現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
西川 文雄弁護士

( にしかわ ふみお ) 西川 文雄

弁護士法人西川総合法律事務所

交通事故

分野を変更する
多数の交通事故案件を扱ってきた交通事故に精通した弁護士が対応します。
保険会社の示談提案額からどのくらい損害賠償額が増額されるか,是非一度,ご確認ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 完全成功報酬あり

交通事故の被害に遭われた際,損害賠償の交渉の相手方は,通常,保険会社となるでしょう。そして,その損害賠償額は,保険会社が提示する「基準」なるものに基づき提示されるのが通常です。
しかし,特に人身事故の損害賠償については,損害賠償額算定の「基準」は,保険会社の「基準」が絶対的という訳ではありません。交通事故における損害賠償額算定の「基準」は,実は3つあるのです。それは,①自賠責基準,②保険会社の任意保険基準,③弁護士基準(裁判時に採用される基準)の3つになります。
このうち,算定される損害賠償額は,①自賠責基準が最も低額になり,③弁護士基準が最も高額となります。②保険会社の任意保険基準は,各保険会社の内部基準であり,一般にはあまり公表はされていませんが,①自賠責基準を若干上回る程度のものといわれています。
交通事故の被害者に遭われた方は,不自由な体,怪我の苦痛,治療の時間など,お金では代えがたい苦しみを負っておられることと思います。その上,金銭賠償すら低額に算定されてしまう「自賠責基準」,「保険会社の任意保険基準」に基づいて安易に示談をしてしまうことは,交通事故被害の苦しみを倍増させてしまうことにもなりかねません。示談をされる前に,一度,弁護士にご相談をされることを強くお勧めいたします。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回の相談料は無料です。
2回目以降は30分5000円(税込)です。
着手金 賠償額を回収した後の「後払い」を原則としています。
300万円以下の部分は8%
300万円を超え3000万円以下の部分は5%
3000万円を超え3億円以下の部分は3%
3億円を超える部分は2%
となります(消費税別)。
成功報酬 賠償額を回収した後に回収した賠償金で精算することを原則としています。
300万円以下の部分は16%
300万円を超え3000万円以下の部分は10%
3000万円を超え3億円以下の部分は6%
3億円を超える部分は4%
となります(消費税別)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

保険会社の示談提案では,後遺障害非該当として示談提案されたが,後遺障害9級と認定されたケース

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

相談前は,保険会社から後遺障害非該当として示談提案され,保険会社の示談提案金額は80万2956円に過ぎませんでした。

相談後

交通事故で依頼者が頭部を強く打って頭部に傷害を負っていたことから,高次脳機能障害を疑いました。そして,専門の医師による後遺障害診断書を取得した結果,後遺障害9級と認定され,保険会社との示談でも示談金額は1204万9906円になりました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

特に高次脳機能障害は,見た目では障害を負われたように見えないため,周囲からも後遺障害を負ったことに対する理解が得られにくい場合が多いようです。交通事故の賠償の面でも同じ事は言え,このケースでは保険会社から後遺障害非該当として示談提案を受けてしまっていました。このケースは,弁護士が介入することで適切な後遺障害認定がされることになり,弁護士に依頼されたことのメリットが非常に大きかった事案でした。
交通事故でお怪我を負われた方の依頼をお受けすることは多いですが,このケース程極端ではなくとも,保険会社からの示談提案金額から倍額くらいまで賠償金を増額できるケースは少なくはありません。交通事故の被害に遭われた方は,是非一度,弁護士にご相談されることをお勧めします。

交通事故の解決事例 2

後遺障害12級が認定されていたが,不当に低い保険会社の示談提案から大幅増額したケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

相談前から後遺障害12級は認定されていましたが,保険会社の示談提案は341万2662円にすぎませんでした。

相談後

入通院慰謝料,休業損害,後遺障害慰謝料,後遺障害逸失利益などを適正に算出し,最終的に保険会社とは649万0445円で示談をしました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

保険会社は,損害賠償の各賠償項目で,裁判で用いられる弁護士基準よりも低額となる基準で賠償額の算定をすることが多いのが現実です。このケースでも,各賠償項目について適正に算定をして,示談提案金額の倍額近い賠償を得ることができました。

交通事故の解決事例 3

後遺障害14級が認定されていたが,不当に低い保険会社の示談提案から大幅増額したケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

相談前は,後遺障害14級は認定されていたものの,保険会社の示談提案金額は117万円に過ぎませんでした。

相談後

ご依頼後,弁護士基準による賠償額の算定を行い,最終的に保険会社とは320万円での示談をすることになりました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

このケースも,保険会社が裁判で用いられる弁護士基準よりも低額となる賠償基準で示談提案をしていたケースでした。弁護士の介入により,賠償額が3倍近く増額することになりました。

交通事故の解決事例 4

後遺障害非該当だが,不当に低い保険会社の示談提案から大幅増額したケース

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

相談前の保険会社の示談提案金額は23万6210円でした。

相談後

このケースは,依頼者の後遺障害はありませんでしたが,裁判で用いられる弁護士基準で通院慰謝料等を算定し,最終的に保険会社とは45万9855円で示談しました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

