現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
古関 俊祐弁護士

( こせき しゅんすけ ) 古関 俊祐

現在営業中 09:00 - 20:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名29 件/匿名:2件

> 上記金額は生活費として口座に貯金していても 、向こうに渡さなくてはいけないお金になるのでしょうか。 → 預金が20万円以下であれば裁判所等へ渡す必要はありません。 > また、...

回答日 2020年06月28日 17:30
この回答がある質問
自己破産

債務整理のリスクとして、信用情報(ブラックリスト)に掲載されることがあります。 概ね5年間は、新しくカードを作ったり、ローンが組みにくくなるでしょう。

回答日 2020年06月22日 17:06
この回答がある質問
利息・金利

一般的には、 高次脳→1・2・3・5・7・9級 麻痺→1・2・3・5・7・9・12級が該当するのですが、 もう少し具体的な経過や症状が分からないと、この場で目安をお答えするのは難しいでしょう。...

回答日 2020年06月22日 17:00
この回答がある質問
後遺障害等級

> ①法的な違いはあるのでしょうか? → 違いはありません。 一般的には親権者が身上監護をできない場合に、親権者と監護権者を分けるというかたちになります。 上に書かれたように“親権者が監...

回答日 2020年06月22日 16:49

弁護士に依頼されて、弁護士から連絡を入れてもらい胎児認知をしてもらうか、 出生後に認知調停を裁判所に申し立てることとなります。認知調停であればDNA鑑定を実施してくれますので、スムーズに認知しても...

回答日 2020年06月22日 16:45
この回答がある質問
認知・親子関係

> 離婚時じゃなくても、正式に養育費を決めましょうって調停は出来るのですか?教えてください。 養育費調停で問題なく可能です。ご相談のケースですと、その弁護士さんの仰っている内容で問題ないでし...

回答日 2020年06月22日 16:41
この回答がある質問
養育費

> ①自宅療養されているので、お見舞い(連絡)の頻度 →お見舞いについては特に決まりはありません。 誠意を見てもらうという意味では、被害者が迷惑と思わない範囲で行えば足ります。 &g...

回答日 2020年05月20日 13:03

1 仮に通院期間は変わらず通院日数が6日または10日の場合請求できる金額は大きく増減しますか? →数か月単位で治療が続いたというのなら別ですが、6日のところを10日に増やしたところで慰謝料としては...

回答日 2020年05月14日 12:55
この回答がある質問
物損事故

ご自身で子どもに必要な養育・監護ができないということになり、父親に必要な養育・監護をする能力があると認められれば親権者変更が認められる可能性はあります。

回答日 2020年05月11日 18:14
この回答がある質問
離婚・男女問題

> ①『連絡してくるな』と言ったんだから、返事をしなくてもいいですか? →調停が係属しているので、「調停の席上にて話をしたい」とだけ連絡して後は返答しなくても問題はありません。 >...

回答日 2020年05月11日 15:44
この回答がある質問
面会交流

労災を利用して治療をされたり 相当に思い後遺症が認められたというような 事情がなければ2か月もあれば示談案は出ると思います。 ただ、コロナの影響で保険会社の営業が縮小されているのかもしれません...

回答日 2020年05月11日 12:49
この回答がある質問
示談交渉

調停では、あくまで具体的な生活状況によって扶養料を算定することになります。 保護費の内容等はあまり関係がありません。

回答日 2020年05月08日 19:02
この回答がある質問
養育費

別居中は、ご自身が給料を受け取って婚姻費用として所定の金額を相手へ渡すこととなります。 給料口座の変更も問題ありませんが、変更する前に連絡を一報入れておきましょう。

回答日 2020年05月08日 17:55
この回答がある質問
別居

1.分割払いに応じるか、その方法は当事者双方の話合いできめることです。 ご自身が納得のいく条件を提示することは問題ありません(相手が応じるかどうかは別問題です)。 2.訴訟などの方法も有効で...

回答日 2020年05月08日 17:53

現在の非監護親が言うべき点としては、これまでの監護実績はもちろんのこと、現在の監護親の監護の問題点を指摘することになるでしょう(奥様の監護だとお子さんの発育に支障が出る云々)。 それ以上、具体的な...

