堀 晴美弁護士 ほり はるみ

堀 晴美弁護士

堀国際企業法務法律事務所

東京都 渋谷区 渋谷1-8-3 TOC第一ビル7階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名3,226 件/匿名:5件

賃金センサスで算出することが不適切であることを主張立証する必要があると思います。 すなわち、夫が事実上働くことができない理由を裁判所も納得できるように説明する必要があるかと思います。潜在的稼働能力...

回答日 2020年02月28日 13:10

1DNA鑑定は相手方が合意しない限り強制はできません。 2中絶も相手方が合意しない限り、強制はできません。 3認知するか否かは質問者様次第ですが、仮に質問者様のお子様である場合、相手方から認知調...

回答日 2020年02月28日 12:59

①財産としては、不動産、預金がありますが、不動産については、不動産会社に別居時を基準として価格の査定の見積をしてもらい、預金については銀行に別居時の口座残高を出してもらえばよいと思います。 ②財産...

回答日 2020年02月28日 12:44
この回答がある質問
財産分与

①私生活と仕事は別ですので、辞める必要はないと思います。 ②プライバシーの侵害行為として慰謝料を請求することはできると思います。

回答日 2020年02月24日 11:07

弁護士は何について受任しているのでしょうか?離婚についてであれば、離婚が成立すれば、委任契約は終了しますので、面会交流については弁護士を通さず、直接相手方あるいはお子様が大きければお子様に連絡を取っ...

回答日 2020年02月24日 10:33
この回答がある質問
面会交流

質問者様がまずなすべきことは、離婚無効調停・訴訟で離婚無効を争うことだと思います。そこで離婚が無効になった場合、妻がわから離婚調停・訴訟を申し立てられた際、妻側がDVがあったことを立証しなければなり...

回答日 2020年02月24日 10:18
この回答がある質問
離婚届

書かれた内容から判断するに、お子様を連れて別居し、婚姻費用分担の請求の調停を申し立てた方が良いかと思います。同時に興信所等に依頼して不貞行為の調査をして不貞行為の証拠を獲得したほうがよいかと思います...

回答日 2020年02月23日 10:57
この回答がある質問
養育費

義父に会わせることについては、義父と会わせることが子の福祉の観点から望ましくないのであれば、会わせないように申し入れればよいかと思います。 質問者様のご両親とお子様を会わせたいのであれば、まずは妻...

回答日 2020年02月19日 12:07
この回答がある質問
別居

メッセージを加工しているという証拠があるのであれば、それを証拠として提出すればよいと思います。

回答日 2020年02月19日 12:00
この回答がある質問
調停離婚

株式が財産分与の対象となる場合とは、婚姻時(同居時)の株価と別居時の株価を比較して、株価の価値が上がっている場合です。

回答日 2020年02月19日 11:50
この回答がある質問
財産分与

親権者変更の請求の申し立てをすることになると思いますが、 親権変更はハードルが高いです。現在の監護状況に虐待、ネグレクトなどがないと、そう簡単には親権変更は認められません。お子様が質問者様と暮らし...

回答日 2020年02月19日 11:29
この回答がある質問
親権

養育費請求の調停の申し立てをすれば、期日に調停委員から双方に対して収入を証明するもの(源泉徴収票、確定申告書等)を提出するように要請されますので、そこで相手方の収入を知ることができます。調停しないで...

回答日 2020年02月19日 11:16
この回答がある質問
養育費

質問者様、相手方の都合よりも、お子様の福祉の観点から、どうするのが良いか判断すべきです。お子様を相手方が放り出している現状からすると、親権者変更の調停の申し立てをして、親権者を質問者様に変更して、養...

回答日 2020年02月08日 11:26
この回答がある質問
離婚・男女問題

不倫裁判であれば、親は関係ないはずです。 したがって、親は巻き込まないでほしいと相手方に告げても良いと思いますし、相手方が親を巻き込んでしまった場合、そのようなことをされたことを主張することはOK...

回答日 2020年02月08日 11:07
この回答がある質問
不倫

離婚したくないのであれば、離婚は拒否すればよいと思います。 まだ別居期間も短いので、別居で婚姻関係破たんは認められないと思います。 あとはモラハラで離婚原因があると認められるかですが、それは事情...