後遺障害が非該当のケースでも,このケースのように,賠償額が倍額近くになるケースは稀ではありません。このケースもその一つで,弁護士基準による賠償額算定により大きく賠償額が増額したケースでした。

交通事故

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
債務整理に精通した弁護士が,依頼者の皆様にご満足いただけるよう誠実に対応いたします。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

債務整理を行う場合,大きく分けて自己破産,民事再生(個人再生),任意整理という方法があります。
いずれの場合も,事件の依頼をして頂いた後は,各業者からの取立行為はストップします。
また,いずれの場合も,費用については,分割払いや初期費用0円で依頼可能とするなどの利用しやすい対応をしておりますので,お気軽にご相談下さい。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回の相談料は無料です。
2回目以降は30分5000円(税込)です。
着手金 以下は,いずれも個人の非事業者のケースです(消費税別途)。法人,個人事業者の方は,別途お問い合わせの上ご確認ください。
自己破産:27万円
個人再生:①住宅ローン特則なし-30万円,②住宅ローン特則あり-40万円
任意整理:1社につき2万円
成功報酬 以下は,いずれも個人の非事業者のケースです(消費税別途)。法人,個人事業者の方は,別途お問い合わせの上ご確認ください。
自己破産:0円
個人再生:0円
任意整理:債務減額金額の10%,及び,過払金回収金額の20%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

債務整理着手直前に母の遺産相続が起きた状況で,380万円の債務を自己破産により0円にしたケース

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

債務総額380万円で,収入状況から考えて分割返済は出来ない状況でした。また,直前に相談者の母が亡くなり,遺産相続が開始しており,その遺産は相談者も居住する自宅土地建物のみといった状況でした。

相談後

依頼者には,依頼者に協力的な弟さんがいたため,依頼者は母の相続について相続放棄をして弟さんに自宅土地建物を相続してもらい,依頼者はその自宅土地建物に引き続き居住させてもらうことにしました。相続放棄をしたため,破産をしても自宅土地建物を手放す必要がなくなり,自宅土地建物を残したまま,債務総額380万円を破産により0円にすることができました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

相続放棄した遺産については,破産により処分しなければならない財産から除外することができます。この知識を知らないと,自宅土地建物を処分して失うといった状況になりかねないケースでした。

借金・債務整理の解決事例 2

住宅ローンとは別に1200万円以上の債務があったケースで,住宅ローンはそのまま支払いを続けた上で債務額を約350万円に圧縮して月6万円弱の5年分割の返済としたケース

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は,住宅ローンのほかに1200万円以上の債務を負っており,法律相談に来られた時には,自宅を売却して債務の返済に充てた上で債務全額を分割返済しようと考えておられました。依頼者はかなり所得が多く,債務全額を分割返済することも可能だと考えておられたようですが,それ以外に方法がないということを確認したいと思い,当事務所に相談に来られました。

相談後

住宅ローン特則付の個人再生手続を取ることを提案しました。
自宅を売却するのではなく,住宅ローンはそのまま支払いを続けて自宅に住み続け,1200万円以上あった債務総額を約350万円に圧縮し,月6万円弱の5年分割の返済で住宅ローン以外の債務が免除になる手続をとりました。
依頼者は所得がかなり多い方だったので,その所得額から算出される返済総額に基づき約350万円の返済をしなければいけませんでしたが,800万円以上の債務圧縮ができましたので,スムーズに債務返済をすることが可能になりました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

個人再生手続は,債務額の圧縮と分割返済を実現する手続として,とても使い勝手が良い手続です。特に住宅ローンを負っている方が,その他にも多額の債務を負っているケースでは,自宅を守りつつ債務金額が圧縮できた上で無理のない分割返済をすることができますので,債務整理の手法としてとても強力な手続です。
また,個人再生手続は,パチンコ・スロットといったギャンブルなどで債務をつくってしまった方も利用できる制度ですので,そういった方も是非一度弁護士に相談していただければと思います。

借金・債務整理の解決事例 3

6社で約300万円あった債務が0円になり過払い金が約500万円返ってきたケース

  • 過払い金請求
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は,6社から借入をしていて合計約300万円の債務があり,当事務所に相談に来られました。

相談後

依頼者は,サラ金から借り入れをしており,20年以上前から借入返済を繰り返していたものが多数ありました。
そして,利息制限法に基づく引直計算をしたところ,約300万円あった債務は0円になり,過払い金が約500万円あることが分かりました。そこで,当事務所で過払い金返還請求の訴訟を行い,合計で約500万円の過払い金を満額回収することができました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

サラ金やクレジット会社から借入れを開始した時期が,平成19年春以前の方の場合,利息制限法を超える金利での借り入れがされていた可能性があります。そのような方は過払い金返還請求を行うことができる場合があります。

借金・債務整理

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
相続問題に精通した経験豊富な弁護士が誠実に対応いたします。
初回の法律相談料は無料ですので,お気軽にご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

