舛本 行広弁護士 ますもと ゆきひろ

舛本 行広弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
不動産・建築
全国 24
山口県 1

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名148 件/匿名:0件

1 回収可能性について弁護士と協議したうえで、着手金を低くする分、回収した時の成功報酬の割合を上げる・・・例えば、上記の事例で、着手金を20万円にするけど、報酬金を回収した額の15パーセントにしまし...

回答日 2020年02月06日 18:52
この回答がある質問
契約・借用書

1 ご本人が、簡易裁判所で、支払督促か少額訴訟をなさるべき事案かと思います。 2 金額と労力に見合いうかどうかはご本人の判断ですが、裁判所で手続利用のための相談くらいは乗ってもらえると思います(雛...

回答日 2020年02月05日 18:56
この回答がある質問
時給

1 まず、調停に出席するか否かは相手方のご自由です。無視すれば不成立で、調停が前置されたことになり、離婚訴訟に進まざるを得ません。 2 また、代理人が選任されている場合、調停離婚を成立させる期日を...

回答日 2020年02月04日 19:08
この回答がある質問
国際・外国人問題

1 「ライター売り場で試しに火をつけた」「誤って値札に火」「商品は一切燃えませんでした」ということですので、「店長等の責任者に」「やってしまったことが伝わっ」ったとしても、これで被害届などを出してい...

回答日 2020年02月03日 19:36
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

内容証明で退職の意思表示をされればよいですし、どうしてご本人でむつかしければ弁護士の退職代行サービスを利用されればよいかと思います。

回答日 2020年01月30日 21:24

試用期間はいわゆる「期間」の定めではなく、すでに無期の労働契約が始まっていていると通常は考えます。ですので、通常の無期の労働契約と同様、解約の意思表示さえすればそれから2週間で退職できます。「辞めさ...

回答日 2020年01月30日 20:10

 「意識不明の重体」との結果は重大ですが、他方で「奇跡的に一命を取り留め今は普通に生活されてい」るとのこと。事故態様についてはよくわかりませんが、同種前科も15年も前ということですね。  取り調べ...

回答日 2020年01月29日 18:53
この回答がある質問
交通事故

可能です。 提出するとともに請求の趣旨の拡張の申し立てをしてください。

回答日 2019年11月19日 11:46

1 調停は話し合いですので、立証を求められているわけではありません。 2 ですので、相手方の証拠の存否や存在していたとしてそれを提出しない理由はわかりません。  3 「金額次第で」というのもわか...

回答日 2019年11月14日 19:07
この回答がある質問
調停離婚

ご立腹のところでしょうしお見舞い申し上げます。 ですが、記載の事情だけでは公然性が欠けるため難しいと思います。

回答日 2019年11月13日 19:26
この回答がある質問
マンション

1 記載の事情だけからしかわかりませんが、知人や母親のいずれの「収入」の資料の提出は必要ないでしょう。 2 ただ、知人宅に居住ということですので、家計収支表の添付資料として公共料金の支払い疎明のた...

回答日 2019年11月13日 18:05
この回答がある質問
借金

1 証拠の標目(つまり、名前)、原本写しの別(原本があるのかコピーしかないのか)、作成年月日、作成者、立証趣旨(その証拠によって立証したい事実)を記載します。 2 特段アポは必要なく、期日までに、...

回答日 2019年11月07日 21:15
この回答がある質問
少額訴訟

1 大変な目に遭われましたね。まずは、お見舞い申し上げます。 2 医療訴訟に実績のある弁護士も多くいらっしゃるでしょうし、まずは、個別にご相談されることをお薦めします。

回答日 2019年11月07日 19:39
この回答がある質問
医療

>「所有権は信用保証協会、抵当権は金融機関」  記載の情報が確かならば、あなた様家族が、家を占有している根拠は(信用保証協会との間でなんらかの占有権原が設定されているのでないかぎり)、なんらないは...

回答日 2019年11月06日 20:33
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

1 人間はどこかに居住しなければならないものです。もちろん、認められます。 2 ただし、お兄さん差し入れた敷金はあなたの財産と評価されることになります。   「かなり簡易的なものではあります」と...

