弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脱税

加算納税の通知と金額

個人経営の美容室で架空の従業員が居る事にし、従業員に給与として支払ったと嘘の確定申告をしたことが税務署に知られた場合、どの様な連絡が来ますか?

仮に6万円の給与を架空の従業員に支払ったとしている場合は加算税等はいくらになりますか?
6万円の12か月分で72万円の給与を否認します。延滞税は、14,6%の延滞税がかかりましょう。 悪質であれば、35%の重加算税が課されます。 返事ありがとうございます。
すみません、少し書き方が足りなかった様なので追記します。
2011年に6万円を一度だけ、実際は働いていないし支払ってもいない妻を従業員として申告しています。
罰則はどうなりますか?
その事実を正直に申告して追加して納税すれば、罰則は課されないと思われます。

いけみんさん
2016年12月14日 00時14分

みんなの回答

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ありがとう

2016年12月14日 04時11分

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ありがとう

2016年12月14日 04時34分

いけみん さん (質問者)

2016年12月22日 11時00分

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 山口県1
ベストアンサー
ありがとう

2016年12月22日 23時02分

この投稿は、2016年12月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 架空の従業員給与、脱税?

    個人経営のオーナーひとりでやっている美容室で従業員はゼロ人です。 架空の従業員が居る事にし、従業員に給与として支払ったと嘘の確定申告をした場合、脱税ですか? バレるとどんなことが起こりますか? また、時効などはありますか? 見つけた場合どうしたら良いですか?

  • 扶養控除 給与脱税について

    扶養家族である妻が看護婦をしており、近所の整形外科(個人医院)で働いております。 院長1名、常勤医師1名、アルバイト医師1名、看護婦2名、理学療法士2名、受付・事務2名という体制のようです。 この病院、給与支払いについて、会社員である私には理解しがたいのです。 月末になると、茶封筒で「出勤日数×○○円(職種により異...

  • この場合は確定申告しなかったら脱税になるのでしょうか?

    キャバクラで働いてる人がいるんですが 同じ店には在籍せず日当をもらっていろんな店を転々としていて 月10~30万ぐらいの稼ぎがあります。 なので年間250万ぐらいの収入があるんですがこれは確定申告しなくてもいいのでしょうか?

  • 給与が社長のポケットマネー という企業の目的は何なのでしょうか(節税?)

    私の給与は、社長のポケットマネーからなのですが「脱税してるよ」と友達から忠告されました。 私は、ある職場で働いていて、手取り15万円ほどの給与をもらっています。 ところが、その名目は社長からのポケットマネーということで、給与明細も何もありません。 他の従業員は、半分が給与、半分がポケットマネーという人もいます...

  • 脱税についての罰則や罰金、またそこの従業員にも罪は及ぶのでしょうか?

    風俗店の税金の関係です。従業員です。 今年春に始めましたと開業届を税務署に提出済みです。が、実際には提出した際には3年営業しており売上も毎月600万から700万、オーナーは毎月200万近く所得を得て年間にすると2400万円を丸2年と半年位無申告状態です。本日、事務所に管轄税務署の方が3人直接きました。オーナー不在で電話を繋ぎ暫...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 免許のない大谷翔平に車とガソリン授与「誰か...
  2. フリーランスが仕事の成功祈り神社参拝、「賽...
  3. 新制度「積立型NISA」は投資初心者にこそ…20...
  4. 「個人型確定拠出年金」改め「iDeCo」スター...
  5. 「年金制度改革法」が成立、支給額減額も…制...
  6. 「103万円の壁」配偶者控除「150万円」に見直...
  7. 法人税「大企業優遇」「実際は低い」は本当か...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。