現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大川原 栄弁護士

( おおかわら さかえ ) 大川原 栄

城北法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名82 件/匿名:0件

連帯保証契約は、貴方と大家との間の契約ですから、保証人変更が完了するまで返却不要とも考えられます。他方で、不動産を借りている友人が大家に保証人変更の申し入れをする際に、貴方が持っている契約書を差し出...

回答日 2012年05月02日 08:55
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

追加です。 裁判に負ければ遅延損害金を負担しなければなりませんが、相手の弁護士費用の負担はありません。 なお、裁判になれば、おそらく「データにもとずく」「応募30人予想」ということが契約...

回答日 2012年02月28日 11:13
この回答がある質問
調停

強行に至る筋道としては、 まず、何時でも納品できることを通知し、 同時に、支払いがない場合にはやむを得ず弁護士に相談して法的措置を講ぜざるを得ない旨連絡をするということになります。 それで...

回答日 2011年11月19日 10:54
この回答がある質問
他社との取引や契約

親会社が株式の100%を保有する子会社であっても別法人ですから、同一法人内での職種変更とはいえません。実際上、在籍出向ではなく転籍出向という形をとることになるのであれば、原則として各人から個別同意を...

回答日 2011年11月14日 21:32
この回答がある質問
不動産賃貸

そのような心配・不安があるようであれば、 やはり弁護士保険を使うのがベターだと思います。そのための弁護士保険です。 但し、保険会社紹介ルートの弁護士は、保険会社の顔色を気にする可能性がありま...

回答日 2012年03月20日 02:14
この回答がある質問
民事・その他

相手の氏名、住所が分かっているということであれば、簡易裁判所の手続(少額訴訟等)を利用するのが良いと思います。 お近くの簡易裁判所に行って相談すれば、適切な方法を教えてくれるはずです。

回答日 2012年03月12日 09:46
この回答がある質問
借金

無視して構いませんし、今後は今以上の情報を提供しないようにすべきです。 今後、仮に電話・メール連絡を超えた動きがあれば、その段階で弁護士に相談すれば足ります。

回答日 2011年12月08日 00:09
この回答がある質問
出会い系サイト

弁護士との個別交渉でしょうが、通常であれば弁護士は了解しないと思います。 但し、弁護士が債権回収の事件を受任し、その債権を回収した後に回収金から弁護士報酬に充てるということはあり得ることです。

回答日 2011年12月01日 20:52
この回答がある質問
内容証明郵便

心配しすぎだと思います。 犯罪者は、自分に犯罪の可能性があることを自ら進んで警察に通告することはないからです。 今後も今までどおり通常の生活をすればOKです。

回答日 2011年11月23日 20:56

内容証明郵便に何を書くかによって異なると思います。 代理人として今後も代理して対応することが含まれている場合には、内容証明の作成だけではなく交渉についても代理することになりますので、着手金が必...

回答日 2011年11月23日 12:48
この回答がある質問
内容証明郵便

まずは会社に連絡を入れ、給料が支払われない理由を聞くことだと思います。 その上で、会社の理由に納得いかない場合には、お近くの労働基準監督署に相談するということになります。 但し、労基署は...

回答日 2011年11月18日 16:37
この回答がある質問
給料

法律上は、「浮気」にはならないといわざるを得ません。 ネット上ではなく、現実社会で話を交わしても、また、そこから進んで一定の愛情表現をしても、離婚原因となる「不貞行為」にはなりません。 ただ...

回答日 2011年11月07日 21:36

警察も当てにならないという状況であれば、 やはり弁護士を間に入れると言うことが最も有効と思います。 その上で相手の反応を見て、その後どうするかを弁護士と相談すべきです。

回答日 2011年11月04日 13:12
この回答がある質問
恐喝

そもそも警察には届出をしたのでしょうか。 届出をしていて、その後に警察が動いて犯人が分かれば、犯人にたいする刑事処分が始まります。その際、示談の話があれば、治療費や休業補償、慰謝料請求をするこ...

回答日 2011年11月02日 14:16
この回答がある質問
暴行

まず弁護士に相談した方がベターです(警察は当てになりません。)。 その上で、その弁護士から大家に鍵を戻す要求をしてもらい、それが拒否されたらどうするかを検討することになります。この後の対応は、...

