舛本 行広弁護士 ますもと ゆきひろ

舛本 行広弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
山口県 1

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名58 件/匿名:0件

可能です。 提出するとともに請求の趣旨の拡張の申し立てをしてください。

回答日 2019年11月19日 11:46

ご多忙で、先送りになっている可能性もあります。ご自身から連絡をとられればよいと思います。

回答日 2019年11月07日 08:18
この回答がある質問
傷害

1 人間はどこかに居住しなければならないものです。もちろん、認められます。 2 ただし、お兄さん差し入れた敷金はあなたの財産と評価されることになります。   「かなり簡易的なものではあります」と...

回答日 2019年11月06日 20:21

1 退職金を請求できるのは退職金規定や退職金慣行がある場合です。 2 ですが、使用者は労働者に対して労働条件明示義務(労基法15条)を追っているので、求人票等に退職金制度ありとの虚偽の事実を記載し...

回答日 2019年11月06日 12:32

1 人間は永遠に生きるものではないので、お父様の遺産分割協議が整わないまま、お母様が亡くなられた場合、それ以降に、亡父、亡母二名の被相続人の遺産分割協議として兄弟3名で進めていくことになります。さし...

回答日 2019年11月05日 19:39
この回答がある質問
遺産分割

実母の負債の規模によって、取るべき対応は全く異なるでしょうから、きっちり弁護士に面談して相談されたほうがいいと思います。

回答日 2019年11月03日 18:14
この回答がある質問
共有持分

1 婚約の成否 「結婚相談所で交際し、成婚退会をし・・・互いの両親に挨拶しに行った際、結婚を前提として同棲することと入籍予定月を伝え、了承を頂いたので、同棲し」ということですので、特段儀式的なこと...

回答日 2019年10月30日 22:17
この回答がある質問
同棲

1 前回の示談の内容も「どうなのか?」と、正直、思わないでもありませんが、そこは双方合意したことですしやむを得ません。 2 前回の示談が前提としている不貞期間が事実と異なるという点についてですが、...

回答日 2019年10月30日 20:27
この回答がある質問
不倫

>事務員から和解を勧める様な連絡も来ます。  具体的内容をお聞きしてないのでわかりませんが、通常こういったことはないと思います。  受任弁護士と胸襟を開いて、お話しされたほうが良いと思います。弁...

回答日 2019年10月29日 22:13
この回答がある質問
離婚・男女問題

>弁護士特約を使いたいと思い自分の保険会社に連絡しましたが、慰謝料等の割合の問題が出るので弁護士を紹介できないと言われた  弁護士特約がついているのであれば、保険会社が紹介できようができまいが、ご...

回答日 2019年10月26日 23:22
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

1 おそらく繊細でまじめな方なのだと思います。 2 もちろん、人様に迷惑をかけてしまったことは間違いありません。 3 ですが、(客観的にわずかでも法的責任がないのかどうかということは別にして)、...

回答日 2019年10月26日 20:31
この回答がある質問
マンション

1 少し荒っぽい説明になりますがご了承ください。 2 刑事で詐欺罪が成立するためには、支払いの意思も能力ないのにあるかのように装って、財物・財産上の利益を移転させることが必要です。そうでなければ、...

回答日 2019年10月25日 19:33

>刑事で認められるわけがないような事案(バカ程度の悪口)  内容がわからないので、「なんとも…」というところですが、そのように感じていらっしゃるのであれば、民事的にも刑事的にも徹底的に争われたよい...

回答日 2019年10月23日 21:01

一般論ですが、本人訴訟の相手をするのは、弁護士も往生するものです。 本当に困りますよね。 1 さて、ご質問の件ですが、法的に意味のありそうな事実主張の箇所については一応丁寧に認否すればよいと...

回答日 2019年10月23日 20:28
この回答がある質問
通常訴訟

>一般的にどれくらいかかるのでしょうか?  一般論ですが、「頚椎捻挫」「通院期間は2019.3〜9の6ヶ月間」とのことですので、あなたから、後遺障害認定の申請があるのか否かによって「どれくらいかか...

回答日 2019年10月20日 19:47

月額を「7万円引かれる」ということではなく、月額7万円(年収84万円)程度があることを前提に算定表から算定しましょうという提案でしょう。 ご主人の収入とあなたの年収をもとに算定表を見てみてください...

