弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

須見 健矢弁護士 すみ たけし

須見 健矢弁護士

西葛西スター総合法律事務所

東京都江戸川区西葛西6-12-7ミル・メゾン503

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名59 件/匿名:10件

母親が親権者であると思われますので,まずは,家庭裁判所で親権者変更の調停,審判の手続をして,親権者を変更する必要があると思います。 ただし,親権者変更が認められるのは,「子の利益のため必要があると認...

回答日 2017年03月27日 20:54
この回答がある質問
認知・親子関係

1 あくまで離婚調停ということですと,夫婦のどちらかしか当事者になれません。ただし,親族間の紛争調整調停ということですと,例えば,あなたが申立人になり,父親を相手方にして,話合いをすることができる場...

回答日 2017年03月27日 19:52
この回答がある質問
調停離婚

はい,そのような文面でも,認知請求は可能という結論には変わりません(生まれてくるお子さんが未成年の時でも)。 書面の内容は,うかがう限り,一方的に権利の放棄や母親側の義務のみを定める内容になっており...

回答日 2017年03月25日 22:12
この回答がある質問
認知・親子関係

1 一括で支払えるほどの手持ちのお金がなければ,不動産等の資産を売却してもらい資金を作ってもらう。それが無理であれば,分割しかないと思いますが,分割の場合にも,できるだけ最初に多めに頭金を支払っても...

回答日 2017年03月09日 21:58
この回答がある質問
横領

単にお店の料理について、メールや電話で質問して回答を得ただけでしたら,お店が既に回答しているにもかかわらず同じことを繰り返し何回も長時間にわたって問い質すなどのことでもない限り,犯罪や不法行為に当た...

回答日 2017年03月09日 20:25

遺産分割協議書を何に利用するか,どこに提示(提出)するかということによって添付書類の有無は変わってくると思います。 金融機関ということですと,預金の引き出しでしょうか。 そうであれば,遺産分割協議書...

回答日 2017年03月02日 22:14
この回答がある質問
遺産分割協議書

> ・出産費用の半額 協議になりますが,請求してよいと思います。実際に折半する場合が多いです。 > ・認知された場合の養育費4万円 認知された子の養育費は,請求できます。双方の収入を基...

回答日 2017年02月22日 23:12

ご本人と面談するなどして意思を確認します。

回答日 2017年02月22日 22:00
この回答がある質問
障害者

あなたが賠償責任保険に加入していれば,保険で対応するのが一番と思いますが(加入しているのを忘れていることがありますので,確認してみて下さい)。 保険に加入していない場合は,あなたに過失があるかどうか...

回答日 2017年02月20日 22:27
この回答がある質問
器物損壊

弁済により抵当権も消滅していますので,抹消請求できます。

回答日 2017年02月18日 21:28
この回答がある質問
抵当権の抹消

面会交流の条項は,特に必要がなければ,定めなくても構いません。 高校生くらいであれば,かなり親から精神的に自立していると思いますので,お子さん自身の考えを尊重して,定めない場合も多いと思います。 ...

回答日 2017年02月16日 19:10
この回答がある質問
面会交流

離婚原因になる可能性が高いと思います。 ただ,あなた一人の力では解決するのは難しいと思いますので,早急に,最寄りの役所,警察,弁護士などの第三者に相談して下さい。

回答日 2017年02月16日 18:35
この回答がある質問
離婚原因

当初,口約束で100万円を借り,返済期日,返済方法を決め,借用書などの書面を取り交わしていないと言うことでよいでしょうか? そうであれば,その口頭での内容で金銭消費貸借契約が成立していると思われます...

回答日 2017年02月15日 18:15
この回答がある質問
契約・借用書

①契約書に特に定めがなければ,明渡し及び原状回復が先です。保証金の中から原状回復費用を出したいのであれば、賃貸人と交渉する必要があります。 「大家様の承諾の上無償にて残置するものとする。」という特約...

回答日 2017年02月09日 19:02
この回答がある質問
契約書

労働基準法61条により,原則として,満18歳未満の者を深夜(午後10時~午前5時)に労働させることは禁止されています。例外(農林水産業や病院等)に当たらない限り,使用者は17歳の娘さんを深夜アルバイ...

回答日 2017年02月09日 13:30
この回答がある質問
パート・アルバイト

全額払った場合は,通常,第1回口頭弁論期日までに,カード会社が訴訟を取り下げます。 訴えの取下書という書面の写しが届くはずですが,届かない場合は,カード会社及び裁判所に尋ねてみて下さい。 取下げが済...

