弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脱税

確定申告について 現在の給与を申告しないことは節税なのか?

確定申告の時期が近づいてきたので、夫に源泉徴収票を貰って来るようにお願いしました。
が、現在夫の所属している会社から「源泉徴収票の発行の仕方を選んで」と言われたそうです。

夫は、夫の兄の会社に勤めていますが、昨年に会社都合で社会保険を辞めさせられました。現在は国民健康保険に加入しています。
この時期に、手続き上退職と転職をしていることになっているそうです。が、どちらも兄の会社です。
会社は、前年度は年末調整をしてもらいましたがが、今年度はしないそうです。

確定申告をするにあたり、源泉徴収票は二枚貰えるものと思っていました。
(退職した形になっている兄の会社Aの分と転職した形になっている兄の会社Bの分)
ですが、節税対策で、会社Bの源泉徴収票を出さない方法があるそうです。
そうすれば来年の税金は安くなると言われたそうです。
他の従業員も会社Bの源泉徴収票は出さないそうです。
夫もその方法に賛同しています。
どこの会社もやっていて、まともにやっていたら儲けがないと言っています。

これは節税なんでしょうか?
よくよく聞いてみると、会社Bはモグリの会社だと言います。
モグリについて詳しくはありませんが、会社が言う方法は脱税しているような気がします。

夫の兄は、私が納得する方法を選べばいいと言っているらしく、夫も最終的な私の選んだ方法でいいと言っています。
そもそも妻が選ぶ意味もわかりませんが、我が家には一歳になる娘がおり、娘の将来のことを考えたらまともな納税をする方がいいのではと思っています。
しかし、会社の方針なら夫に委ねた方がいいのかとも思ってしまいます。
兄の会社のやり方はまともなんでしょうか?

会社Bの源泉徴収票を貰わないことで今後生じる可能性があることを教えてほしいです。
また、今回の確定申告で必要な、源泉徴収票の正しい頂き方と他に頂くべき書類を教えてください。
B社が源泉徴収義務を行っていないと思いますし、B社からの給与所得を申告しなければ夫も脱税になる可能性があります。
どこの会社でもやっていることかどうかはわかりませんが、脱税です。

moonyさん
2017年01月07日 15時40分

みんなの回答

八坂 玄功
八坂 玄功 弁護士
税務訴訟・行政事件に注力する弁護士
ありがとう

2017年01月08日 12時02分

この投稿は、2017年01月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

準確定申告とは:相続手続きの期限

「準確定申告」とは、年度の途中で亡くなった人についての確定申告を、家族が行うことです。必ず必要な手続きではありませんが、生前に確定申告を行っ...

この相談に近い法律相談

  • この場合は確定申告しなかったら脱税になるのでしょうか?

    キャバクラで働いてる人がいるんですが 同じ店には在籍せず日当をもらっていろんな店を転々としていて 月10~30万ぐらいの稼ぎがあります。 なので年間250万ぐらいの収入があるんですがこれは確定申告しなくてもいいのでしょうか?

  • 脱税を申告したいです

    以前私が手伝っていたお店についてです。私はその飲食店に立ち上げから関与し、店舗と移動販売をしていました。3年目が過ぎたあたりから、かなり売り上げが伸びたと思っていたのに、申告の数字は少なかったです。なんとほぼ移動販売の売上を申告していませんでした。この場合、脱税を申告したいのですがどうしたらいいでしょうか? (...

  • アフィリエイト収入の確定申告について

    楽天アフィリエイトでまいつき3000円分のポイントを得ているのですが、確定申告しないとどのような処罰がくだりますか?

  • 自分名義の確定申告で問題が発生しました

    自分は飲食店を三店舗経営しているのですが各店長に3年前から経営を任し月々ロイヤリティだけもらっていました。毎年確定申告は自分の名前で出していたのですが、今回税務署に入られ追徴課税となりました。そこで質問なのですが税務署入られる前に各店舗を経営していた人達がやめてしまいました。追徴課税分は各店長に法的に請求できる...

  • 所得税の申告について

    私は4年前から海外駐在を行っており家族も全員住民票は海外に転出しているのですが、2年前くらいに会社(非上場会社)の持株会の株式売却があり、1200万円ほどの収入が有りました。その際に会社からは確定申告をするようにとの文章が届いていましたが、私は海外在住で帰国予定もない為そのまま放置して今に至ります。今後も当分は帰国予...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 「社長の愛人」勤務実態がないのに月給20万円...
  2. 教育財源を保険で捻出、自民若手「こども保険...
  3. 親が自分名義の口座で積み立てた「600万円」...
  4. 会社にバレず「ネイリストの副業をしたい」、...
  5. 全国知事会「宿泊税の法定化」検討へ…「法定...
  6. マッサージ代も対象になる? 医療費控除を申...
  7. フリーランス「開業届」を提出するメリット、...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。