弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脱税

脱税になるのか、皆んなやることなのか

姉は経営者の母に代わり、ビルを動かしていました。元帳は税理士にお願いしています。
母が亡くなり、姉に元帳を提出してもらったら、母と姉が住んでいる実家の光熱費らしきものも書かれていました。
これは違法ですか、

よろしくお願いいたします



具体的なご事情は分かりませんが,プライベートな光熱費をビル管理業の経費に計上することはできません。

ただビル管理業の事務を自宅で行っている場合に光熱費の一部が経費になる可能性はあるでしょう。

ampm☆92さん
2016年05月13日 13時18分

みんなの回答

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう

2016年05月13日 13時23分

この投稿は、2016年05月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 脱税ではないか

    母が経営する会社は、毎年赤字のため欠損金があります、それを利用して、その娘婿が経営する別の会社の社長は、自社の売上の一部を母の会社の売上と装って、自社の課税売上高を過小に申告しています、 また、母も実際は仕入れていない品物を仕入れたことにして、経理処理をし、その在庫が売れたたことにするやり方です 母の会社は欠...

  • 脱税になるのでは

    叔母が経営する会社は、毎年赤字のため欠損金があります、それを利用して、その叔母の親族が経営する別の会社の社長は、自社の売上の一部を叔母の会社の売上と装って、自社の課税売上高を過小に申告しています、 これは明らかに脱税ではないでしょうか? 叔母と親族の会社はまったく違う会社です

  • 脱税について

    現在働いている会社で脱税があります。 ダミー会社を設立しておりそこで脱税をしてますがいつまにか脱税しているダミー会社の社員になってました。 普通に働いていますが片棒を担がされている可能性があり不安です。 そこで質問なんですが捕まるとすればどこまで捕まりますか? 自分は経理を担当しており事実は確認してますが、指示...

  • 脱税のケースについて。これは脱税にあたりますか?

    姉が経営する株式会社は、売上の全部、または一部を、姉の親族が経営する別の会社の売上と偽って、在庫なども虚偽の記載をし、自社の売上高を過少に申告しています。 在庫も実際は親族の会社の在庫ではありません。親族の会社は、この在庫分があるように記載し、決算書を提出しています。 これは脱税にあたりますか?

  • 脱税ですか。これは脱税ですか?

    知り合いが株式会社を経営し、お姉さんと奥さんを会社取締役にしています。しかし、取締役の二人は全く経営に関与もしていないし、責任能力もありません。お姉さんと奥さん名義の口座に役員報酬は振り込んでいますが、その口座の通帳とカードを自分で持っているので、実際は払われておらず、自分のおこずかいになっています。これは脱税...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 会社にバレず「ネイリストの副業をしたい」、...
  2. 全国知事会「宿泊税の法定化」検討へ…「法定...
  3. マッサージ代も対象になる? 医療費控除を申...
  4. フリーランス「開業届」を提出するメリット、...
  5. どれくらい税金が戻る?  確定申告で数百万...
  6. お金を貯めたいけど、つい使ってしまうあなた...
  7. ふるさと納税、「転売禁止」の返礼品をネット...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。