弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

高橋 建嗣弁護士 たかはし けんじ

高橋 建嗣弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
離婚・男女問題
全国 25
借金・債務整理
全国 16
インターネット問題
全国 18
総合
全国 28
東京都 7

池袋グローバル法律事務所

東京都豊島区南池袋2-35-7岩田光建ビル501
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名1,949 件/匿名:0件

BC間の関係についてきちんと確認する必要があると考えます。BがCに著作権の譲渡をしていると考えるのが自然ではありますが、その点をきちんと処理していない可能性もあります。また、著作権の譲渡をしている場...

回答日 2018年12月07日 11:41
この回答がある質問
著作権

プロバイダへの発信者情報削除禁止の仮処分は通常、IPアドレス開示後するに行います(でないと間に合わない可能性があるため)。

回答日 2018年12月06日 20:15

東京地裁では被告に負担させない場合もあるようです。 東京地裁以外の地裁では、概ね被告への負担を認めるようです。

回答日 2018年12月06日 17:54

養育費の消滅時効は10年なので、8年前から5年間分の未払いがあった場合は強制執行可能ですが、8年前までに5年分の未払い(つまり13年前からの未払い)があった場合は、その一部しか強制執行できないことに...

回答日 2018年12月06日 13:30
この回答がある質問
養育費

いったん結んだ契約の内容変更は、双方の同意が必要ですので、相手方が一方的に変更できるものではありません。相手方は、新しい契約書を示して署名捺印をせまることで、両方とも同意した、と主張出来るようにした...

回答日 2018年12月04日 15:29
この回答がある質問
労働

過去に遡って請求できるのは、相手方が支払っても良いと言った場合だけです。 ですので、過去に遡っての請求は出来ないものとお考え下さい。 根拠としては、そもそも婚姻費用(養育費も)は請求した後の分の...

回答日 2018年11月30日 16:11
この回答がある質問
婚姻費用

まず②については請求する権利はなく、相手方に合意してもらうようお願いが出来るだけです。ですので、目標としては①をはじめに考えた方が良いです(②は相手方が頑として拒否したら行き詰ってしまう)。 固定...

回答日 2018年11月30日 15:24
この回答がある質問
近隣トラブル

開発申請が下りなかった場合は契約解除可との特約があるのに、実際に開発申請が下りなかったので契約解除すると違約金が発生するというのはおかしいと思います。 契約書の内容を精査する必要はありますが、違約...

回答日 2018年11月29日 15:53

1 内容によっては(第2グループの訴訟で役に立つ内容であれば)流用できますが、そのためには第1グループの方に資料を提供してもらうか、事件番号を教えてもらって裁判所で訴訟記録の閲覧謄写をする必要があり...

回答日 2018年11月27日 20:39
この回答がある質問
金融

それはもちろん請求しても良いですし、その主張については立証がないなら単なる一方的な言い分に過ぎない、だから証拠の提出がないなら考慮する価値の無いものである、と主張すれば、被告は証拠を提出することにな...

回答日 2018年11月26日 22:23
この回答がある質問
通常訴訟

負債については婚姻費用や財産分与とは別の枠組み(債務の分担)で解決する必要があるので、相手方の主張は無視すべきです。 婚姻生活のための負債、債務であれば(生活費等)、二人で分担する必要があると言え...

回答日 2018年11月26日 21:14
この回答がある質問
婚姻費用

相手のモラハラを理由に婚姻関係が既に破綻していたとして離婚を請求するしかないと思われます。 このような事態に至ってなお話し合いでことが済む可能性は低いので、自分から離婚を請求した方が良い結果になる...

回答日 2018年11月26日 10:03

詐欺の場合は、とにかくお金の先払いを要求するとか、法人の業務の内容が明らかでないとか、社長としての仕事の内容も明らかでないといった特徴が考えられます。 お金を支払う前に、何のための支払いなのかと、...

