弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

脱税

領収書を出さないお店

領収書発行についてですが、
あるお店で高額な買い物をしましたが、
(金額にして1000万円)
そのお店はまとまった領収書はだぜないので、毎年150万円ずつくらい、小出しにほかの名目で、領収書切りますから、それを渡しますと言ってきました。商品代ではなく修理代や、飲食代など、そのお店が使った経費の領収書のようです。
それを数年かけて、少しずつ経費にしてくださいと言われましたが、このやり方は違法ではありませんか?
それを数年かけて、少しずつ経費にしてくださいと言われましたが、このやり方は違法ではありませんか?
・脱税と思われます。
支払いをした者は、支払いを受領した者に対して領収証などの受取証書の交付を請求することができます(民法486条)。
領収証の交付と代金支払いは同時履行の関係にあるとされているので、領収証を交付しないなら代金を払わないという抗弁が成り立ちます。
発覚しても修正申告などで済み、事件が質問者様に及ぶことはまずないと思われますが、形式的には脱税の共犯になるおそれがあります。支払ったとおりの領収書を要求すべきでしょう。

一網打尽さん
2016年02月24日 08時43分

みんなの回答

大和 幸四郎
大和 幸四郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 佐賀県1
ありがとう

2016年02月24日 08時52分

梅村 正和
梅村 正和 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県6
弁護士が同意1
ありがとう

2016年02月24日 08時58分

この投稿は、2016年02月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

この相談に近い法律相談

  • 飲食店の脱税の告発について

    かつてとあるラーメン屋で勤務していたんですが、そのラーメン屋は券売機の売り上げしか税金申告していません(1日あたりの売り上げは3万円ほど)しかしそのラーメン屋は中国からの旅行団体を接待しており、1ヶ月約100団体、約200〜300万円の売り上げを税金申告していません!これが3年間続いてます また、店の名義は店主の奥さん名義...

  • 架空の高額の領収書を切るリスクについて

    元請けの会社に、1000万円の領収書を切ってくれと言われました。 どのようなリスクがありますか。 又、元請けはどのようなメリットがありますか。(具体的に) 私自身の申告にどのような影響がありますか。

  • 領収書を発行しない整体について

    都内の某一等地にある整体に行ったのですが、初診料20000円治療一回につき10000円という非常に高い整体治療院なのですが、なぜか領収書を一切発行してくれないのです。腕はかなりいいようなのでそれでもガマンして通っているのでしょうが、これではいくらでも脱税できてしまいませんか?またこういったことが社会的に許されるのでしょう...

  • 領収書を他人に譲渡、売買するのは違法?

    自分がタクシーやコンビニでもらった無記名の領収書を、メルカリというインターネットの個人売買サイトを通じて他人に売る場合、領収書を売った側はどんな罪になりますか? 買った人に対する、犯罪の幇助や示唆にあたりますか?

  • 経費について。これは問題では?

    自営業の職場ですが、よくお店のものとして自宅の食料品を注文しています。注文した品物はお店の注文と一緒に支払いをしています。また他にもお店の物として支払いをしている可能性もあり、これは脱税に当てはまりますか?また知人の方に金額欄空白の領収書を渡していました。知人の方が飲食された時は毎回領収書は出しています。これは...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟・行政事件に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

税務訴訟のニュース

  1. 「シャッター商店街」空き店舗が残り続ける理...
  2. 自宅で眠っているお酒を「フリマアプリ」で販...
  3. 「レクサス」を頻繁に買い換える個人事業主、...
  4. 「社長の愛人」勤務実態がないのに月給20万円...
  5. 教育財源を保険で捻出、自民若手「こども保険...
  6. 親が自分名義の口座で積み立てた「600万円」...
  7. 会社にバレず「ネイリストの副業をしたい」、...

活躍中の弁護士ランキング

税務訴訟・行政事件の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。