回答日 2020年02月08日 11:04
この回答がある質問
離婚回避

①婚姻費用の支払いと住宅ローンの支払いは別です。住宅ローンの支払いについては、質問者様の夫名義で借りているのであれば、ご両親から夫へ支払いを請求することは可能です。 ②財産分与は基本折半ですが、住...

回答日 2020年02月08日 10:43

損害賠償請求は不法行為がないと請求できません。 原則として、子を連れ去られて別居された場合に不法行為として損害賠償請求は難しいと思います。 弁護士に相談して、至急子の引き渡し、子の監護者指定の審...

回答日 2020年02月08日 10:21
この回答がある質問
離婚・男女問題

面会交流の調停の申し立てを家裁にして、直接交流ではなく間接交流にしてもらうようにすればよいと思います。

回答日 2020年02月08日 10:10
この回答がある質問
離婚・男女問題

①母子手帳は成長の記録で、お子様が問題なく成長しているか、予防接種などをきちんと受けているかをチェックします。予防接種を数年間忘れていたものもあるとなると、そこはマイナス要因だと思います。 ②学習...

回答日 2020年02月05日 12:10
この回答がある質問
親権

養育費は双方の年収をベースに算定表で算定された額で決まるので、DNA鑑定を拒否したからといって養育費が増額されることはありません。

回答日 2020年02月05日 12:00
この回答がある質問
認知・親子関係

養育費支払い請求の調停を申し立ててください。 調停手続きの中で、私学、大学の学費、入学費用については、養育費とは別に双方当事者が協議して分担を決めるという別途協議条項を入れてもらえばよいと思います...

回答日 2020年02月04日 12:47
この回答がある質問
養育費

謝る必要はありません。 書かれた内容から判断するに、質問者様としては相手方でお子様を養育してほしい意向のようですが、相手方のもとで適切に監護養育される状況とは思えません。 お子様の福祉の観点から...

回答日 2020年02月03日 13:54

算定のみでしたら、簡易な算定でしたら、法律相談の時に計算してくれる弁護士もいるかと思います。ただ、詳細な事情を考慮して算定するとなると、調停を委任する必要があるかと思います。 審判に移行した場合は...

回答日 2020年02月02日 08:07

虐待がなくなったという事情あるいはお子様と父親との間の関係が改善されるようになったという事情があれば、離婚原因に影響を及ぼすことになると思います。

回答日 2020年02月02日 08:03
この回答がある質問
離婚原因

お子様が質問者様と相手方に対して態度を使い分けているというのは、質問者様と相手方との間の紛争に巻き込まれ、高葛藤の状態にあるという、一番避けたい状況になっていると思われます。再度審判の申し立てをした...

回答日 2020年02月02日 08:01
この回答がある質問
面会交流

東京家裁の場合、事件数が多く混み合っているので、なかなか期日が入らないです。特に年度末で調停委員や裁判官の移動もあるので、年度末、年度初は期日が入らないので、よけい入りにくいと思います。 あとは、...

回答日 2020年02月02日 07:22
この回答がある質問
調停離婚

お子様の利益に反する行為は親権争いで相手方に不利に作用します。 送ってくれないということについて、トークアプリ、メールのやりとり等証拠に残しておいてください。

回答日 2020年02月01日 08:43
この回答がある質問
別居

お子様は何歳でしょうか?お子様の意向は15歳以上であれば重視されます。その場合、録音、動画、文書でお子様の意向を示して、調査官調査をしてもらい、そこでお子様の意向を聞いてもらうことになると思います。...

回答日 2020年01月29日 09:00
この回答がある質問
調停離婚

1 質問者様からそのような主張をするのは難しいと思います。できるのは職場である地方公共団体です。 2 プライバシーの侵害行為として慰謝料を請求されかねないので、やめた方が良いと思います。

回答日 2020年01月29日 08:55
この回答がある質問
不倫

①婚費の支払い義務は請求時からです。したがって婚費調停を申し立てた日から支払い義務が発生します。 ②ネット、弁護士会での相談などだと思います。 ③婚費調停については、直近の源泉徴収票あるいは給与...

回答日 2020年01月29日 08:05
この回答がある質問
調停離婚

61 - 90 件を表示/全 3,226 件

堀国際企業法務法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8637

※堀国際企業法務法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝

対応地域

経歴・資格
離婚経験
国際離婚取扱経験
元裁判官
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
英語