堀 晴美弁護士 ほり はるみ

堀 晴美弁護士

堀国際企業法務法律事務所

東京都 渋谷区 渋谷1-8-3 TOC第一ビル7階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名3,226 件/匿名:5件

借用書を書いていない場合でも、入居費用、引っ越し費用を借りているのであれば、返済義務があります。 ただ、それ以外の部分、合鍵をつくらせろとか、体の関係をせまってくるとかは、ストーカー行為として警察...

回答日 2010年04月16日 09:45
この回答がある質問
契約・借用書

内容証明を必ずしも無視してよいとは限りません。弁護士が書いてきたものでしょうか?それとも相手方本人が書いたものですか?弁護士が書いたものであれば、訴訟に発展する可能性が高いです。 弁護士を選ぶ...

回答日 2010年04月16日 09:27
この回答がある質問
不倫慰謝料

必ずしも相手方の弁護士と会わなければならないということはありません。メール、電話でもOKです。 調停では、しっかり、親権、慰謝料について請求して、覚せい剤使用のことも話したほうがよいと思います。 ...

回答日 2010年04月15日 09:41
この回答がある質問
調停離婚

そうですね、それだけ証拠を準備していれば大丈夫だと思います。あとは、相手方の支払い能力だけですね。

回答日 2010年04月14日 10:19

元彼女のご両親には、元彼女が貴殿に渡した金銭について、なんら請求権はないのですから、訴訟をおこしようがないと思います。仮に、何らかの理屈をつけて弁護士をたてて訴訟を起こされた場合には、弁護士に依頼し...

回答日 2010年04月13日 11:24
この回答がある質問
借金

代表者が個人の立場で契約をすることになるわけですが、契約上、代表者が債権者の立場であれば、新しい代表者が新債権者になるには、債務者(契約の相手方)に通知し、または債務者の承諾を得ないと、対抗できない...

回答日 2010年04月13日 10:59
この回答がある質問
判断能力

詐欺はちょっと難しいと思います。 貴殿の認識として、あげたお金ではない、貸したお金であるというのであれば、やはり裁判しかないと思います。ただ、この点は裁判でかなりもめると思います。 認知は別途認...

回答日 2010年04月13日 10:03
この回答がある質問
離婚届

上記弁護士が書かれたとおり、不貞をした有責配偶者でも離婚の調停の申し立てはできます。ただ、訴訟になった場合、認められる要件は非常に厳しく、すでに書かれているように長期の別居、子の成人などの要件を満た...

回答日 2010年04月13日 09:50

上記弁護士がおっしゃるとおり、子供の離婚に関する慰謝料、養育費その他の費用は、親とは関係ないですから、連帯保証する義務もありません。無視してよいと思います。

回答日 2010年04月13日 09:34
この回答がある質問
養育費

たとえば、東京税理士会の管轄であれば、紛議調停制度で訴えることもできます。管轄の税理士会に紛議調停制度があるか問い合わせて、訴えればいいと思います。

回答日 2010年04月12日 11:21
この回答がある質問
窃盗・万引き

慰謝料を請求するかどうかは、付き合っている男性の妻が決めることなので、こちらからはどうすることもできません。訴えられたら、すでに婚姻破綻の状態にあったことなどを主張することになると思いますが、相手方...

回答日 2010年04月12日 10:39
この回答がある質問
不倫慰謝料

上記弁護士と同様の見解ですが、貴殿が支払っている借金とは、婚姻関係の借金でしょうか?それとも貴殿自身の関係の借金でしょうか?婚姻関係の借金であれば、それも分担することになります。

回答日 2010年04月12日 09:09

まず相手方の所在を突き止めることが必要ですね。 どういう請求をするにせよ、どこにいるのかわからなければ、請求書を送ることはできません。 友人関係はどうでしょうか?勘当されたとしても、両親宅にいる...

回答日 2010年04月12日 09:05

裁判になった場合とは、相手方の妻が貴殿に対して慰謝料請求訴訟を起こしてきた場合のことです。この裁判の手続きで、念書を出しても意味がありません。実際に相手方の妻からの慰謝料請求が認められた場合に、念書...

回答日 2010年04月09日 12:18
この回答がある質問
不倫慰謝料

仮処分の申し立てとは、申立人にたいして、迷惑メール、脅迫メールや電話をしないという仮処分を申し立てることです。ですから、貴殿にたいする脅迫メール、電話を止める仮処分の申立人には、貴殿がならなければな...

回答日 2010年04月09日 12:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

内容が名誉棄損にあたるようなものであれば損害賠償請求の対象となります。 また、相手方が未成年者であれば、親権者を相手取って監護責任に過失があったとして損害賠償請求することも可能ですが、ただ未成年と...

回答日 2010年04月02日 10:14
この回答がある質問
インターネット

3,211 - 3,226 件を表示/全 3,226 件

堀国際企業法務法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8637

※堀国際企業法務法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝

対応地域

経歴・資格
離婚経験
国際離婚取扱経験
元裁判官
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
英語