回答日 2020年05月08日 17:50
この回答がある質問
調停離婚

1.ローンで購入したものでも分与の対象にはなりますが オーバーローンの状態では財産価値がないものと扱われます。 2.基本的にできないと考えてください。 3.一般的には共有財産と考えるべきもので...

回答日 2020年05月08日 16:49
この回答がある質問
離婚・男女問題

1. 報告義務違反としての処分は免れないでしょう。 2. 先に通報されたかは関係ありません。   あくまで、ご自身が報告したかの問題です。

回答日 2020年05月07日 13:12

DV防止法の接近禁止命令は配偶者ないしこれに準じる関係の人に限られています。 今回のようなケースでは警察に相談して 刑事事件として取り扱ってもらうようにしましょう。

回答日 2020年04月30日 16:34
この回答がある質問
離婚・男女問題

「領収書」や「支払い確認書」というタイトルで良いでしょう。 養育費等の離婚給付は原則として課税対象でない為、領収書に収入印紙は 必要ありません。

回答日 2020年04月28日 15:15
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 結論として私の妻の動揺した状況での初期対応は今後の交渉の過程で否定・覆すことはできないのでしょうか? まったく関係ありません。 保険会社に任せておけば、交渉経過によって保険会社が弁...

回答日 2019年06月21日 16:54
この回答がある質問
示談交渉

簡単とはいえ借用書があるのですから、貸金の件と離婚の件は別問題と考えても大丈夫だと思います。 相手に今どれだけの財産があるかという問題はありますが、貸金を返すように催促しても、きちんとした対応...

回答日 2015年04月21日 19:43
この回答がある質問
債権回収

犯罪被害者であれば、警察や検察庁へ照会をすることで加害者の処分内容等について教えてもらうことが可能ですよ。 詳しくは、法務省のホームページに記載があります。 http://www.moj.g...

回答日 2015年04月14日 18:16
この回答がある質問
治療費

相手も会社組織である以上は、いくら営業所が9:1を主張しても本社が8:2でなければ示談しないという判断をされては、現状のままで示談が成立する見込みは低いのかもしれませんね。 この場合は、弁護士...

回答日 2015年04月14日 18:12
この回答がある質問
物損事故

窃盗のような財産犯では、基本的には被害額の弁償を受けるのみに止どまり、慰謝料や迷惑料の支払いは受けられないか、受けても相当に低い金額になるとされています。 ただし、鍵の再発行費用やカード類の再...

回答日 2015年04月09日 21:06
この回答がある質問
窃盗・万引き

減価償却の考え方で、普通車なら購入から6年を経過すると購入価格の1割しか残存価値がないという考えになります。 なので、あまりに古いとご指摘の通り、時価=購入価格の1割という認定のされ方になります。...

回答日 2015年03月22日 13:22
この回答がある質問
過失割合

財産分与の対象となる財産は、夫婦が協力して得た財産のことをさしますので、 婚姻が破綻している場合はもちろんのこと、破綻していなくとも、別居後に発生した財産は財産分与の対象とならないのが基本的な考え...

回答日 2015年03月17日 22:53

民事裁判を起こして、仮に勝訴判決をもらえたとしても、相手にお金がなければどうしようもできません。 また、窃盗のような財産犯でしたら、被害額とは別に慰謝料が発生するという考えはとりにくく、通常は...

回答日 2015年02月18日 22:46
この回答がある質問
窃盗・万引き

白黒のカラーリングであることからの“俗称”というもので、 差別用語とまではいかないものですね。 あまり気にしなくても大丈夫です。

回答日 2015年02月16日 21:33
この回答がある質問
民事・その他

スポーツ大会のような公共的なイベントにおいては、 参加者は、開会式や競技風景を撮影されることについて事前に許諾していると考えることができます。 したがって、撮影や掲載の前に承諾を得ることまではし...

回答日 2015年02月16日 15:25
この回答がある質問
インターネット

1 - 29 件を表示/全 29 件

現在営業中 09:00 - 20:00

新小岩法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5265-0454

※新小岩法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
法律相談は予約を頂いた方に限り、夜10時まで、土日祝日もご対応いたします。
必ずお電話・メールにてお問い合わせください。
メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

対応地域

事務所の対応体制
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。