現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
飯盛 健次郎弁護士

( いいもり けんじろう ) 飯盛 健次郎

飯盛法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名6 件/匿名:0件

叔母に法律上の扶養義務がありますから、 家庭裁判所へ「扶養義務者の負担すべき費用額の確定の調停申立」 をすることができます(家事手続法39条)。

回答日 2018年05月18日 15:45
この回答がある質問
民事・その他

生命保険の契約内容については、 保険会社と保険契約者との間の合意で成立しますから、 被保険者には発言権はありません。

回答日 2016年09月29日 16:15

35万円が遺留分として遺言を知った後1年以内にいただいたのであれば、遺留分減殺請求権を行使したことになりますから、現在でも遺留分減殺請求として、残金の請求をすることができます。 遺留分減殺請求権は、...

回答日 2016年08月09日 16:54
この回答がある質問
遺留分

給与収入から給与所得控除を差し引いた額が給与所得となります。 所得税法第28条によれば、給与収入が70万円であれば給与所得控除が65万円ですので、差し引き所得金額が5万円ということになります。 実際...

回答日 2016年07月06日 16:30
この回答がある質問
財産分与

保険金は支払額が確定した時に弁済期となりますから、 事故発生から保険金額確定までの間の遅延損害金は請求できません。

回答日 2016年07月01日 15:53

名札が付いているなど特別の事情がない限り、基本的には世帯主の持ち物となり、世帯主以外の物とは認められません。

回答日 2015年12月09日 15:46
この回答がある質問
動産執行

1 - 6 件を表示/全 6 件

飯盛 健次郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3606-6691

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:30
定休日
土,日,祝