弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脱税

法人登録していない団体のホームページの記載内について

カウンセリング団体を立ち上げようとしています。

こんにちは。

現在、数名でカウンセリング団体を立ち上げようとしています。
まだ法人化はしておらず、任意団体って形で活動を始めようとしている段階なのですが、クライアントの立場に立って考えてみると 「やはり料金体系が気になるだろうからホームページに記載は必要じゃないか?」

という話しになりました。
すると、メンバーの1人の行政書士の方が

料金を提示すると営業行為になりますので、所在を決めてそこの管轄の税務署に事業開始の届け出が必要です。個人も法人も同じです。それをしないと脱税行為です。私は国家資格の懲戒も受ける恐れも出ますので、その場合は抜けざるを得ません。
ハッキリした料金じゃなく目安の金額なら大丈夫です。

とおっしゃいました。
ホームページに料金体系を載せるのは法律的に問題あるんでしょうか?
また、この方のおっしゃっている事は正しいんでしょうか?
他に法律に詳しい人間がいない為 投稿させて頂きました。
ご回答よろしくお願いします
しばらくは、団体を作っても契約は団体内のカウンセラー個人とクライアントでの契約という形にしろと行政書士の方に言われたのでそうしようとしてるのですが。

色々 必要な手続きがあったら教えて頂けたら嬉しいです
ホームページに料金体系を掲載するか否かではなく、カウンセリングを事業として行っている場合は事業開始届出書を提出する必要があります。
一般的に、事業として行っているか否かは、物的・人的施設の有無、他の本業の有無、利得獲得の安定性の有無等を考慮して総合的に判断されます。
カウンセリングを本業とされるおつもりであれば、税理士さんとご相談された方が良いかと思います。
お返事ありがとうございます。
皆仕事をしているので、あくまで副業としていくつもりです。
事務所等の場所も今はまだ決まっておりません。
個人がクライアントと契約してやっていく際も届け出が必要なんでしょうか?

また、その行政書士さんはカウンセラーとしてホームページを立ち上げてカウンセラーとしてクライアントから仕事を受けて料金を貰っているのですが 行政書士のコンサルタント料として処理していると言っていました。
それは問題ないのでしょうか?
お返事ありがとうございます。
皆仕事をしているので、あくまで副業としていくつもりです。
事務所等の場所も今はまだ決まっておりません。
個人がクライアントと契約してやっていく際も届け出が必要なんでしょうか?

また、その行政書士さんはカウンセラーとしてホームページを立ち上げてカウンセラーとしてクライアントから仕事を受けて料金を貰っているのですが 行政書士のコンサルタント料として処理していると言っていました。
それは問題ないのでしょうか?

プヨプヨさん
2016年03月27日 17時25分

みんなの回答

プヨプヨ さん (質問者)

2016年03月27日 17時35分

坂尾 陽
坂尾 陽 弁護士
弁護士が同意2
ありがとう

2016年03月28日 18時14分

プヨプヨ さん (質問者)

2016年03月28日 18時19分

プヨプヨ さん (質問者)

2016年03月29日 20時04分

この投稿は、2016年03月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 脱税してる人を国税局や税務署の人が逮捕とかできないんですか?

    脱税してる人を国税局や税務署の人が逮捕とかできないんですか? 脱税してて逮捕される場合は、警察署の人が家まで来るんですか?国税局や税務署の人ではなく。

  • 脱税になるのでは

    叔母が経営する会社は、毎年赤字のため欠損金があります、それを利用して、その叔母の親族が経営する別の会社の社長は、自社の売上の一部を叔母の会社の売上と装って、自社の課税売上高を過小に申告しています、 これは明らかに脱税ではないでしょうか? 叔母と親族の会社はまったく違う会社です

  • 脱税ではないか

    母が経営する会社は、毎年赤字のため欠損金があります、それを利用して、その娘婿が経営する別の会社の社長は、自社の売上の一部を母の会社の売上と装って、自社の課税売上高を過小に申告しています、 また、母も実際は仕入れていない品物を仕入れたことにして、経理処理をし、その在庫が売れたたことにするやり方です 母の会社は欠...

  • 脱税について質問です。その脱税をしていた時の社長ですか?

    法人が脱税をしていることが税務署に知られてしまった場合、誰が処罰や事情聴取されるのでしょうか? その脱税をしていた時の社長ですか?違う人間が社長に就いていた場合その新しい社長ですか?

  • 脱税について

    現在働いている会社で脱税があります。 ダミー会社を設立しておりそこで脱税をしてますがいつまにか脱税しているダミー会社の社員になってました。 普通に働いていますが片棒を担がされている可能性があり不安です。 そこで質問なんですが捕まるとすればどこまで捕まりますか? 自分は経理を担当しており事実は確認してますが、指示...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 「シャッター商店街」空き店舗が残り続ける理...
  2. 自宅で眠っているお酒を「フリマアプリ」で販...
  3. 「レクサス」を頻繁に買い換える個人事業主、...
  4. 「社長の愛人」勤務実態がないのに月給20万円...
  5. 教育財源を保険で捻出、自民若手「こども保険...
  6. 親が自分名義の口座で積み立てた「600万円」...
  7. 会社にバレず「ネイリストの副業をしたい」、...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。