弁護士が事業承継のアドバイス 東京弁護士会、簡易診断サービスを開始

弁護士が事業承継のアドバイス 東京弁護士会、簡易診断サービスを開始

【本記事は2020年7月16日に公開したものです】東京弁護士会(東弁)は7月15日から、都内の中小企業や個人事業主を対象に、事業承継の課題について弁護士がアドバイスする「事業承継 簡易診断」を開始した。2019年6月に同様の取り組みを試験的に行なったところ、想定以上の問合わせがあったため、改めて実施する。

東京弁護士会の中小企業法律支援センターの事業承継プロジェクトチームで座長を務める角田智美弁護士は、弁護士ドットコムタイムズの取材に対し、「事業承継について『弁護士への相談はハードルが高い』という認識がまだあると感じている。事業承継に取り組む初期段階で弁護士が関与することで、将来的な紛争の防止に役立つ。簡易診断を弁護士と関わりを持つきっかけにしていただきたい」と語った。

診断費用は5万円で、希望する場合はファックスで申し込む。「事業承継 簡易診断」の流れは以下のとおり。

● 東弁にファックスで申込書を送信する(03-3581-0865)

● 担当の弁護士から申込者に連絡がきて、面談の日程を調整する

● 担当弁護士と1時間程度の面談を行い、その内容をもとに弁護士が課題と対策をまとめた簡易診断シートを作成する

● 2回目の面談を行い、担当弁護士が簡易診断シートを申込者に提出し、内容について説明する

簡易診断の終了時期は未定だが、角田弁護士は「コンスタントに申込みがあるようなら、常設の仕組みにしたいと考えている」とした。

※画像は東京弁護士会ホームページ

  • 記事URLをコピーしました

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。