弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

会社名の違う領収者について

経営者夫が不倫相手に買ってあげたプレゼントの領収書名が、自社名でなく、他社名になっているのですが、領収書の偽造でしょうか?
その他社名の登記謄本を取り寄せましたが、他の人が代表者でした。
空の領収書もありましたし、財務的に不正もやっているようです。
経理は雇っていなくて、夫が会社のお金の管理は全てしています。
ご回答よろしくお願い致します。
b4_addbさん
2017年02月03日 18時51分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
> 自社名でなく、他社名になっているのですが、領収書の偽造でしょうか?

領収書の宛名が、実際の会社ではないということですかね。
領収書を発行したところはお店ですよね。
そのお店の名前が入っているということであれば、作成名義を偽ったものではないですから、偽造にはならないと思います。

なお、経費の水増しということであれば、別途税務上の問題はあると思います。

2017年02月04日 04時42分

b4_addb さん (質問者)
ご回答ありがとうございます。
「お宛名なんになさいますか?」と聞かれるところに他社名が入っているのです…。
他社名宛の領収書を夫が払っているので、訳が分からなくて。
説明が下手ですみません!
購入店は高島屋ですが、宛名は違う名前です。
何度もお手数おかけして申し訳ありません。

2017年02月04日 05時41分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
繰り返しになりますが、お店がお店の名前を偽ったわけではありませんので、偽造にはならないと思います。

2017年02月04日 05時49分

b4_addb さん (質問者)
偽造にはならないんですね。
ありがとうございました。

2017年02月04日 07時14分

この投稿は、2017年02月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 領収書の発行名義人の記載について伺います。

    親会社A社の下請けとして顧客の仕事をし、顧客から謝礼として3千円を頂きました。 ・領収書をA社”内”プラス私の個人名で発行し代金は私の会社に入金しました。 ・親会社A社に社名使用の承諾は受けておりませんが異議の申し立てがありました、ただし、金銭等の受取りは承諾して頂いています。 ・領収書に押印はありません。 ・顧客...

  • 資本関係の無い会社に買収された際の各取引先との契約書の扱いについて

    現在、資本関係の無い会社(ここでは弟会社、とします)の代表を務めています。 来月、兄会社に買い取られる形で転籍をします。 その際に、弟会社と契約を交わしていた取引先数十社と取引契約書(基本契約書、NDAなど)を 改めて交わし直す必要があると思いますが、 新たに新規で結びなおすのではなく、例えば 甲は株式会社〇兄〇...

  • 特別背任罪に該当する?もしくは別の罪に該当する?

    A社がB社を買収し、B社をA社の事業部として吸収。 B社の代表取締役社長は買収の隙をつき、X社を設立しB社の事業資産(人材、取引先)を移動させA社に隠れてB社のコピーであるX社を設立運営。 旧B社代表取締役社長はX社において取締役には就かず、オーナーとしてX社を支配している状態。 買収時のA社の調査が杜撰であることは明白では...

  • 譲渡制限会社での自己株式取得の手続きに関して

    非公開会社で株式譲渡制限のある会社です。取締役会は非設置で、譲渡の承認機関は代表取締役としています。 社員(株主)の退職に伴い、社員から株式を会社として買いとりたいと思っておりますが、その際に株主総会決議が必要になりますでしょうか? 個人間では代表取締役の承認があれば問題ないと理解していますが、会社で買い取る際...

  • 負債と商標権侵害

    既に死去している前社長が、8年前に偽社債で金銭を受け取った相手がいます。現在、その相手が商標権侵害をしている事がわかりました。弊社のラベルを模したラベルを使用し、商品名が同じものを販売しています。この相手に対して、商標権侵害の内容証明を送った場合、以前の金銭に関する事で逆襲される事はないでしょうか? もう時効に...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 「シャッター商店街」空き店舗が残り続ける理...
  2. 自宅で眠っているお酒を「フリマアプリ」で販...
  3. 「レクサス」を頻繁に買い換える個人事業主、...
  4. 「社長の愛人」勤務実態がないのに月給20万円...
  5. 教育財源を保険で捻出、自民若手「こども保険...
  6. 親が自分名義の口座で積み立てた「600万円」...
  7. 会社にバレず「ネイリストの副業をしたい」、...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。