堀 晴美弁護士 ほり はるみ

堀 晴美弁護士

堀国際企業法務法律事務所

東京都 渋谷区 渋谷1-8-3 TOC第一ビル7階

みんなの法律相談回答一覧

ありがとうがついた回答数:実名13,099 件/匿名:1件

夫婦仲が悪く、頻繁に夫婦喧嘩をする、あるいは家庭内別居状態になるようであれば、かえってお子様のためにはならず、別居したほうがよいと思います。 夫婦喧嘩を押さえて、同居を続けることができるのであれば...

回答日 2020年05月09日 11:42
この回答がある質問
離婚・男女問題

離婚してしまった場合、離婚後の生活費を請求する権利はありません。別居して婚姻費用を請求することはできます。 また、協議離婚、調停離婚で相手方が同意してくれれば、慰謝料、財産分与で扶養的要素を加味し...

回答日 2020年05月09日 11:39

口を出すことは自由ですが、相手方がその通りにするかは別だと思います。 お子様はすでに20歳を過ぎているでしょうか?過ぎていれば、養育費を相手方に渡さず、直接お子様に渡すという手はあると思います。

回答日 2020年05月09日 11:34

不貞関係から離婚し、付き合っていた当事者間での慰謝料の請求は原則として難しいと思います。その相手との間に婚姻予約関係あるいは内縁関係が成立していれば、その不当破棄として慰謝料を請求することが可能かも...

回答日 2020年05月09日 11:31

お子様に支給される給付金については、お子様のために費消されるべきものなので、お子様の法定代理人が管理することになります。したがって、親権が相手方にある場合、親権者がお子様の給付金について管理すること...

回答日 2020年05月09日 11:26

面会交流の調停の申し立てを家裁にしてください。裁判所は面会交流ななされるべきというスタンスなので、面会交流が認められる可能性が高いです。なお、養育費の支払いと面会交流はリンクしませんから、養育費を支...

回答日 2020年05月09日 11:23

プライバシー侵害の可能性があるので、やめた方が良いと思います。 また、原則として、慰謝料請求は当事者間の問題で、親は関係ないと思います。事実上親がはらってくれる可能性があるとしても、それはあくまで...

回答日 2020年05月08日 11:30
この回答がある質問
離婚慰謝料

不貞行為の慰謝料については、不貞相手つまりその男性とお嬢様が連帯債務者になりますので、仮にお嬢様が元奥様に慰謝料を支払った場合、少なくとも半分の金額を不貞相手の男性に対して求償することができます。

回答日 2020年05月08日 11:25
この回答がある質問
中絶

とりあえず、子の引き渡しと監護者指定の審判の申し立てをしてください。半年の監護実績とは、相手方が半年の監護実績ということでしょうか?監護権、親権は、今までどちらが主たる監護者であったか、今後の監護体...

回答日 2020年05月06日 11:31
この回答がある質問
離婚慰謝料

書面で出せばよいと思います。その際、事件番号と当事者名を書いておけば、事前に電話連絡をしなくても良いと思います。出した書面は調停委員は読んでくれます。

回答日 2020年05月06日 11:20
この回答がある質問
調停離婚

①企業年金も確定拠出年金も財産分与の対象となります。ただ、同居期間の按分額なので、同居期間が短ければ、あまり金額は出ないと思います。また、運用次第で将来受け取る金額も変動するので、評価は難しいと思い...

回答日 2020年05月06日 11:19
この回答がある質問
財産分与

問題ないと思います。 申し入れをしても面会交流が実現できなければ、面会交流の調停を申し立てることになると思います。

回答日 2020年05月06日 10:55
この回答がある質問
別居

離婚は調停前置主義なので、まず離婚調停を申し立てる必要があります。 そこで相手方が不出頭あるいは合意ができなければ離婚裁判を提起することになります。 離婚裁判では離婚原因が必要です(不貞行為、D...

回答日 2020年05月06日 10:54
この回答がある質問
調停離婚

①夫がローンの支払い名義人になっていれば、住宅ローンの支払い義務があります。また、不動産の登記簿上夫の持ち分が2分の1あれば、固定資産税も折半で支払う義務があります。火災保険は保険契約者が誰になって...

