2020年の司法試験 1450人が合格 合格率4割に近づく 合格率トップは愛知大

2020年の司法試験 1450人が合格 合格率4割に近づく 合格率トップは愛知大

【本記事は2021年1月20日に公開したものです】法務省は1月20日、2020年の司法試験に1450人が合格したと発表した(前年は1502人)。合格者は1500人をきった。合格率は前年比5.5ポイント増の39.1%(受験者数ベース)で、11年ぶりに30%を超えた昨年に続き30%を超えただけでなく、40%に近づいた。 受験者数は前年より763人減少して3703人(出願者4226人)。1次選抜である短答式試験には、2793人が合格していた。合格者は男性1083人、女性367人。平均年齢は28.4歳。最年長が69歳で、最年少が20歳だった。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、法務省や各試験場所での掲示による合格発表は取りやめとなった。また、新型コロナウイルス感染症の影響で、論文式試験や短答式試験の日程が約3カ月遅れるなど試験スケジュール全体に影響し、合格発表は年をまたぐことになった。

東大がトップ、法科大学院別合格者数


合格者数を法科大学院別にみると、東京大学が126人で最多。続いて慶応大学125人、京都大が107人、中央大が85人、一橋大が84人だった。

合格率では、愛知大が77.8%でトップ。続いて一橋大が70.6%、東大59.4%と続いた。

法科大学院を修了しなくても受験することができる予備試験を経由した合格者は378人(男性313人、女性65人)で、合格率は89.3%。合格率は、昨年より7.5ポイント伸びた。

日弁連「法曹養成制度改革の結果」


司法試験の合格者数発表を受け、日本弁護士連合会(日弁連)は同日、会長談話を公表。合格者数が1500人をきったことについて、「法科大学院の志願者数が減少する中、法科大学院の定員規模の適正化、修了認定の厳格化などの法曹養成制度改革の結果とあいまった」と分析した。今後、弁護士の研修制度の充実や法曹の魅力を発信に取り組む姿勢を示している。

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。