現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大川原 栄弁護士

( おおかわら さかえ ) 大川原 栄

城北法律事務所

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:347 件/匿名回答数:0件

返金請求の可否については、契約条項の検討が必要になります。しかし、月次の営業報告書の提出もないということであれば、返金請求は可能と考えられます。 但し、相手と連絡もとれない状況ということであれ...

回答日 2012年06月26日 14:32
この回答がある質問
詐欺

まず契約書において、クレーム商品の取扱についてどのように規定されているかが大事です。 取引先の一方的判断でクレーム商品として処理できるのか、その際に一方的に廃棄(破棄)できるのかが問題になりま...

回答日 2012年05月03日 13:29
この回答がある質問
製品の欠陥

連帯保証契約は、貴方と大家との間の契約ですから、保証人変更が完了するまで返却不要とも考えられます。他方で、不動産を借りている友人が大家に保証人変更の申し入れをする際に、貴方が持っている契約書を差し出...

回答日 2012年05月02日 08:55
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

かなり難しい問題です。 前会社に出した誓約書が全く効力を有しないということはないと思います。 競業規制と職業選択の自由の限界事例であり、競業が問題になっている職種や企業規模、営業エリア等が個...

回答日 2012年05月01日 21:05

保証人を辞める場合に大事なことは、大家がそれを了解するということです。新しい保証人が大家と保証契約を結んでも、貴方が辞任することの了解を得なければ、貴方の保証人としての責任がなくなることにはなりませ...

回答日 2012年05月01日 20:48
この回答がある質問
連帯保証人の解除・変更

詳しい事情がよく分かりませんが、通常の不動産媒介ということであれば、契約が成立しなくても媒介者の責任が生じることはありません。まして、貴方の場合には、紹介しただけのようですので、それで法的責任が生じ...

回答日 2012年04月24日 09:53
この回答がある質問
借地

基本的には、契約時にどのような合意をしたのかということで決まります。テナントを借りたとということですが、スケルトン状態(壁が剥き出し状態)で借りたということであれば、内装を含め部屋のどの部分にコンセ...

回答日 2012年04月24日 09:47

家主の立場からは、実質上無断転貸であること、あるいは用法違反を主張すると考えられ、契約書の条項及び民法をベースに契約解除に基づく建物明渡し(原状回復を含む)請求をすると思われます。 店子の立場...

回答日 2012年02月29日 17:37
この回答がある質問
契約書

追加です。 裁判に負ければ遅延損害金を負担しなければなりませんが、相手の弁護士費用の負担はありません。 なお、裁判になれば、おそらく「データにもとずく」「応募30人予想」ということが契約...

回答日 2012年02月28日 11:13
この回答がある質問
調停

おそらく印を押したのが契約書なのでしょう。そもそも契約書の控えを置いていかなかたこと自体が不自然です。 再度支払いの請求があるようであれば、契約書の交付を請求すべきです。対応するのは大変かもし...

回答日 2012年02月28日 11:08
この回答がある質問
調停

契約料が未払であえば、支払日の翌日から年6%の遅延損害金が発生します。 しかし、営業方法(勧誘方法)に問題がないとは言い切れませんので、争う価値はあるかもしれません。支払う前に、一度、契約書等...

回答日 2012年02月27日 19:34
この回答がある質問
調停

求人募集契約についての契約料は支払済みでしょうか?支払い済みでなければ、その支払いを求める裁判ということでしょう。 支払済みということであれば、貴方の言い分を前提に損害賠償義務は存在しないというの...

回答日 2012年02月27日 11:33
この回答がある質問
調停

貴方自身がA社の役員(取締役)ではなく、通常の従業員ということであれば、基本的に貴方の行為に何ら法的問題はありません。 A社の言い分は言い掛かりに過ぎないものであり、B社の請求は問題なく認められる...

回答日 2012年02月09日 09:30

佐川急便との関係は、現在の原則的対応でよろしいと思います。 消費者との関係はかなり困難です。 費用と時間を要しても真実を追究するということであれば、「ちぎれ」の原因を例えば科学的に徹底分析し...

回答日 2011年12月25日 23:35
この回答がある質問
通信販売・オークション

口頭による合意であっても、理論上は契約として成立していることは否定できないことですが、現実に相手がそこまでの合意はないと争ってくる場合に契約が成立していること立証することは困難となります。ですから、...

