現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
川口 克已弁護士

( かわぐち かつみ ) 川口 克已

川口法律事務所

現在営業中 09:30 - 17:30

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:460 件/匿名回答数:0件

基本的に、小学生だから証言できないということはなく、内容によっては十分信用性も認められますが、正しい証言を得られるようにするには、正しい手順を踏む必要があります。早々に検察官と相談する必要があります...

回答日 2021年04月05日 07:08
この回答がある質問
強制わいせつ

ぶつかっていない、単なるニアミスで、相手方と会話もしておらず、お互いに相手が誰だか知りようがないのですから、今更、訴えられるなど、想定するまでもありません。忘れた方がいいのではないでしょうか。

回答日 2021年04月03日 18:56
この回答がある質問
交通事故慰謝料・損害賠償

酒気帯運転に対する罰則の対象となるのは「車両等」ですから、125ccでも該当します。

回答日 2021年04月03日 11:50
この回答がある質問
酒気帯び運転

今まで在宅できましたから、今後も、よほどのことがなければ在宅送致となることが予想されますが、断定はできません。なお、申し訳ありませんが、この種のことに「確率」でお答えすることは困難です。

回答日 2021年04月02日 20:46
この回答がある質問
大麻

正確には分かりませんが、いずれにしても、警察官が飲酒「運転」を現認していないのであれば、立件は難しいと思います。

回答日 2021年04月02日 20:40

前刑が12年前ということで、微妙ですが、今回もギリギリ罰金50万円で収まるか、正式裁判になり、懲役を求刑されるかです。相手方が後退中ということで、相手方にも少し落ち度がありますので、気の毒だと判定さ...

回答日 2021年04月02日 18:59
この回答がある質問
酒気帯び運転

スマホを押収しないでデータを確認して写真撮影するなど、記録を残すだけで足りると思われますので、事前に警察と連絡を取って、確認したらいいのではないでしょうか。【質問1】にお書きになったことをそのまま警...

回答日 2021年03月30日 19:27
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

否認事件ですから、通常は、検察庁へ送致され、検察庁でどうするか判断すると思います。ご意見のとおり、不起訴という選択もあり得ますし、必ず検察が呼び出すとは限りません。サインを拒否したことが、処分を決め...

回答日 2021年03月30日 07:09
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

慰謝努力した経緯の中で相手が自殺し、遺書がなく、自殺原因が分からないということなら、そもそも慰謝努力がどうであったのか、慰謝努力と言いながら、相手に働きかけたことが相手に対するさらなる心痛を引き起こ...

回答日 2021年03月28日 12:27
この回答がある質問
恐喝

わいせつ物頒布等(刑法175条)及び恐喝未遂が成立するかなと思われます。示談に懸命に取り組んだ場合は、慰謝努力という観点でそれなりに有利に評価されますから、ごく一般的には、初犯なら執行猶予の可能性は...

回答日 2021年03月28日 11:12
この回答がある質問
恐喝

検察官が強く実刑を希望する論告求刑をしたから必ず、希望が通らなければ控訴するかというと、そうとは限りません。検察は組織で動いており、担当検察官一人の意見で何でもできるわけではないからです。本件が実刑...

回答日 2021年03月28日 10:49

検察官の論告求刑につき、決まりはありません。そのときの気分とか、個々の検察官の個性や癖による部分が大きいです。むしろ、「矯正教育が必要」だから「実刑」にしてくれという言い方は、裁判官が執行猶予にして...

回答日 2021年03月28日 07:10

要するに、分割払いとはいえ、全面的に示談が成立しているとお見受け致します。情状証人の証言内容など、他の事情にもよりますが、初犯なら、執行猶予もあり得ると思いますが、確率云々は何とも言えません。

回答日 2021年03月27日 18:59

現在では、一般道でも、原則としてシートベルトを同乗者に装着させる義務はあります。いわゆる違反点数について、弁護士は、詳細まで把握していませんが、減反はあり得ると思われます。ただ、危険性がより高いのは...

回答日 2021年03月27日 18:47
この回答がある質問
交通違反

煽り運転をしないという姿勢は大変ご立派ですが、片手運転で一瞬ふらついただけ、しかも、その経緯の詳細が逐一ドライブレコーダーで立証できるというのであれば、何も心配するには及ばないと思います。事故でもな...

回答日 2021年03月27日 18:37
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

ありとあらゆることです。あなたが既に言われている「廃車」は当然として、家族の監視(公判になった場合は、情状証人として出廷してもらう)、家族名義の車があるなら、その鍵の管理(あなたが手にできない方法を...

