高橋 建嗣弁護士 たかはし けんじ

高橋 建嗣弁護士

池袋グローバル法律事務所

東京都豊島区南池袋2-35-7岩田光建ビル501
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名2,082 件/匿名:0件

住宅ローンの契約の内容によりますが、契約に、同じ銀行の他の借り入れの返済が滞った場合は住宅ローンも一括返済請求が出来る、等の条項が入っていない限り、他の借り入れは住宅ローンに影響がないはずです。

回答日 2019年03月20日 17:35

書き込んだ者が誰かを特定が出来れば慰謝料請求できる可能性はありますが(少なくとも写真を晒されたことで肖像権侵害は成立していると思われます)、特定のためには法的手続きが必要になると思われます。

回答日 2019年03月15日 14:58
この回答がある質問
インターネット

1 相手方の同意が無いと出来ないです。 2 あなたに全額の請求が行くことになります。 3 子供に請求が出来ることは、相続で債務を引き継いだ場合を除いてありません。

回答日 2019年03月15日 11:44
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

1 自己破産(免責)後に請求する場合は、破産の申し立ての際に、あなたが請求したい債権(=慰謝料請求権)があると破産者が裁判所に申し出ていなければ、請求可能です。但し当然ながら、相手方が支払えるか(財...

回答日 2019年03月11日 14:14
この回答がある質問
不倫慰謝料

DNA鑑定は裁判所が使っている業者が行うことになります。業者が直接検体を採取しにくるので、他人のDNAとすり替えられることはありません(裁判所も信頼できる業者を選んでいます)。 ご心配であれば、あ...

回答日 2019年03月07日 22:14

別居期間が同居期間と同程度になるまでまずは別居してください(それまで待ってください)、と当職なら言うと思います。

回答日 2019年03月06日 18:47
この回答がある質問
モラハラ

1 請求は一括でされるので、支払いも一括でする義務はありますが、一部だけ支払った場合はその他の部分につき遅延損害金がつくことになります。 2 申立てまでは支払えない、ということは言えますが、破産の...

回答日 2019年03月06日 13:29
この回答がある質問
窃盗・万引き

1 検査結果だけでなく、カルテを含む医療記録一式の請求が、今ならば遺族だけでも(たいていの病院に対しては)可能です。 2 医療ミス(過誤)については協力医に判断してもらわないと分かりません。

回答日 2019年03月06日 09:30

家庭裁判所に申立をしますので、家庭裁判所に聞いてみてください。

回答日 2019年03月05日 16:56
この回答がある質問
調停離婚

理論的にはそうなりますが、実際には売買契約で契約締結後30年経過後に違反(債務不履行)があるというのは考えにくいです。

回答日 2019年03月05日 11:23
この回答がある質問
契約書

あなたのお母様がお父様の再婚相手ということであれば、お母様と養子縁組をしていない限り親子関係が無いので、お母様の遺産を相続することは出来ません。但し、特別縁故者として遺産を譲り受けられる可能性はある...

回答日 2019年03月05日 10:23

当然ながら、なぜウソをついたのかが問題となり、理由によってはあなたの話が調停委員に信じてもらいにくくなります。 訴訟は調停の内容、結果を引き継がないので、相手方から調停でウソをついた、と言われない...

回答日 2019年03月04日 19:46
この回答がある質問
調停離婚

そういうのではなくて、提出書類を精査して問題点がないか、更に詳細を聞かなければならない点がないかを調べているのです。

回答日 2019年03月04日 12:07
この回答がある質問
個人再生

お子様の親権者になりたいのなら、必ずお子様を連れて別居してください。ご自分だけ別居した場合に親権者となることはかなり難しいと考えてください。 その他は、財産分与請求のために、相手方名義の財産につい...

回答日 2019年03月01日 21:45
この回答がある質問
離婚・男女問題

ご相談の事情だけでは離婚事由にはならない、と判断します(今後、借金をしなくなる可能性もありますし、額もそこまで大きいとは言えないので)。

回答日 2019年02月27日 21:06
この回答がある質問
離婚回避

いきなり人身保護請求を申し立てるのは申立の要件を満たさない可能性がありますので、まずは子の引き渡しの審判、子の監護者指定の審判ならびにそれらの保全処分を家庭裁判所に申し立てるべきと考えます。 なお...