回答日 2020年05月06日 10:53
この回答がある質問
別居

面会交流の調停を申し立てているのであれば、その調停の手続きの中で、調停委員を介して保育園等を教えてもらうようにするしかないと思います。 あとは、面会交流の早期実現を図ることだと思います。

回答日 2020年05月05日 11:51
この回答がある質問
親権

夫と不貞行為相手は連帯債務者になるので、原則として、100万を不貞相手に請求すると、夫には200万の請求になると思います。 ただ、100万を不貞相手が支払うかは不確定なので、300万を請求しても良...

回答日 2020年05月05日 11:47
この回答がある質問
離婚慰謝料

不貞行為とは異性と性的交渉あるいは性的交渉類似行為を行った場合に成立するもので、ドライブに行っただけでは不貞行為とは言えません。 親権と不貞行為とは関係ありません。今まで主としてどちらが監護者であ...

回答日 2020年05月05日 11:41

年収が同じくらいであっても、お子様が生まれて、お子様の監護を質問者様がするのであれば請求できます。 住宅ローンについて、相手方が不払いをする不安があるのであれば、ローンを組み替えて、質問者様が支払...

回答日 2020年05月05日 11:36

1婚姻費用は夫婦の扶助義務から生じるものなので、返ってはきません。 2考慮されません。 3拒絶することはできません。 婚姻費用は夫婦の扶助義務から生じるものですから、仮にモラハラがあったとして...

回答日 2020年05月05日 11:30

中絶軽減保護義務違反で慰謝料を請求するだけであれば、領収書は不要です。中絶費用の折半を請求する場合には、領収書が必要です。手術した病院からは診断書を取っておいた方が良いと思います。

回答日 2020年05月05日 11:26
この回答がある質問
中絶

書かれた内容から判断するに、婚姻予約の不当破棄と言える可能性はあると思います。したがって慰謝料を請求することはできると思います。 これまでに相手方にかかった費用については、内容によっては返還請求す...

回答日 2020年05月04日 11:41
この回答がある質問
婚約破棄

妻が離婚届けを提出することについても同意しているでしょうか?同意しているのであれば提出しても良いと思います。その際、弁護士には離婚届けを提出する旨伝えておいてください。 離婚届け提出後は、慰謝料請...

回答日 2020年05月04日 11:37
この回答がある質問
離婚届

当事者間で話し合いができなければ、弁護士に依頼して、交渉してもらうことになると思います。費用対効果の点から、質問者様ご自身で交渉するのであれば、民事調停を申し立てることになると思います。

回答日 2020年05月04日 11:34
この回答がある質問
離婚・男女問題

不貞行為と養育費の支払いはリンクしません。 相手方が再婚し、子供ができれば、養育費減額の請求の調停を申し立てられれば申し立てが認められてしまいます。 まずは、お子様を取り戻すことに集中したほうが...

回答日 2020年05月04日 11:29
この回答がある質問
養育費

とりあえず、婚姻費用の一部として受け取って、その金額が算定表で算定される婚費よりも少額であれば、婚姻費用分担の請求の調停を申し立てればよいと思います。

回答日 2020年05月04日 11:25
この回答がある質問
別居

事実上の監護状態が継続するということで、相手方有利に働きますが、1か月や2か月程度延びたくらいでは、さほど影響はないと思います。とりあえず、早急に申し立てをしてください。

回答日 2020年05月04日 11:21

暴力については、刑事上は、警察は民事不介入の立場をとって動くことはないと思います。 民事上、慰謝料請求訴訟を提起される可能性はゼロとは言えませんが、一回きりの暴力で、けがも大したことはなく、また経...

回答日 2020年05月04日 11:16
この回答がある質問
中絶

GWでも営業している事務所もあるかもしれません。無理なら7、8日に対応してくれる事務所を探してください。そして早急に子の引き渡し、監護者指定の審判の申し立てをしてください。依頼するにはご本人の同席が...

回答日 2020年05月04日 11:11
この回答がある質問
親権

内容証明郵便で、辞退しないよう申し入れておけばよいと思います。 内容証明郵便は証拠になりますから、勝手に自体した場合に相手方に請求する根拠になると思います。

回答日 2020年05月03日 11:35
この回答がある質問
調停離婚

息子様のお子様であれば、認知は避けられず、養育費も支払わなければならないと思います。 現在は大学生ということなので、収入はゼロですから養育費を支払う必要はありませんが、就職して収入が発生すれば養育...

回答日 2020年05月03日 11:33
この回答がある質問
養育費

31 - 60 件を表示/全 13,099 件

堀国際企業法務法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8637

※堀国際企業法務法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝

対応地域

経歴・資格
離婚経験
国際離婚取扱経験
元裁判官
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
英語