回答日 2021年03月27日 18:22
この回答がある質問
無免許運転

前刑執行猶予から4年経過し、執行猶予期間が切れているのであれば、今回は、執行猶予もあり得ますし、実刑もあり得ます。前刑は窃盗という重い罪を伴っていたのに対し、今回は、道路交通法違反のみということから...

回答日 2021年03月27日 12:23
この回答がある質問
無免許運転

背任罪について、損害賠償命令制度は利用できませんが、刑事和解は利用できると思われます。被告人と被害者が公判期日に出頭し、民事上の争いにつき合意が成立したことを共同で申立て、その合意内容を公判調書に記...

回答日 2021年03月27日 12:03
この回答がある質問
横領

国選弁護人の選任の手順は、地域によって若干異なりますし、選任までの期間も異なりますが、大雑把に言うと、裁判所が法テラスに国選弁護人の「指名」を要請し、法テラスは、あらかじめ国選希望を申し出ている弁護...

回答日 2021年03月26日 08:30
この回答がある質問
脅迫・強要

情状証人なしの刑事裁判はいくらでもあります。ごく普通と言っていいです。ただ、少しでも刑を軽くしたと思うなら、出廷できない情状証人予定者に手紙なり嘆願書を書いてもらう、自筆で書けなくても、書面に署名だ...

回答日 2021年03月25日 19:05
この回答がある質問
裁判離婚

傷害の場合、けがの程度によりますが、重傷なら、懲役5年以上ということも考えらえます。殺人の場合は、懲役5年以上、無期懲役ないし死刑まで、限りなく可能性があるのではないでしょうか。

回答日 2021年03月25日 18:42
この回答がある質問
殺人・殺人未遂

上告審で弁護人が選任された後、上告趣意書提出期限までは、約1か月が通常で、その期限後、上告棄却決定までの期間は、2週間ないし1か月位です。異議申立てをしても、1週間程度で、異議申立棄却決定がなされて...

回答日 2021年03月24日 13:39

業務上過失致死傷の法定刑は、5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金です。懲役・禁錮を選択せず罰金にとどめるというからには、罰金額自体は、100万円かそれに近い金額と想定されます。罰金は、...

回答日 2021年03月23日 14:24
この回答がある質問
交通事故

大変真面目なご質問ですが、事故などの危険な状況を伴わない単なる逆行で短距離のものは、ごく軽微な交通違反であり、通常立件されないと思われます。

回答日 2021年03月21日 08:26
この回答がある質問
交通事故

相手が年齢を偽っており、他に、真の年齢を推測できる事情がなく、それを信じることが不自然でないと言えれば、18歳と信じたとする弁解は通ると思います。お話の限りでは、本件は、これに該当しそうです。相手と...

回答日 2021年03月05日 07:26
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

職務上知り得たことは秘密ですから、誰にも漏れることはありません。対応した警察官が誰かと連絡を取っていたというのは、場所が基地の「外」ということで、留意すべきことがないか、上司等に相談をしていたとも考...

回答日 2021年02月07日 07:33
この回答がある質問
調停離婚

常識的に、2歳の子がハンドル操作などできないと思われ、父が運転するのをなぞらせて、運転のしぐさのまねをさせただけ、と考えられます。忙しい警察が、そこまで、うるさく、無免許運転だとして立件するとは思え...

回答日 2021年01月19日 07:10

①について→事件内容問わず1週間程度です。異議申立ては、内容を争うものでなく、誤記訂正を申し立てるだけですから、申立てを受理すると直ちに起案に着手しているのではないでしょうか。 ②について→12月...

回答日 2020年12月22日 08:52
この回答がある質問
住居侵入罪

法律上、執行猶予は可能です。そのためには情状立証です。示談は必須ですが、窃盗癖のカウンセリング程度では甘いのではないでしょうか。継続的な治療方策を立てて、保釈になった場合には、入院なり、入所なりして...

回答日 2020年12月15日 08:47
この回答がある質問
執行猶予

おっしゃるとおりです。在宅事件なら、最高裁がゆっくり進める可能性がありますし、確定後の収監も、検察庁の手続きに若干時間がかかるので、いくらか長引く可能性があります。

回答日 2020年10月18日 07:21
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 - 30 件を表示/全 458 件

現在営業中 09:30 - 17:30

川口 克已弁護士へ問い合わせ

電話番号 042-312-0168

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