相続問題の初回の法律相談料は無料としています。
当然,法律相談を受けた上で,事件をご依頼されないこともできます。
ご自身の相続分がどれくらいか,遺留分・寄与分・特別受益の有無など,是非一度,ご確認ください。
また,当事務所では相続放棄の手続きについても力を入れています。相続放棄をしても受取れる財産,受け取れない財産が何か,また,相続開始から3ヶ月以上経過したケースでの相続放棄など,経験豊富な弁護士にご相談ください。

この分野の法律相談

私には戸籍上の父親はいません。 先日、私の本当の父親が1月に他界してい たらしい、と知らされました。 また、認知もされている旨の手紙がご遺 族から養父母宅へ送られてきてたそうで す。(認知の事実はこちら側では把握して いませんでした) そこで相続の関係で遺産分割協議書を作 成するにあたり 相続...

債務を相続しないようにする,正式な相続放棄をするためには,相続開始地(亡くなった実の父親の最後の住所地)を管轄する家庭裁判所への相続放棄の申述をしなければいけません。これは原則として相続開始を知ったときから3か月以内に手続をとる必要があります。 共同相続人同士で「相続放棄します」という旨の書面を取り交わしても,「取り分0円の遺産分割協議」にはなりえても,債...

西川 文雄弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回の相談料は無料です。
2回目以降は30分5000円(税込)です。
着手金 事件の種類により以下のとおりとなります(消費税別)。
遺産分割:20万円
相続放棄:10万円
公正証書遺言:13万円
遺留分減殺請求:
300万円以下の部分は8%
300万円を超え3000万円以下の部分は5%
3000万円を超え3億円以下の部分は3%
3億円を超える部分は2%
成功報酬 事件の種類により以下のとおりとなります(消費税別)。
遺産分割:遺産の範囲・相続分に争いがあるか否かにかかわらず,財産取得金額の10%
相続放棄:0円
公正証書遺言:0円
遺留分減殺請求:
300万円以下の部分は16%
300万円を超え3000万円以下の部分は10%
3000万円を超え3億円以下の部分は6%
3億円を超える部分は4%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

亡父が契約していた生命保険について保険金を満額受け取った上で,相続分相当額の遺産を遺産分割により取得したケース

  • 遺産分割
依頼主 50代 女性

相談前

他の相続人からは,亡父が契約者・依頼者が受取人となっていた生命保険金について,「特別受益」(相続分の前払いを受けたと扱われる財産)にあたると主張され,相続分相当額から生命保険金額を差し引くと主張されていました。

相談後

亡父が契約者・依頼者が受取人となっていた生命保険金は,遺産総額の20%にも満たない金額であり,依頼者は亡父と同居し,亡父の介護も行っていたことなどを考慮すると,裁判例上,特別受益の対象とはならないと主張しました。最終的に遺産分割調停が成立しましたが,その際にもかかる生命保険金は特別受益の対象外として算定をしました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

遺産分割においては,どのような財産が「特別受益」になり,どのような事情が「寄与分」となるかなど,単純な法定相続分だけの計算では算定できないケースが多々あります。一度,遺産分割をする前に弁護士にご相談いただければと思います。

遺産相続の解決事例 2

亡父の死亡を知ってから3カ月以上経過した後の相続放棄申述が受理されたケース

  • 相続放棄
依頼主 20代 女性

相談前

依頼者の父母は以前離婚し,依頼者は母親に育てられましたが,その後父親とは会ったこともなく,全く連絡をとっていませんでした。その後,父親が亡くなった際,母親からその事実だけは聞かされていましたが,そんなある日,父親の債権者を名乗る業者から一通の通知が届きました。その通知には,父親が2年前に亡くなった際,父親には1000万円を超える債務があったこと,その債務について父親の相続人である依頼者に支払いをしてほしいことが記載してありました。

相談後

相続放棄申述は,原則として相続開始を知ったときから3ヶ月以内に手続をしなければいけません。しかし,この依頼者のように相続開始を知った後2年間が経過していたような場合でも,特に亡父からプラスの財産を相続することもなく,債務があることを知る機会もなかったような場合には,裁判例上,3カ月の期間が経過した後にも相続放棄申述が受理されるのが通常です。
この依頼者のケースも,債権者からの通知が届いてすぐに相続放棄の申述を家庭裁判所に行い,無事に受理されました。

西川 文雄弁護士からのコメント

西川 文雄弁護士

裁判例上,相続開始を知ってから3ヶ月という熟慮期間は,相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識した時または通常これを認識しうべき時から起算することとされています。ですので,相続開始を知ってから3ヶ月が経過した後でも,それだけで相続放棄をあきらめないでいただければと思います。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人西川総合法律事務所
所在地
〒680-0823
鳥取県 鳥取市幸町22 マルニ幸町ビル200
最寄り駅
鳥取駅
交通アクセス
駐車場あり
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5347-2204

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

西川 文雄弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5347-2204
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場あり