堀 晴美弁護士 ほり はるみ

堀 晴美弁護士

堀国際企業法務法律事務所

東京都 渋谷区 渋谷1-8-3 TOC第一ビル7階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名3,226 件/匿名:5件

ご自身が別居されたほうが、精神衛生上もよいかと思います。 離婚調停などで不利に作用することはないと思います。 別居前に嫌がらせについての証拠を保全しておいた方が離婚調停、裁判に必要なので、ベター...

回答日 2020年05月19日 11:30
この回答がある質問
調停離婚

1当事者が同意すれば、当事者間での話し合いを選択することはできますが、できれば事前に代理人に対して当事者間で話し合いをするということを伝えておいた方がよいと思います。 2依頼人が当事者間の話し合い...

回答日 2020年05月19日 11:28
この回答がある質問
離婚・男女問題

刑事上の罪にはなりませんが、プライバシーの侵害行為として慰謝料を請求されるおそれがあるので、止めた方が良いと思います。

回答日 2020年05月13日 11:18
この回答がある質問
不倫

不貞行為と親権の判断はリンクしませんが、相手方が不貞行為に走って、子の監護を十分してこなかったという点は親権の判断に影響します。親権はこれまでどちらが主としてお子様を監護してきたか、今後の監護体制は...

回答日 2020年05月08日 11:28
この回答がある質問
不倫

相手方が受け取って、質問者様に渡さないのであれば、簡易裁判所に不当利得返還請求訴訟を提起することになると思います。

回答日 2020年05月06日 11:33
この回答がある質問
別居

面会交流の調停を申し立てているのであれば、その調停の手続きの中で、調停委員を介して保育園等を教えてもらうようにするしかないと思います。 あとは、面会交流の早期実現を図ることだと思います。

回答日 2020年05月05日 11:51
この回答がある質問
親権

暴力については、刑事上は、警察は民事不介入の立場をとって動くことはないと思います。 民事上、慰謝料請求訴訟を提起される可能性はゼロとは言えませんが、一回きりの暴力で、けがも大したことはなく、また経...

回答日 2020年05月04日 11:16
この回答がある質問
中絶

GWでも営業している事務所もあるかもしれません。無理なら7、8日に対応してくれる事務所を探してください。そして早急に子の引き渡し、監護者指定の審判の申し立てをしてください。依頼するにはご本人の同席が...

回答日 2020年05月04日 11:11
この回答がある質問
親権

内容証明郵便で、辞退しないよう申し入れておけばよいと思います。 内容証明郵便は証拠になりますから、勝手に自体した場合に相手方に請求する根拠になると思います。

回答日 2020年05月03日 11:35
この回答がある質問
調停離婚

別途協議条項については、どのような範囲まで含まれるかは相手方次第です。 相手方が同意すれば、私学だけでなく、公立の高校、大学の入学金、学費、設備費等の支払いを協議条項に入れることはできます。 別...

回答日 2020年05月03日 11:25
この回答がある質問
調停離婚

①コロナの蔓延が心配される現状、zoomなどを使っての面会交流はやむを得ないと思います。 ②相手方のそのような態度は認められません。そもそも面会交流と養育費あるいは婚費の支払いはリンクしません。

回答日 2020年05月02日 11:18
この回答がある質問
面会交流

婚姻関係破たんは別居期間だけでなく、諸事情を考慮して決められるので、別居期間だけでは判断できません。 ただ、同居期間、婚姻期間がゼロであれば、別居期間が比較的短期であっても(1年から2年くらい)婚...

回答日 2020年05月02日 11:16
この回答がある質問
裁判離婚

不倫しているからといって、親権が取れないということにはなりません。 親権はこれまでどちらが主としてお子様の監護をしてきたか、今後の監護体制は整っているかを子の福祉の観点から判断して決められます。今...

回答日 2020年04月30日 10:42

関係修復を図りたいのであれば、親族も交えてよく話し合うことが必要かと思います。当事者や家族だけではうまくいかないのであれば、円満調停を申し立てて、家裁で調停委員を交えて話し合えばよいと思います。不貞...

回答日 2020年04月29日 10:53
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 無視するか否かは質問者様の自由だと思います。 2 質問者様の実家の近くに住むというだけでストーカーということは難しいと思います。しつこく付きまとう行為があればストーカーになると思います。 3...