回答日 2019年11月06日 20:21

1 おそらく、名前を連ねているだけでしょうから、メリットもデメリットもないでしょう。 2 また、法テラスの回答どおり、費用は全く変わらないはずです。 3 あなたの事件を実際に担当している弁護士と...

回答日 2019年11月06日 19:53
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 支払い方法が月額5000~10000円で、法テラス同等の着手金報酬基準ということであれば、法テラスを通さないデメリットはないと思います。ですが、上の先生がおっしゃるとおり、「そこまでの細かい分割...

回答日 2019年11月06日 19:42
この回答がある質問
不倫慰謝料

免責不許可事由が存在しても、いわゆる免責調査型の管財事件となり、裁量免責になることが多いと思いますので、諦める必要はないと思います。

回答日 2019年11月06日 18:52
この回答がある質問
自己破産

1 退職金を請求できるのは退職金規定や退職金慣行がある場合です。 2 ですが、使用者は労働者に対して労働条件明示義務(労基法15条)を追っているので、求人票等に退職金制度ありとの虚偽の事実を記載し...

回答日 2019年11月06日 12:32

 上の先生と大筋同意ですが、このご相談は、弁護士ドットコムでの相談ではなく、弁護士に直接相談されるべき事案と思われます。

回答日 2019年11月05日 20:17

「児童自立支援施設に入った」だけで、以下の欠格事由にはあたりませんから、法律上の制限はないでしょう。ただし、司法修習終了後の採否については、通常の採否と同様、事実上の問題ですのでそれが障害にならない...

回答日 2019年11月05日 19:54
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 人間は永遠に生きるものではないので、お父様の遺産分割協議が整わないまま、お母様が亡くなられた場合、それ以降に、亡父、亡母二名の被相続人の遺産分割協議として兄弟3名で進めていくことになります。さし...

回答日 2019年11月05日 19:39
この回答がある質問
遺産分割

実母の負債の規模によって、取るべき対応は全く異なるでしょうから、きっちり弁護士に面談して相談されたほうがいいと思います。

回答日 2019年11月03日 18:14
この回答がある質問
共有持分

>あと事件名が債権存在確認請求事件となっており  給付請求(払っていくれという請求)ではないということですね。おそらく、債権者はあなたに対して給付請求をしても、執行が功を奏することがないとわかって...

回答日 2019年11月03日 17:28
この回答がある質問
借金

1 もし、5年以上返済されていないのであれば時効援用する旨の答弁書を提出してください。 2 時効援用が通らないような場合(たとえば、近い時期に最終弁済がある、10年以内に債務名義取られてる等)であ...

回答日 2019年11月03日 17:10
この回答がある質問
借金

● 【「依頼人にそう言われたから、」というだけで、やりたい放題な職務行為】  このご指摘は、請求を受けているご当事者さんからすれば、ある意味ごもっともだと思います。私も職業人としてそのような請求は...

回答日 2019年10月31日 19:53
この回答がある質問
内容証明郵便

1 請求に心当たりがないということですね。「法的責任を負う債務者だと一方的に断定され」ということですね金銭請求をされているということでよいでしょうか。 2 本当に請求に心当たりがないということであ...

回答日 2019年10月31日 18:26
この回答がある質問
内容証明郵便

1 婚約の成否 「結婚相談所で交際し、成婚退会をし・・・互いの両親に挨拶しに行った際、結婚を前提として同棲することと入籍予定月を伝え、了承を頂いたので、同棲し」ということですので、特段儀式的なこと...

回答日 2019年10月30日 22:17
この回答がある質問
同棲

1 前回の示談の内容も「どうなのか?」と、正直、思わないでもありませんが、そこは双方合意したことですしやむを得ません。 2 前回の示談が前提としている不貞期間が事実と異なるという点についてですが、...

回答日 2019年10月30日 20:27
この回答がある質問
不倫

普通郵便で特に問題ないと思います。

回答日 2019年10月30日 19:54
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 30 件を表示/全 148 件

弁護士法人森重法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5346-2738

※弁護士法人森重法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談