回答日 2017年02月03日 20:31
この回答がある質問
借金

お父さんの他の行いと合わせて慰謝料を請求できる可能性があると思います。 また,家が婚姻後に取得したものであれば,離婚の際に財産分与の対象となる可能性があります。その場合家の売却代金がいくらか,残って...

回答日 2017年02月02日 18:37
この回答がある質問
離婚慰謝料

ただのファッションであり,それだけで違法になるようなことはないと思います。

回答日 2017年02月01日 23:41
この回答がある質問
労働

このサイトやインターネットを利用して弁護士を探していただくか,お近くの弁護士会の行っている法律相談を利用して,まずは法律相談をされるとよいと思います。通常は面談日の予約が必要です。初回法律相談料無料...

回答日 2017年01月31日 13:06
この回答がある質問
脅迫・強要

公正証書の作成は相手方の任意の意思によるものなので,応じない場合は,養育費の調停を家庭裁判所に申し立てることを検討します。調停が不成立だと,審判により月々の金額が裁判所によって決定されます。 お子さ...

回答日 2017年01月31日 12:45

1 別居後3ヶ月でも十分不貞の証拠になると思います。 2 念書は証拠になると思います。 3 財産分与の対象となります。そもそも、財産分与とは、名義にかかわらず夫婦共有財産を清算するための制度です。あ...

回答日 2015年09月02日 01:15

結納金や生活費は既に贈与されたものとして返還や清算は不要と言えますし、彼の方が一方的に理由もなく婚約を破棄したため、同居を解消したということであれば、むしろ慰謝料請求できる可能性があります。当然、あ...

回答日 2015年08月11日 01:04
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

財産分与の基準時は離婚時が原則で、その前に別居していた場合は別居時を基準にするのが通常です。いわゆる家庭内別居でも婚姻破綻したと言えるのであれば、理論的には、その時点を基準時とするということも考えら...

回答日 2015年08月10日 21:18
この回答がある質問
財産分与

大変失礼しました。駐車場だったのですね。 裁判例としては、駐車場使用細則の変更を普通決議で可決した総会決議を無効とした事例もあり(那覇地裁平成16年3月25日判決)、単に「細則」という名称だけで判...

回答日 2015年08月09日 00:17

共用部分を片付けただけで違法ということはないと思います。 むしろ共用部分に「バリケード」を築いて独占使用しているのであれば、そちらの方があなたの賃借権を侵害していると考えますが、「大家との直接交渉で...

回答日 2015年08月08日 03:39

私の場合は、加入する弁護士協同組合の特約店である筆跡鑑定人を利用しています(インターネットで検索するといくつか出てきます。)。偽造が疑われる書類と、本人の筆跡であることが明らかな書類(本人の差し出し...

回答日 2015年08月03日 23:35
この回答がある質問
被害届・告訴・告発

ご両親さぞお困りのこととお察しします。 実際に殴られたり、物を壊されたりしなくても、威力業務妨害罪が成立するときがあります。また、相手方の要求内容によっては(例えば土下座を無理強いする)、強要罪が成...

回答日 2015年08月02日 13:13

賃貸人の債務不履行による契約の解除,財産的損害(家財の被害)の賠償請求は可能と思います。治療費など人身損害の賠償については,因果関係が認められるかが問題となりますので,医師の診断書が最低限必要になる...

回答日 2015年07月29日 16:19

約10年返済をされていないということですと、時効が成立している可能性が高いです。 弁護士を通じて、時効が成立しているか調べてもらい、時効であれば、時効を援用する(主張する)通知を出してもらうと一番簡...

回答日 2015年07月28日 00:52
この回答がある質問
時効の援用

そうですね。あくまで具体的状況によりますが、例えば、特定の配信者が出る都度毎回「殺す」とコメントを出したり、生放送の間、断続的に同様のコメントを出し続けたりすれば、脅迫罪で立件される場合もあるのでは...

回答日 2015年03月22日 19:21
この回答がある質問
脅迫・強要

1 - 30 件を表示/全 59 件

西葛西スター総合法律事務所 へ問い合わせ
電話番号 050-5285-0781

※西葛西スター総合法律事務所 では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※メールは夜間、休日も受け付けます。
※法律相談は夜間、休日も対応可能です。
※定休日でも急なご依頼、ご相談は対応します。
対応地域