回答日 2011年11月02日 14:11
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

使用借権は、相続人との関係ではけっこう強い権利ですので、誤解しないで下さい。 相手方に弁護士がついているということであれば、取り敢えずこちら側の要求を出し、それをその弁護士が何ら考慮しないとい...

回答日 2011年11月02日 14:00
この回答がある質問
借家

使用している銀行に対し借入金等の負債がなければ、引き続き銀行口座の利用は可能ですので、心配は不要です。 口座が「封鎖」されるのは、口座のある銀行等への借入金があり、破産等の手続でその銀行からの...

回答日 2011年11月01日 20:24
この回答がある質問
個人再生

「暴言」ということで警察を呼ぶということになれば、レジ係という貴方の立場が悪くなると思います。あまににも酷い場合には、脅迫罪にもなりますが、その判断はかなり微妙ですので、貴方の上司の判断・対応に任せ...

回答日 2011年11月01日 03:24
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

手持現金の差押えは、事実上困難と言えます。 しかし、給料については、その支払い前であれば給料債権の差押え(債権執行といいます。)が可能となります。その際の差押え先(第三債務者といいます。)は、...

回答日 2011年10月31日 21:48

単純に強要罪が成立します。 貴方がどのような回答を期待しているのか分かりませんが、 通常であればためらいなく警察に相談に行きますし、貴方もそうすべきだと思います。

回答日 2011年10月31日 00:21

不動産の登記情報は、何時でも誰でも閲覧謄写できますので、そこに記載されている情報自体が個人情報保護法の対象になるとは思えません。 従って、貴方の疑問と考え方は正しいと思います。 役所とすれば...

回答日 2011年10月29日 18:31
この回答がある質問
共有持分

供託をした大手会社は、いろいろなところから請求が来る(債権者不確知)ということで供託したと考えられ得ます。その結果、その大手会社は本来の支払日の支払いを拒否できます。 貴方としては、供託金をめ...

回答日 2011年10月29日 18:20

そのようなご事情であれば理解できます。 メンタルクリニックでの治療計画は一つの客観的事情になると思います。仮に情状証人がいないということであっても、クリニックに通院しているという事情が加われば...

回答日 2011年10月27日 23:49
この回答がある質問
認知・親子関係

う〜ん・・・ OKを押しても支払義務が生じることにはなりませんが、同じ問題が生じる可能性もあります。 画面についてどうすれば良いかが分かる弁護士がいるかどうか。 弁護士の担当領域以外の問題...

回答日 2011年10月21日 11:00
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

弁護士としては、案件の緊急性から優先順位を変えることがあります。また、やはり難しい事件は後回しにしたいという気持ちがあることも否定できないと思います。 しかし、依頼者の事件を引き受けた以上、全...

回答日 2011年10月21日 09:47
この回答がある質問
親権

そのマンションに誰かが住んでいるという気配はあるのでしょうか。郵便ポストに郵便物が溜まっていなければどなたかが住んでいるということなのでしょう。 そうであれば、手紙を郵便(可能であれば内容証明...

回答日 2011年10月20日 02:02
この回答がある質問
消費者被害

前の会社とどのような契約をしていたかによります。 契約書がないというのであればそれを何とか手に入れるしかないですが、取り敢えずは書面にて使用中止の申し入れを行い、それを拒否するのであればその理...

回答日 2011年10月20日 00:14

今後は、何か連絡があっても一切無視することです。 電話等があれば、弁護士に相談したところ支払義務はないと言われた(今回の相談がそうです。)と伝えることです。 それ以上のアクションがあれば...

回答日 2011年10月19日 15:15
この回答がある質問
ワンクリック詐欺

お母さんと娘さんが何故にそこまで拘るのかという事情がよく分かりません。 その事情は別としても、お父さんの意思が確実であれば、お父さんから公証人を呼ぶことの了解をとり、公証人に事情を話して家まで来て...

回答日 2011年10月18日 10:15

横領金額と同様の損害金ということ自体が、法的根拠希薄と思わざるを得ません。被害者が法人である以上、損害金についてはそれなりの実額でなければならないからです。 示談をきちんと進めたいということで...

回答日 2011年10月17日 23:24
この回答がある質問
横領

1 - 30 件を表示/全 82 件

大川原 栄弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3988-4866
交通アクセス
駐車場近く