回答日 2020年04月27日 11:26

① 仲が良かったというだけで、質問者様が法的に有利になるということはありません。婚姻予約破棄はあくまで当事者間のことなので、相手方の両親を巻き込むのは難しいかと思います。 ② 請求することはできま...

回答日 2020年04月25日 11:16

暴言、暴行行為をうけているようなので、証拠を持って、所轄の警察署の生活安全課に相談してください。ストーカーとして警告してもらえると思います。 それから、弁護士に依頼して、交渉窓口は弁護士にするよう...

回答日 2020年04月24日 11:12

1 夫とともに運用して得た利益であれば、共有財産とみなされる可能性があります。 2 1500万に下がった場合は1500万が特有財産、2500万に増えた場合は500万は共有財産、2000万は特有財産...

回答日 2020年04月23日 11:20

○裁判離婚の場合、通常途中で裁判所から和解勧告があります。相手方が和解に応じてくれれば裁判の手続きの中で和解で離婚することができます。 ○別居期間がどのくらい続けば婚姻関係破たんとみなされるかは、...

回答日 2020年04月22日 11:15
この回答がある質問
調停離婚

教えなければならないという義務はありません。 また、下の子の連絡先を教えないなら、上の子の学費を支払わないという理屈も通りません。 私学等の入学費用の支払いについて、調停条項で、別途協議して支払...

回答日 2020年04月22日 11:06

学費は支払うという判決の内容で、具体的に金額が書かれていないのであれば、直ちに強制はできません。別途養育費の支払いの調停で具体的金額の支払いを求めていくことになると思います。

回答日 2020年04月22日 10:59
この回答がある質問
離婚・男女問題

残念ですが、子供と会わせないなら養育費を請求するなとは言えません。この2つはリンクしません。養育費を支払わないでいると場合によっては強制執行される可能性があります。

回答日 2020年04月22日 10:58
この回答がある質問
養育費

質問者様の10万円分については、質問者様から夫へ支払うよう請求することになると思います。離婚で弁護士が双方についていれば、弁護士に依頼すればよいと思います。

回答日 2020年04月21日 11:00

婚姻予約もなく、単なる不貞行為の関係であれば、別れるのは自由なので、別れたいのであれば相手方からの連絡等は無視して別れればよいと思います。 相手方はストーカーの傾向があるので、警察の生活安全課に相...

回答日 2020年04月18日 11:18

夫婦間であっても性交渉を強要することはできません。暴力、暴言をもって性交渉を強要するのであれば、役所などの相談窓口で相談してみてください。暴力があれば、警察の生活安全課に相談することも考えられます。...

回答日 2020年04月18日 11:11

1 別の家で生活を開始した日だと思います。 2 夫が賃借人名義であれば、賃貸人との関係では夫が賃料支払い義務があり、質問者様には支払い義務はありませんが、夫との間で賃料を折半する合意ができているの...

回答日 2020年04月17日 10:32
この回答がある質問
別居

不貞行為とは性的交渉あるいは性的類似交渉があった場合ですので、質問者様のケースは該当せず、書かれた内容から判断するに、他に離婚原因はないと思われます。 したがって、裁判になった場合離婚になる可能性...

回答日 2020年04月17日 10:23
この回答がある質問
不倫

勤めている会社にもよりますし、待遇にもよります。 大企業の正社員、公務員であれば、強制執行をされたとしても、直ちに首になることはないと思います。ただ、派遣社員、中小企業等であると、強制執行されると...

回答日 2020年04月16日 11:31
この回答がある質問
養育費

虚偽の記載であって、根拠となる証拠がないのであれば、裁判所はそのような事実を認定することはありません。子の監護者指定で重要なのは、調査官の調査報告書です。

回答日 2020年04月13日 11:36
この回答がある質問
調停離婚

原則折半だと思います。 なお、中絶に際して、相手方が思いやりに欠ける言動をした場合、中絶軽減保護義務違反になり、慰謝料を請求することができる可能性もあります。一度弁護士に相談してみることをお勧めし...

回答日 2020年04月12日 11:27
この回答がある質問
中絶

1 - 30 件を表示/全 3,226 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

堀国際企業法務法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8637

※堀国際企業法務法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝

対応地域

経歴・資格
離婚経験
国際離婚取扱経験
元裁判官
事業会社勤務経験
事務所の対応体制
英語