お気に入りに追加
小泉 真一弁護士

( こいずみ しんいち ) 小泉 真一

不動産・建築

分野を変更する
【当日/休日/夜間相談可】建築士との連携で専門知識を駆使して迅速かつ合理的な解決策の提案をいたします。交渉・訴訟は弁護士にお任せください。欠陥/瑕疵の問題/借地権/契約トラブル/明け渡し/賃料交渉など
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所

落ち着いて打ち合わせができるよう、緑や青を基調としたインテリアにしています

不動産・建築の取扱分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

建築紛争に関する示談交渉・調停・訴訟手続をはじめ、
明け渡しや賃料更新など不動産トラブル全般を取り扱っております。

建築士との連携で建築技術的な領域にも迅速かつ正確にアプローチし、
目には見えない「時間」「費用対効果」を意識した合理的な解決策の提案に努めております。

◆ 当事務所の強み ◆
①不動産・建築における専門的知見が豊富
不動産オーナー側、賃借人側、双方の代理人としての経験が多数あり、各種問題の見通しを立てた上で適切な解決策を提案いたします。

また、欠陥(瑕疵)の問題についても、施工業者側・施主側双方の立場で訴訟、交渉等を経験しており、費用対効果を見据えた上での合理的解決策を提案いたします。
欠陥問題の調査については、協力建築士との連携・建築知識を有するスタッフの活用等により早期の問題の適切な把握に努めております。

②当日・休日・夜間であっても迅速対応
日々刻々と変化する状況下において迅速に対応できるよう、ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間を問わずに柔軟にお受けしています。ご面談日時を調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

③対応方針
費用対効果、時間の問題を意識した解決策を依頼者に納得いくまで説明いたします。

◆よくあるご相談◆
・賃料の滞納が続いており、建物の明渡しの請求をしたい。
・建物収去・土地明渡し 建物退去の際の原状回復の範囲について交渉をしたい。
・設計図面と異なる施工がなされており、欠陥工事ではないか(施主側)
・施主側の過剰なクレームに対応できない(施工者側)
・土地売却に関する条件を調査したい

◆事務所ホームページ◆
https://koizumi-law.com/

◆アクセス◆
最寄駅
 南海和歌山市駅より徒歩10分
 和歌山市役所前バス停徒歩2分(和歌山市役所すぐ)
※詳しくは、ホームページ掲載のアクセス欄をご確認ください。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 5万円~(税別)
*文書作成、内容証明作成等の場合
報酬金 30万円~(税別) 
*訴訟等の場合
備考 当事務所HPの「弁護士費用について」をご確認ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(3件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

建物の退去請求(オーナー側)

  • 借地権
依頼主 60代

相談前

長年貸している長屋に関し退去を求めたいが、どのように交渉すればよいか、どういう手段があるのか相談された。建物自体は相当老朽化が進んでいた。

相談後

所有者の相続関係が複雑であったため、まず相続関係を整理し、誰が退去を求める主体となるかを決定。その上で、当初は内容証明での請求となったが、交渉が進まないため、裁判所に調停を起こした。その結果、相手方にも代理人がつき、調停の上で、和解解決(退去と解決金の支払)に至った。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

建物の退去をめぐる問題は、借地借家法(あるいは旧借家法)という特別の法律により、借り主側に有利となっているケースが多く見受けられます。こうした条件を適切にみすえて、費用対効果、時間の問題も意識して、オーナー側は適切な手段を選択していく必要があります。また解決金の相場についても専門家の判断が必要となってきます。

不動産・建築

特徴をみる

不動産・建築の解決事例 2

建物建築工事の欠陥(施主側)

  • 欠陥住宅
依頼主 50代

相談前

新築住宅の請負工事に関し、多くの欠陥(瑕疵)や設計図書との不適合が見られた。工事のやり直しや賠償を求めたが、話し合いで解決にいたらない。

相談後

相手方との交渉は進展せず、訴訟(裁判)提起。建築士の協力を得て調査し、欠陥(瑕疵)を立証。訴訟における和解(解決金支払)で決着した。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

新築住宅に関し、調査の結果多数の欠陥がみられたケースです。このケースでは、相談者自身の交渉から訴訟上の和解まで3年を超える期間がかかりました。このように建物の欠陥をめぐる紛争は、解決まで長期間を要するケースがあります。事前予防の手段が必要とされる分野です。

不動産・建築

特徴をみる

不動産・建築の解決事例 3

施工業者に対するクレーム(施工業者側)

  • 欠陥住宅
依頼主 50代

相談前

リフォーム工事に関し、工事の結果、リフォーム前には見られなかった現象が見られるようになったという多数のクレームを、施主側から受け、対応策に苦慮した。

相談後

施主側と交渉の結果、一定程度の解決金支払で合意。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

リフォーム工事に関しては、元々の状態がどうであったかの調査や記録がなされていないことも多く、また工事の範囲に関する合意が曖昧なまま進められ、工事代金や完成後の状態についてトラブルが生じることがあります。施主側、施工業者側双方とも、着工前の調査や契約に関するチェック、工事期間中の確認作業が必要となります。

