司法試験短答式合格者2793名 予備試験合格者は合格率99%

司法試験短答式合格者2793名 予備試験合格者は合格率99%

【本記事は2020年9月8日に公開したものです】法務省は9月8日、2020年の司法試験の短答式試験の合格者が2793人だったと発表した。 2020年の司法試験受験者数は3703人(途中欠席者39人含む)で、採点対象者は3664人。短答式試験の平均点は118.1点で、93点以上が合格だった。

短答式試験は、3科目175点満点(憲法50点満点、民法75点満点、刑法50点満点)で、得点率40%未満の科目があると不合格になる。つまり、1科目でも40%未満の科目があると、3科目合計では合格点を上回っていても不合格となる。

最年少の合格者は20歳で、最年長は70歳だった。全体の合格率は75.4%(対受験者数)で、司法試験予備試験合格者の合格者は423人中419人だった。1名以上の受験者がいるロースクールのうち、合格者がゼロのロースクールも4校あった。

論文試験の成績を合わせた最終合格者は、2021年1月20日に発表される。

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。