弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

税務調査 |税理士ドットコムトピックス
2014年11月15日 14時05分

「領収書」電子保管で「紙の保存」が不要に――規制緩和実現に向けた課題は?

「領収書」電子保管で「紙の保存」が不要に――規制緩和実現に向けた課題は?
契約書や領収書の「電子保管」が実現することで、どんなメリットが想定されるのだろうか?

ついに領収書の電子保管が本格化する――。税務調査の際の証拠となる領収書や契約書の原本は、原則として7年間保管することが義務づけられている。しかし政府はその規制を緩和する方針だと、日本経済新聞が報じたのだ。

これまで、3万円以上の領収書や契約書は、原本を7年間保管する必要があった。規制緩和が実現すれば、すべての領収書や契約書は、スキャナーで読み取って、画像データを7年間保存するだけでよくなる。

国内企業の契約書や領収書の保管コストは年間3000億円にのぼるという経団連の試算もあり、「ペーパーレス化」はコスト削減につながる可能性がある。電子保管の実現によって、どんなメリットが想定されるのだろうか。一方で、不正の横行などの課題はないのだろうか。宮川英之税理士に聞いた。

●事務作業や保管場所の負担が軽くなる

「現在、多くの企業では領収書を紙ベースで保管しています。経理のご経験がある方はご存じかと思いますが、かさばる紙の領収書のやり取りやスクラップ・ブック等への貼付作業には、相当な手間がかかります。

さらに、他の社内文書の電子データ化が進んだ今日であっても、領収書については過去何年分もの書類を保管する物理的なスペースを確保せざるをえません」

そうすると、電子化のメリットは大きいのではないか。

「報じられたような規制緩和が実現した場合、領収書の電子保管に取り組む企業が増加し、事務負担やコスト負荷の軽減が期待されます。また、書類の閲覧や検索が容易になることで、社内業務のスリム化や透明化に一役買う効果も期待できます」

課題はどういったところにあるのだろうか。

●電子化の導入・運用コストは無視できない

「電子保管を採用する場合には、要件を満たしたスキャナーや電子署名・タイムスタンプの導入等が求められることになるでしょう。そのハードルは決して低いものではありません。

導入・運用のコストを踏まえると、必ずしも電子保管を採用したほうが良いとは限りません。

さらに、紙ベースの領収書には筆跡や歳月の経過等が紙の状態に反映され、改ざんすれば痕跡が残るといった特質があります。電子保管によって、紙ベースのメリットが失われる点も見逃せないでしょう。

電子データの編集技術は日進月歩で進化していますので、電子保管された領収書が改ざんされる可能性もあり、不正行為の多発が懸念されます」

大きな転換点となるだけに、メリットを最大限に生かせる制度設計にすると同時に、課題への対策も十分に講じてほしいところだ。

【取材協力税理士】

宮川 英之(みやがわ・ひでゆき)公認会計士・税理士、公認情報システム監査人

一橋大学経済学部卒業。有限責任監査法人トーマツ等を経て開業。会計・税務顧問の他、豊富なIT経験を活かして企業経理や内部統制の効率化・簡素化支援を提供。

事務所名   : 宮川公認会計士事務所

事務所URL: http://miyagawa-kaikei.com/

(税理士ドットコムトピックス)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」

この記事へのコメント

Facebook

弁護士コメント

本コメント欄は弁護士のみ書き込むことができます。
コメントを投稿するにはログインが必要です。

※ご利用の際は弁護士ドットコム利用規約及びFacebook利用規約を遵守してください。
※弁護士ドットコム株式会社はコメントの内容等によっては通報等の措置を取ることができるものとします。
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して弁護士ドットコム株式会社は一切の責任を負いません。