原田 和幸弁護士 はらだ かずゆき

原田 和幸弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
犯罪・刑事事件
全国 1
離婚・男女問題
全国 2
不動産・建築
全国 1
債権回収
全国 1
遺産相続
全国 4
総合
全国 1
東京都 1

原田綜合法律事務所

東京都 江戸川区 南小岩7-27-3 第3イーストビル5階
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:152,680 件/匿名回答数:22,444件

> 事実上、家庭内別居でも大丈夫なのでしょうか? そうすると、離婚まで別居しなければ、離婚時を基準に、財産分与を考える場合もあるかもしれません。

回答日 2020年05月29日 12:16

> 遺言書に書き残せば、父が亡くなった後に、私の息子を、父の姓に変え養子縁組みできるのですか? できないと思います。 養子縁組するのであれば、父の生前にしておくべきかと思います。 ...

回答日 2020年05月29日 12:11
この回答がある質問
相続放棄

> 財産分与の話になった際、このような引き出しの記載があると隠し財産とみなされてしまいますか? 財産分与は、基本的に、別居時点の財産で考えればよいと思います。

回答日 2020年05月29日 12:09

> 申立人は勝ち目がない(申立人が払う額が多い)と判断しての事と推測しますが、当方が出来る逆襲のような事はないのでしょうか? 相手名義の財産がありそうなら、相談者から財産分与請求調停の申...

回答日 2020年05月29日 11:32

> ③もし父親の連絡先が分からない場合は弁護士へ依頼して相談等もできますか? 保証の限りではありませんが、場合によっては、相手の住所を弁護士が調べられる可能性はあります。

回答日 2020年05月29日 11:21
この回答がある質問
認知・親子関係

> 公正証書ではなく、ただの示談書だった場合にも同様ですか? お互いのサインが入っているのであれば、基本的にはそうだと思います。

回答日 2020年05月29日 11:20
この回答がある質問
離婚手続き

> 監護実績より > 子供の意見が優先されることが > 現在、8歳と5歳です。 > 多いのでしょうか? その年齢なら、監護実績が優先されると思います。

回答日 2020年05月29日 11:19
この回答がある質問
面会交流

> 妊娠し、彼から中絶してほしいということで弁護士を入れられました。もし中絶するとなる場合、どのような終わり方で弁護士が辞任するのでしょうか? > 中絶しますという合意書を書いたり、な...

回答日 2020年05月29日 11:18

> 父が亡くなった後に、私の息子に継がせることは法律上可能ですか? お父様に遺言書を書いてもらうことは考えられると思います。 父が亡くなった後に養子縁組みなどできますか? 亡...

回答日 2020年05月29日 11:07
この回答がある質問
相続放棄

> 家庭がある男性の子どもを出産し、成長した子どもが父親と会うことを希望する場合、父親へ直接相談できるのでしょうか。 直接話し合いができればそれでよいと思います。 または弁護士へ依...

回答日 2020年05月29日 10:46
この回答がある質問
認知・親子関係

> 解決金を減額したり、法的に見直すことは出来ないのでしょうか? 相手の同意があれば可能かもしれませんが、相手の同意がないと、基本的には難しいと思います。

回答日 2020年05月29日 10:36
この回答がある質問
離婚手続き

> 万が一裁判になった場合、そのことを主張すれば良いですか? 相談者の言い分があるのであれば、主張されればよいと思います。

回答日 2020年05月29日 10:29
この回答がある質問
インターネット

> 監護者指定において、調査官が入った時に子供の意見も聞くのでしょうか? あまりお子様が小さくなければ、聴くと思います。 > そのあたりも、調査官がしっかりと確認してくれるの...

回答日 2020年05月29日 10:28
この回答がある質問
面会交流

> 1、学資保険の解約を現段階で私が阻止することは可能でしょうか? 基本的には、できないと思います。 ただ、財産分与請求を前提として、解約返戻金の仮差押えであれば、ありうるかもしれませ...

回答日 2020年05月29日 10:27

> 訴えは厳しいということですよね? そうですね。

回答日 2020年05月29日 10:24
この回答がある質問
インターネット

> 尽くすためにハレンチな写メ等も送ったりしました。 > 性的苦痛などでも訴えは厳しいですか? 相談者の承諾のもと送ったのであれば、訴える理由がないと思います。

回答日 2020年05月29日 10:03
この回答がある質問
インターネット

> 今日示談の確認が取れたら今日釈放の可能性はありますか? 可能性という意味ではあるかもしれませんが、今日の今日では難しい場合もあるかもしれません。 それか、今日じゃなくて来週中に...

