• HOME
  • 日弁連定期総会が9月に延期 事務総長の新型コロナ感染理由に

日弁連定期総会が9月に延期 事務総長の新型コロナ感染理由に

日弁連定期総会が9月に延期 事務総長の新型コロナ感染理由に

【本記事は2020年7月27日に公開したものです】日本弁護士連合会(日弁連)は7月27日に臨時の理事会を開催し、31日に開催予定だった定期総会を9月4日に延期することを決めた。

日弁連は延期の理由について、弁護士ドットコムタイムズの取材に対し「事務総長が新型コロナウイルス感染症に罹患したため」と回答した。

日弁連の定期総会は毎年5月か6月に開催されており、事前に設定された議案について議論・議決が行われる。今回は、今年度予算のほか、新型コロナウイルス感染症に対する日弁連としての対応や、65期以降の司法修習生に貸与された修習資金の返還請求の停止を最高裁に求めることなどが議案にあがっていた。

定期総会は当初6月12日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により政府が4月に緊急事態宣言を発令したことを受け、7月31日に延期されていた。今回で2度めの延期となる。

※画像は東京・霞が関の弁護士会館ビル(ピクスタ)

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。