2020年は合格者数が1500人割れ 司法試験合格率など30年間の推移

2020年は合格者数が1500人割れ 司法試験合格率など30年間の推移

【本記事は2021年2月3日に公開したものです】2020年司法試験の最終合格者が1月20日に発表され、1500人を切った。司法試験の受験者数・最終合格者数・合格率などについて、法務省がホームページで公表している1989年から2020年までのデータをもとにまとめた。

新司法試験の受験者数・最終合格者数・合格率


新司法試験の受験者数は、初年の2006年は2091人、以降増加を続け、2011年には8765人となり最多となった。その後は、減少傾向が続き、2020年には、2006年を除くと初めて4000人を下回った。

新司法試験の最終合格者数は、2008年から2011年までは2000人をやや上回る水準で推移した。2012年(2102人)に最多に達した後は、おおむね減少傾向が続き、2016年に1500人台となり、2020年に1500人を下回った。

新司法試験の合格率は、2006年の48.25%から下落傾向が続き、2014年は22.58%となり、最低となった。2017年からは上昇がはじまり、2019年には33.63%で30%を超え、2020年は39.16%となり40%に近づいた。

1989年以降の司法試験全体の受験者数・合格者数・合格率


1989年以降の旧司法試験を含めた受験者数・合格者数・合格率の推移をみる(旧司法試験のデータは、二次試験のもの。また、2006年から2011年までの受験者数・合格者数は、新試験・旧試験の両方を合算)。

受験者数は、1992年までは2万人をやや上回る水準で推移した後、1993年(17714人)には2万人を下回る。その後は増加がはじまり2003年は45372人で最多となった。その後は減少しはじめ、新司法試験が始まった2006年に32339人、最後の旧司法試験の短答・論文式試験があった2010年に21386人となった。新たな受験者が新司法試験のみとなった2011年には8765人と急減。その後も減少傾向が続き、2020年には3703人となり4000人を下回った。

合格者数は、1989年は506人だったが増加傾向となり、1999年は1000人となり、2008年は2209人で最多となった。その後は減少に転じ、2020年に1450人となった。

合格率は、1989年から2006年までは2.37%から4.82%の間を推移。2007年に7.52%となった後は上昇が続き、2010年に9.97%となる。新司法試験に概ね切り替わった2011年に23.61%に急上昇した後は、上昇が続いている。

新司法試験の受験者数・最終合格者数・合格率

1989年以降の司法試験全体の受験者数・合格者数・合格率

※写真は、TOC五反田メッセ(東京都品川区)で開場を待つ司法試験の受験生(2020年8月12日撮影)

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。