回答日 2020年05月29日 09:45
この回答がある質問
暴行

> 条件等は難しい言葉でなくともお互いに条件として入れたい項目を考えて出し合って、作成できるものでしょうか? お互いの同意があれば、作成できると思います。 ただ、内容によっては、効...

回答日 2020年05月29日 09:39
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 向こうは結婚前提でと伝えてきてたのですが実は既婚者だった場合訴えることはできますか? 訴えること自体は可能です。 ただ、会ってもいませんので、訴える理由がないと思います。 例...

回答日 2020年05月29日 09:38
この回答がある質問
インターネット

> 今、延長の手続きをして裁判所に送るらしくてそれってもう確実に延長されるってことですか? 「確実に」ではありませんが、延長されると思っておいたほうがよいと思います。 > 面...

回答日 2020年05月29日 09:31
この回答がある質問
暴行

> 私が逮捕されるのですか? それは分かりません。 あくまで可能性があるということです。 逮捕されない可能性も十分あると思います。

回答日 2020年05月29日 09:27
この回答がある質問
借金

> 話し合いもすることなく、示談書へと誘導されていますが、示談書は双方ともに弁護士へ依頼した方がいいのでしょうか。 ご自身での交渉に自信がないとか、示談書案文がこれでよいのか判断つかなけ...

回答日 2020年05月29日 08:57
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 一方的な別居の際、同意していないことを明らかにしといた方が宜しいのでしょうか? 明らかにしたからといって、何か変わるものでもないと思いますが、離婚や別居をする気はないという意思は伝わ...

回答日 2020年05月29日 08:43
この回答がある質問
調停離婚

> 訴えられたら逮捕されますか? 詐欺の可能性はありますので、可能性という意味ではあるのかもしれませんが、どの程度の可能性なのかは何とも言えないです。 ただ、万一逮捕されるようなこ...

回答日 2020年05月29日 08:35
この回答がある質問
借金

> 妻に責任を問うことは可能でしょうか?また、金銭的な請求も可能でしょうか? 民事上、損害賠償請求は考えられるかもしれません(民法709条)。 (不法行為による損害賠償) 第...

回答日 2020年05月29日 07:35

> 離婚後二年以内なら財産を半分請求できるならしたいです。やり方教えてください。 例えば、弁護士に入って請求してもらうことは考えられます。 また、家庭裁判所の財産分与請求調停の申し立て...

回答日 2020年05月29日 07:30
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 3年の時効後に、被疑者が再びわいせつ画像を投稿した場合、罪に問われるのは時効を迎えていない時期の画像だけになるのでしょうか? そうですね。 > 過去の投稿は時効になってい...

回答日 2020年05月29日 07:17
この回答がある質問
児童ポルノ・わいせつ物頒布等

> 源氏名のスレでも⚪⚪はブスと源氏名が入らないと侮辱罪にはならないと言うことなのでしょうか? 相談者のことを指していることがわかるのであれば、侮辱の可能性はあるのではないでしょうか。 ...

回答日 2020年05月29日 07:15
この回答がある質問
インターネット

> 今回10万円が市から振り込まれた際に、誤って2回ほど振り込まれた場合、市からの返還請求が来るまでに料金を使ってしまった場合お金はどうしなければいけないですか? 相談者が受け取る理由が...

回答日 2020年05月29日 07:05
この回答がある質問
行政事件

> 個人スレで書かれていて⚪⚪はブスのように分の中に名前は入っていません。 相談者を特定できないのであれば、侮辱にはならないと思います。

回答日 2020年05月29日 07:00
この回答がある質問
インターネット

1 - 30 件を表示/全 152,644 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

原田 和幸弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5572-2308
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
弊所ではお電話・メールでの法律相談について、ご回答は承っておりません。
恐れ入りますが、お電話・メールで事前にご予約いただき、弊所までご来所ください。
土日、夜間、早朝のご相談予約も可能です。お気軽にご連絡ください。

対応地域

経歴・資格
不動産鑑定士・宅建
不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。
事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談