回答日 2018年11月24日 22:12

1 見積額である、300万円と思われます。 2 契約の範囲外である以上、保証会社には請求出来ないと思われます。

回答日 2018年11月24日 21:22
この回答がある質問
債権回収

1 遺産分割協議をしていないのであれば請求できます。遺産分割協議をしたうえで50万円を受け取ったのであれば、請求できません。 2 遺産全部の価値のうち、あなたの法定相続分です。 3 現実的には調...

回答日 2018年11月24日 21:19
この回答がある質問
相続財産

ある程度は粘れますが、時間が経つと裁判官から、証拠がないなら取り下げれば、と言われると思います。

回答日 2018年11月24日 20:35
この回答がある質問
訴状

相談された弁護士が言われるとおり、単純な事案で出来ることが思いつかないため、かえって受任は難しいケースに思われます。

回答日 2018年11月22日 21:05
この回答がある質問
交通違反

ツイッターのログは3か月しか保存していないので、特定できる可能性は無いと考えます。

回答日 2018年11月22日 20:28

医師次第ですね、というのも、いざ書面等を作成してもらうよう頼むと前言を翻す者は結構いるので。協力してくれると言ってくれている今のうちに書面の作成を頼んだ方が良いと思います(後で医師の気が変わる可能性...

回答日 2018年11月21日 12:48
この回答がある質問
医療過誤

連絡方法は自由ですし、何かに拘束されるものでもないので、LINEは使わない、別の方法としてほしい、と求めるのも自由ですし、LINEを自分だけ使わないのも自由です。

回答日 2018年11月20日 22:06
この回答がある質問
面会交流

債務整理の中に、自己破産、個人再生、任意整理があります。自己破産は借金を全て帳消しにするのはご指摘のとおおりですが、任意整理は現在の借金を長期分割払いにするだけで、一部だけでも減額するのも難しいと思...

回答日 2018年11月20日 19:47
この回答がある質問
借金

3年以上使用していない商標は、取消請求が出来ます。ですので、まずは対象の商標の取消し請求(審判になります)をしてください。

回答日 2018年11月20日 17:37

遺産相続は時価で評価するのが裁判実務(裁判所の判断)ですので、評価額の差については金銭でバランスを取るのは当然だと考えます。

回答日 2018年11月20日 15:57

その場合は、退職金は無し(規定がないから)、積立金があり、として報告すればよいのではと思います。

回答日 2018年11月20日 10:28
この回答がある質問
自己破産

おっしゃるとおり、あまり意味がないと思われます。

回答日 2018年11月19日 22:14
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

裁判所や個人再生委員が直接配偶者に聞くことは無いので大丈夫とは思いますが、配偶者の協力が必要な資料の提出を求められた時が問題になる気がします。

回答日 2018年11月19日 18:47

失敗(医療過誤)があるかどうかは、医療記録一式を入手したうえで(今は証拠保全の必要なく患者親族の請求で取り寄せられると思います)、協力医(第三者の医者)に見てもらったうえで、医療過誤があるかどうかの...

回答日 2018年11月19日 16:40

その点については、現役員に対してきちんと説明をする(経費削減等)必要があり、それは法的な問題とは異なります。

回答日 2018年11月18日 15:13
この回答がある質問
取締役

特別養子縁組の可能性もありますが、片親が違う兄弟の可能性もあると思います。 相続については、特別養子縁組の場合はお父様の弟殿は相続する権利がないのでお父様だけで相続すればよいですが、もしも父親の違...

回答日 2018年11月16日 23:09

調停は裁判所を介した話し合いです。話ではありますが、主張を書面で提出したり、証拠を提出したりも可能です。 弁護士に依頼された方が良いように思われます。

回答日 2018年11月16日 22:44
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 30 件を表示/全 1,949 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
高橋 建嗣弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5289-2709

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 22:00
定休日
土,日,祝
備考
※20時以降は電話が繋がらない可能性もありますので、緊急時以外はできればメールでご連絡下さい。
(相談料は1時間5,000円となります。)
対応地域
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語
中国語