回答日 2019年02月27日 20:15
この回答がある質問
離婚・男女問題

証人尋問を申請しても良いと思いますが、調査嘱託を申し立てて、裁判所から訴外会社Aに対して、いくらの支払いを受けたかの質問をしてもらい、回答してもらうという方法もあります。

回答日 2019年02月27日 20:13
この回答がある質問
他社との取引や契約

裁判所に、指定された期日に行けない旨連絡すれば、期日を別の日に変更するか、1回目は来なくていいので2回目からくるようにとのことで、2回目の期日を決めることになると思われます。

回答日 2019年02月26日 18:35

嫌がらせの具体的内容が不明ですが、名誉棄損的な投稿をするものや、プライバシー侵害の投稿であれば、SNSの運営会社に対して発信者情報開示請求をして投稿のIPアドレスとタイムスタンプを開示させて、それを...

回答日 2019年02月25日 19:25
この回答がある質問
インターネット

ご相談のような場合でも婚姻費用は問題なく請求可能です(請求出来ないのは自分が不倫したあげくに勝手に家を出たような、倫理的にも問題があるような場合です)。

回答日 2019年02月25日 13:44
この回答がある質問
婚姻費用

役員であった場合は利益相反取引の問題が生じて取締役会の承認が必要になると考えられます。

回答日 2019年02月25日 11:14

病院側と示談交渉をし、示談交渉で解決できなかった場合には訴訟で請求する必要がありますが、その材料として、病院側に医療記録一式の開示をしてもらうことと、可能であれば、もしも病院側が注射の過失(医療過誤...

回答日 2019年02月22日 20:19

財産がないのに請求するのは経済的には意味がないのであまりお勧めできませんが、自営業者ならば日々の売り上げによる現金があるかも知れません。 実子でない子の養育費の請求については、親子関係不存在確認請...

回答日 2019年02月21日 21:43
この回答がある質問
不倫慰謝料

1 大株主が議決権を行使できないので(そもそも株主総会への出席ができず、誰かに委任をすることも出来ない)、株主総会を開けない(何も議決できない)状態を言わざるを得ません。 2 大株主について成年後...

回答日 2019年02月20日 15:41
この回答がある質問
退職

当職が知る限りではありません。管財人費用(予納金)が支払えない場合は破産手続きを進めることが出来ず免責を受けられなくなります。予納金は5万円/月×4回の分割払いも出来ると思いますが、それも難しいので...

回答日 2019年02月20日 15:37
この回答がある質問
自己破産

1 犯罪かどうかはイギリスの刑法によって決まることですし、ハーグ条約は犯罪を定めたものではありませんが、子にトラウマを与えるようなDVがあるということで返還拒否事由ありとされる可能性は考えられます。...

回答日 2019年02月19日 21:51

そのような場合は、相手方の法人が、自分は契約していない、なぜなら記載されている住所が違うから、と主張してくる可能性があります。そのような主張がされた場合は、相手方の法人が契約締結したことが分かる証拠...

回答日 2019年02月16日 12:25

不動産の価値とローンの残債額によると思われます。ローンの残債の方が多い(オーバーローン)の場合は不動産に価値無しとされて管財人も否認権は行使しないと思われますが(行使しても意味がないため)、不動産の...

回答日 2019年02月15日 17:40
この回答がある質問
不動産・建築

1 消費税分の滞納を請求して、支払わなかった場合にそれを理由に契約解除する(但し滞納額によります)、2 事務所を貸主の同意なしに改装したことを理由に契約解除する(但し滞納額によります)といった方法が...

回答日 2019年02月15日 17:29

離婚後でも相手方の女性に慰謝料請求は可能ですが(不貞行為をしたこと自体ではなく、不貞行為により離婚に至ったことを理由にする)、離婚してから3年で消滅時効にかかる点にご注意ください。

回答日 2019年02月15日 10:26

1 - 30 件を表示/全 2,082 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
高橋 建嗣弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5289-2709

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日10:00 - 22:00
定休日
土,日,祝
備考
※20時以降は電話が繋がらない可能性もありますので、緊急時以外はできればメールでご連絡下さい。
(相談料は1時間5,000円となります。)
対応地域
事務所の対応体制
完全個室で相談
英語
中国語