不動産・建築

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【初回無料相談】【法テラス利用可】【弁護士特約利用可】示談交渉、後遺障害等級認定、自賠責保険金請求、損害賠償請求等に重点的に取り組んでおります。物損事故・人身事故・高次脳機能障害等豊富な取扱経験あり。
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所

落ち着いて打ち合わせができるよう、緑や青を基調としたインテリアにしています

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

事故直後から、後遺障害申請、異議申立、示談交渉まであらゆる段階のご相談を受け付けております。

交通事故を人生で初めて経験される方が多数です。
その方たちに対して分かりやすい説明と、質問し易い対応を心掛けています。

◆ 当事務所の強み ◆
①豊富な取扱実績
物損事故の過失割合を巡る交渉から、複雑な後遺障害に関する事案まで多種態様な交通事故案件を常時複数件数扱っております。
交通事故案件は定型的な扱いがなされがちですが、実は各事故ごとに複雑な法的問題が含まれているのです。
ご相談者の実情、ご希望に応じた適切な解決・賠償を得られるよう尽力いたします。

②当日・休日・夜間であっても迅速対応
日々刻々と変化する状況下において迅速に対応できるよう、ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間を問わずに柔軟にお受けしています。ご面談日時を調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

③ご相談者のご希望を第一に
ご相談者が、何を一番に希望されているかを、ご相談者の実情に合わせて伺い、それが達成可能か、達成が難しい場合、別の選択肢がないかを提案させていただきます。

◆よくあるご相談◆
・物損事故の過失割合について知りたい。
・治療の打ち切りを通知されているが、納得できない。
・保険会社の提示額が妥当な内容なのか知りたい。
・交通事故によるケガで収入を得られず困っている。
・通勤災害(労災)と保険会社に対する請求との関係はどうなるのか。
・相手方が任意保険に入っておらず、自己が加入する人身傷害保険を先に利用したいと思っているが、そのような場合の賠償はどうなるのか。

◆弁護士特約利用可能◆
弁護士特約とは弁護士に依頼する費用を保険会社が負担してくれるものです。
自動車保険に弁護士特約がついていらっしゃる方は、ご利用が可能ですので、ご相談までに加入されている任意保険の内容をご確認ください。

◆事務所ホームページ◆
https://koizumi-law.com/

◆アクセス◆
最寄駅
 南海和歌山市駅より徒歩10分
 和歌山市役所前バス停徒歩2分(和歌山市役所すぐ)
※詳しくは、ホームページ掲載のアクセス欄をご確認ください。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごと5,000円(税別) 
※初回30分まで無料相談あり
着手金 10万円~(税別)
報酬金 30万円~(税別)
備考 ・当事務所のHPの「弁護士費用について」をご確認ください。
・弁護士費用特約利用可能です。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

裁判によらず示談交渉で適切な賠償を得られたケース(交差点での接触事故)

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 50代

相談前

保険会社が提示する示談金額が適切かどうかが不明であり、保険会社側は過失相殺の主張もしてきた。

相談後

弁護士会照会等を利用し、被害者側の過失がないことを証明できた。保険会社側と交渉した結果、訴訟提起する場合と比較しても遜色ない賠償額を得られた(当初保険会社提示額数百万円の数倍にあたる1000万超の金額)。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

裁判を起こすことも視野にいれ、実際に訴訟準備も行いましたが、保険会社側代理人との交渉が早く進み、迅速に適切な賠償額を得られる結果になりました。当初は相談者ご本人が相手方保険会社と交渉されていましたが、弁護士介入することにより、調査等を実施し、賠償金額が当初提示額から数倍に増額することができ、事故発生日からの時間経過を考慮しても、相談者が満足を得られる結果となりました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

後遺障害等級認定と適正な賠償額を得られたケース(追突事故)

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代

相談前

保険会社より治療費の打ち切りがなされた後、示談額の提示がなされたが、相談者が感じる後遺障害が存在しないという前提での提示であったため、納得ができないということであった。

相談後

治療期間や自覚症状、当初画像所見等を分析し、被害者請求により後遺障害等級認定の請求を行い、14級の認定を受けた。その後、14級等級認定をもとに保険会社と交渉、適切な賠償額の提示に至った。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

事故後の画像所見(レントゲン)、診断書、治療期間、ご相談者の自覚症状から等級認定を得られるケースであると判断しました。その後の賠償額交渉には一定期間を要しましたが、ご相談者も納得する解決になりました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

物損事故での過失割合

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 60代

相談前

出会い頭の衝突事故。相手方本人が自損自弁(それぞれが自分の修理費用を負担することで解決すること)を主張したが、客観的にみた過失割合と著しくかけ離れていたため、相談に来られた。

相談後

相手方保険会社と交渉の結果、当方主張に沿う過失割合で決着した。

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

相手方保険会社と相手方本人との協議が上手く進まず、当方側との交渉も難航しました。裁判を視野にいれて交渉した結果、相手方本人が当方側主張に沿う形での示談に応じました。

