二回試験10人不合格 コロナ疑いで4人が再試験に

二回試験10人不合格 コロナ疑いで4人が再試験に

【本記事は2020年12月15日に公開したものです】最高裁判所(最高裁)は12月15日、2020年の司法修習生考試(二回試験)の結果を発表した。受験者1479人中、1465人が合格、10人が不合格、4人が再試験となった。4人が再試験になった理由について、最高裁は、「発熱などの症状により、新型コロナウイルスの感染が疑われたため」としている。再試験は、2021年1月に実施される予定。

2019年の二回試験の受験者数は1495人で、合格者数は1487人、合格率は99.46%だった。2018年は受験者数1533人、合格者数1517人、合格率98.96%。合格率が2年連続で99%を超えた。

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。