回答日 2011年12月21日 21:13

従前の雨漏り箇所について修理済みであり、今回の雨漏りが台風によるものであって「天災」(賃貸借契約書に免責規定とされているはず)に該当するということであれば、家主に責任は生じないと考えられます。 し...

回答日 2011年12月07日 18:24
この回答がある質問
不動産賃貸

質問1・・・おそらく脱法行為であり、法的根拠はない(=違法)と思われます。厚生労働省に問い合わせすれば、明らかになると思います。 質問2・・・端的に関係役所に問い合わせたらどうでしょうか。 ...

回答日 2011年12月01日 20:49
この回答がある質問
通信販売・オークション

通常は相当因果関係のある損害に限定するという趣旨であり、今回も規定もそのように理解して構わないと思います。 日本における損害賠償は、相当因果関係のある損失についての補填という意味であり、それを...

回答日 2011年11月24日 16:54
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

契約条項にあるとおり、総代理店契約に違反している以上、損害賠償が可能と思います。 通常は契約内容として損害賠償の予定といったものを入れるのですが、そのような規定がない以上、実損及び他の店に販売...

回答日 2011年11月22日 19:01
この回答がある質問
代理店・フランチャイズ

その器具が医療器具であれば当然に薬事法の適用がありますが、健康器具であれば輸入上の規制はないと考えられます。 健康器具であっても医療行為とみなされる行為、あるいはそれを伺わせる宣伝広告等を行え...

回答日 2011年11月21日 10:27
この回答がある質問
民事・その他

強行に至る筋道としては、 まず、何時でも納品できることを通知し、 同時に、支払いがない場合にはやむを得ず弁護士に相談して法的措置を講ぜざるを得ない旨連絡をするということになります。 それで...

回答日 2011年11月19日 10:54
この回答がある質問
他社との取引や契約

契約書を交わしていなくても口頭による合意があれば、契約が成立していると考えられます。 貴方のお話ですと、納品前に代金を受領することが当然のようになっていますが、そのような合意があるということでしょ...

回答日 2011年11月19日 10:42
この回答がある質問
他社との取引や契約

転籍出向は形式上は従前会社の退社と新会社での採用ということであり、個別合意なしにそれを強行することは法律上の問題が生じうることになります。 やはり、個別的に今回の分社化の意義等を説明し納得して...

回答日 2011年11月15日 16:12
この回答がある質問
不動産賃貸

親会社が株式の100%を保有する子会社であっても別法人ですから、同一法人内での職種変更とはいえません。実際上、在籍出向ではなく転籍出向という形をとることになるのであれば、原則として各人から個別同意を...

回答日 2011年11月14日 21:32
この回答がある質問
不動産賃貸

助成制度の活用等については、税理士が専門です。 また、設立に関する形式的な話(定款の作成・登記等)については、司法書士が専門です。 弁護士は、将来生じる可能性のある法的トラブルの予防、そして...

回答日 2011年11月10日 00:07
この回答がある質問
インターネット

現実問題としては、結局のところ、誰が弁護士に依頼するか、会社として依頼できるのかというところに帰着するのだと思います。 会社として依頼するのであれば、社内で何のために、何を目的として弁護士に依頼す...

回答日 2011年11月08日 23:43
この回答がある質問
取締役

弁護士が介在する場合、その弁護士は誰の依頼ということで動くとお考えでしょうか。 弁護士としては、依頼人が誰かということで動き方に違いが出てくると思われます。 仮に会社の依頼ということであれば...

回答日 2011年11月07日 21:50
この回答がある質問
取締役

人材紹介に関する基本契約規定の適用案件ではないのでしょうか。 「今回の取引においては返金の規定はありません。」との書かれていますが、その意味が分かりません。報酬全額の返金規定はないということでしょ...

回答日 2011年11月04日 16:25
この回答がある質問
就職・転職

比護弁護士引用の判例のように、引き抜き行為をもって違法性を主張するのはかなり困難だと思います。 他に考えられる違法性主張の法律論は、不正競争防止法による差し止め、損害賠償請求が考えられますが、...

回答日 2011年11月04日 16:14
この回答がある質問
人事・労務

その物件を媒介した不動産業者の説明が不十分だったと思われますが、おそらく契約書においてはスケルトン状態への原状回復義務が記載されていると推定されます。 造作が貴方のものになるかは微妙です。家主...

回答日 2012年04月24日 10:08
この回答がある質問
原状回復義務

1 - 30 件を表示/全 347 件

大川原 栄弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3988-4866
交通アクセス
駐車場近く