死刑廃止求め国際弁護士連盟と共同声明 日弁連

死刑廃止求め国際弁護士連盟と共同声明 日弁連

日本弁護士連合会は3月13日、刑事司法に関する国際シンポジウムをオンラインで開き、政府と国会に死刑廃止を訴える声明文を公表した。声明は国際弁護士連盟と駐日欧州連合代表部との共同。

声明文では、2020年現在、国連に加盟する193カ国のうち、112カ国が死刑制度を廃止しているほか、50カ国が10年以上、死刑執行していない点を指摘。「国連は、全ての国に死刑廃止へ向かうことを求め、寛容と共生の社会が形成され、成熟することを願っている。一時期の感情に流されて他者に報復するのではなく、包摂し共生するという優しさと強さを養っていく必要がある」など、死刑廃止の必要性を訴えている。

死刑廃止の意義については、「人間の尊厳と生命権を奪い得ない権利とする価値観を共有し、寛容と共生の社会を形成・成熟させることに意味がある」と説明。政府と国会に対し、「死刑を執行している国が少なくなる中で、死刑廃止に向けて立ち上がることを期待する」と求めている。

日本弁護士連合会:世界のあらゆる国と地域での死刑廃止を目指す共同メッセージ

※画像はピクスタ

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。