交通事故

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【単発案件可】【民間企業勤務経験あり】ご相談者の方の立場にたった弁護を心がけています。労働問題・契約/取引条件チェック・債権回収・事業計画見直しなどに特に注力しています。
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所
小泉真一法律事務所

落ち着いて打ち合わせができるよう、緑や青を基調としたインテリアにしています

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

◆ 当事務所の強み ◆
①幅広く総合的な解決を図ります
業界問わず、下記のような様々な案件を取り扱ってきました。
・契約書の作成やリーガルチェック
・人事労務
・債権回収
・商標・著作権
・新規事業見直し
・M&A、事業承継
また税理士、司法書士、社労士、建築士等の各種専門家と連携、協同した総合的な解決策を提示することにも力を入れています。

②当日・休日・夜間であっても迅速対応
日々刻々と変化する状況下において迅速に対応できるよう、ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間を問わずに柔軟にお受けしています。ご面談日時を調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

③事業会社勤務の経験も生かした感覚で、ご相談者様に寄り添った解決方法をご提案いたします
事業会社勤務(新興企業の総務会計)の経験もありますので、「時間」という目に見えない貴重な資源を意識した、合理的な解決策を提示することに努めています。

◆よくあるご相談◆
・契約条件のチェック(下請法、独禁法上問題があるか)
・パワハラ、セクハラに基づく損害賠償請求(訴訟、労働審判対応)
・労働条件・未払賃金請求・解雇問題に関する対応
・不動産契約(賃貸条件、明渡し条件)に関する相談
・IT関連契約に関する相談

◆弁護士費用について◆
企業法務に関する問題は複雑多岐な経緯が原因であることが多く、お話を伺うのに十分な時間と質、準備を確保するために、相談料は1時間1万円(税別)とさせていただいております。
定額の顧問契約だけではなく、契約書作成・リーガルチェック等の単発の案件も可能です。
セカンドオピニオンのご相談にも対応いたします。

◆事務所ホームページ◆
https://koizumi-law.com/

◆アクセス◆
最寄駅
 南海和歌山市駅より徒歩10分
 和歌山市役所前バス停徒歩2分(和歌山市役所すぐ)
※詳しくは、ホームページ掲載のアクセス欄をご確認ください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)
着手金 5万円~(税別)
*文書作成、内容証明作成等の場合
報酬金 30万円~(税別)
*訴訟等の場合
備考 当事務所HPの「弁護士費用について」をご確認ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

労働問題(退職) 企業側

相談前

企業内の労働者同士のトラブル、仕事上のミスの多発、就業規則違反を繰り返す社員への対応

相談後

当該社員に対する適切な指導方法、記録の取り方や裁判・労働審判を見据えた対応策をとった

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

労働問題は問題が深刻化する以前の早期の対応が必要となります。また労働審判は裁判と違い、一般的に使用者側の準備期間は極めて短く対応が困難になります。普段から費用対効果を意識した最終的解決策を念頭に置いた対応が重要となります。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

IT関連ソフト開発契約に関する取引条件

  • IT・通信

相談前

開発者(小規模事業者)にとって不利とみられる契約条件があり、相談に来られた

相談後

当該取引条件に関し、下請法、独禁法上の問題点を指摘し、発注者側と交渉したところ、法令に沿った開発者側も納得できる条件に変更された

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

近年、取引条件に関し、中小企業庁や公正取引委員会により調査や改善勧告、指導が行われる事例が増加しています。受注者となる中小企業においても契約条項のチェックが必要です。一方で、中規模企業においては発注者側としての注意も必要となります。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

著作権法における動画の取扱いについて

  • エンタテインメント
  • IT・通信

相談前

新規事業を行うにあたり動画の取扱いについて、著作権法上の問題がないかの事前調査が必要となったケース

相談後

調査の結果、当初構想していた動画の利用方法では、著作権法上問題が発生するリスクがあることがわかり、方法を変更することになった

小泉 真一弁護士からのコメント

小泉 真一弁護士

近年、インターネットやIT技術の利活用が急速に進み、手軽に動画等を扱える時代になりました。それは企業活動の拡大にとって大きなメリットがありますが、一方で権利関係の処理は複雑な問題が絡むことがおおく、新規事業において思わぬリスクを抱えることもあります。事前の法務チェックの必要性が高まっています。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
小泉真一法律事務所
所在地
〒640-8155
和歌山県 和歌山市九番丁10 九番丁ビル5階
最寄り駅
南海和歌山市駅から 徒歩10分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL
所属弁護士数
1 人
所員数
1 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5259-4941

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
小泉真一法律事務所
所在地
和歌山県 和歌山市九番丁10 九番丁ビル5階
最寄駅
南海和歌山市駅から 徒歩10分

小泉 真一弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-4941
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
  • 土曜09:00 - 12:00
定休日
日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00~18:00です。土曜日は、事前のご連絡が必要となる場合があります。

対応地域

経歴・資格
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
英語