回答日 2019年10月20日 19:22
この回答がある質問
婚姻費用

1 退職の自由 (1) 期間の定めのない労働契約の場合つでも解約の申し入れをすることができ,この場合,解約の申し入れの日から2週間を経過することによって契約は終了します(民法627条1項)。 (...

回答日 2019年05月25日 16:13
この回答がある質問
退職 損害賠償

❶ いきなりお固いところから申し上げますと,法テラスで決定を受けた所定の金額以外に依頼者から金銭を受け取ることは禁止されており,これに違反した場合は処分の対象となります。著名な弁護士が,これに違反し...

回答日 2019年05月16日 04:52
この回答がある質問
法テラス

❶ それだけで,事業主が罰せられるということはないでしょう。 ❷ 試用期間は,双方のマッチング的な意味合いもあるため,本採用後の解雇よりも有効性が認められやすいことはあります。ただ,労働契約自体は...

回答日 2019年05月16日 04:25
この回答がある質問
不当解雇

 平成26年会社法改正により,責任限定契約の対象となる役員等が拡大されましたが,改正前・後をとわず,業務執行取締役でない社外取締役との間で責任限定契約を締結することは可能なはずです。  さて,具体...

回答日 2019年05月15日 20:07
この回答がある質問
株主総会

❶ 「先生方で契約に向けてと言われて、断った相談者の方がいるのかなど教えてください。」   そのような方は大勢いますし,最終的に弁護士の側でも相談者との相性や相談・依頼内容などで,自分以外の弁護士...

回答日 2019年05月15日 19:44
この回答がある質問
離婚手続き

1 まず,我が国では信教の自由が保障されていますし,お布施や寄付をするのも基本的には当人の自由です。 2 とはいえ,「とうとうマンション(母親名義)を売却し、アパートへの転居を考えていることが判明...

回答日 2019年05月14日 20:51

1 このように回答すると驚かれるかもしれませんが,①相手方代理人にとって当該事案の優先順位が低いか,②多忙のため失念している,くらいのことでしょう,「何かしらすらの策略」ということはないでしょう。相...

回答日 2019年05月14日 20:14

Q‐❶ こちらの希望を伝えて、相手は検討しますとのことでしたが、明日の朝出廷が決まっているのですがこの状態では明日和解が成立にはならないでしょうか?それとももう和解条項案がある程度固まっているので、...

回答日 2019年05月08日 19:04

1 期間の定めのある建物賃貸借契約の更新拒絶には,期間満了の6か月前までの更新拒絶の意思表示と,更新拒絶の正当事由が必要です。 2 正当事由があるか否かは,当事者双方の様々な事情を考慮要素にして判...

回答日 2019年04月23日 20:23
この回答がある質問
立ち退き料

 残業代に関するご相談者様の相談履歴からの,会社法429条に関する相談ということは,未払い残業代請求に付随して取締役の第三者責任の追及しようと検討なさっている場面でしょうか。 1 労働基準法上...

回答日 2019年04月23日 19:56
この回答がある質問
組織・機関

1 (祖母からの個人的な借り入れがかなり多いので、管財になります。)  純然たる個人破産であれば,管財事件になるか否かは通常,①処分換価な財産があるか否か,②現在に至るまでの経緯にスクリーニングが...

回答日 2019年04月19日 00:25

 「何かしらご教示」ということなので,法律相談ということではなく単純な相談というかぎりでお答えいたします。  「店で別れました(後日談で友人より判明)。」「その後、日をまたいで2時間程度その界隈に...

回答日 2019年04月14日 22:21
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

 ご相談者様の言い分だけからなので,実際どうかは正直分かりませんが,記載の事情だけからお答えします。 1 奥様が弁護士委任するには費用もかかりますし,決心も必要でしょうから,現象だけをとらえれ...

回答日 2019年04月14日 22:00

>獣医の過失が認められる可能性はどのくらいなのでしょうか? 1 こればかりは,質問の記載情報だけからは,なんとも判断できる要素はありません。 2 ですが,一般的に,獣医も含め専門家の法的責任に関...

回答日 2019年04月14日 20:29
この回答がある質問
ペットのトラブル

1 - 30 件を表示/全 58 件

弁護士法人森重法律事務所へ問い合わせ
電話番号 050-5346-2738

※弁護士法人森重法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
対応地域
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談