「そこそこの規模がある事務所」の回答があった一方、「少人数の事務所」もあり、誰もが非弁提携のターゲットになる可能性があると考えられる。

非弁提携の原因は「経済的困窮」、「魅力に取り憑かれる」




非弁提携の原因を複数選択可能な形式で聞いたところ、「弁護士の経済的困窮」が74.9%で最多。また、「事件の紹介を受ける魅力に取り憑かれ、知らず知らずのうちに引き込まれている」との回答も51.9%で半数を超えた。「無資格者の宣伝の上手さに弁護士が負けている」は32.7%だった。

その他の回答として、「弁護士の弁護士法や弁護士倫理へ理解不足」というものがあった。また、弁護士会の対応の問題として、「ルールや事例の周知不足」「取り締まり権限が弱い」などの意見もあった。

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 全国で14%の弁護士「非弁提携を持ちかけられた」 非弁提携に関するアンケートvol.1

    弁護士ドットコムタイムズでは2021年4月、全国の弁護士を対象に、弁護士資格を有しない者から、事件の斡旋を受ける代わりにその対価として金銭を支払う、あるいは、紹介者に報酬を分配する「非弁提携」に関するアンケートを実施。48弁護士会に所属する499人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する。 ※アンケート実施:2021年4月/対象:全国の会員弁護士499人/監修:向原栄大朗弁護士(福岡県弁護士会) 1回目は非弁提携を持ちかけられた経験の有無や、持ちかけてきた業種などについての結果を紹介する。

    続きを見る
    全国で14%の弁護士「非弁提携を持ちかけられた」 非弁提携に関するアンケートvol.1
  • 事件の有償斡旋、弁護士の3割超が合法化に賛成 非弁提携に関するアンケートvol.3

    弁護士ドットコムタイムズでは2021年4月、全国の弁護士を対象に、弁護士資格を有しない者から、事件の斡旋を受ける代わりにその対価として金銭を支払う、あるいは、紹介者に報酬を分配する「非弁提携」に関するアンケートを実施し、48弁護士会に所属する499人から回答を得た。調査結果を3回に分けて紹介する。 ※アンケート実施:2021年4月/対象:全国の会員弁護士499人/監修:向原栄大朗弁護士(福岡県弁護士会) 3回目は、事件の有償斡旋を合法化することの賛否や、非弁提携に陥らないための方法について聞いた結果を紹介する。

    続きを見る
    事件の有償斡旋、弁護士の3割超が合法化に賛成 非弁提携に関するアンケートvol.3

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。