現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
堀 晴美弁護士

( ほり はるみ ) 堀 晴美

堀国際企業法務法律事務所

現在営業中 09:30 - 17:00

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名3,439 件/匿名:5件

お子様に会えないのであれば、面会交流の調停を申し立てればよいと思います。裁判所は面会交流はなされるべきとのスタンスなので、申立をすれば、面会交流を認めてもらえると思います。

回答日 2021年07月24日 10:39
この回答がある質問
別居

その程度、内容のメールであれば、付きまとい行動とはいえず、ストーカー行為とまでは言えないと思います。

回答日 2021年07月22日 10:23

1 お子様を産むのにかかった費用は折半だと思います。養育費をもらうにはまず認知してもらうことが前提です。相手方が任意に認知しなければ認知調停を申し立てて、強制認知させることが必要で、その上で養育費を...

回答日 2021年07月21日 10:35

1 養育費分担の請求の調停を申し立てれば、通常調停条項として、学費、高額な医療費がかかる場合は別途協議して支払いを決めるという条項が入ります。したがって、大学の学費についてある程度負担してほしいとい...

回答日 2021年07月20日 09:02
この回答がある質問
養育費

原則として、20歳になった月から養育費の支払いは終了します。 大学の学費については、養育費の合意書に別途協議条項を入れておけば別途相手方と協議して相手方にも負担してもらうことはできたのですが、それ...

回答日 2021年07月19日 10:22
この回答がある質問
養育費

夫との話し合いを、まず、持つべきです。そこで、今回の不倫について、質問者様としては婚姻関係の継続を望んでおり、関係修復をしたい旨告げ、不倫相手とは関係を解消するよう求めていくことになると思います。質...

回答日 2021年07月16日 11:19

落ち着いたら連絡するという書置きがあるのであれば、仮に警察に連絡しても、警察は民事不介入で動いてくれない可能性が高いと思います。 離婚を回避したいのであれば、円満調停、面会交流の調停の申立をすれば...

回答日 2021年07月16日 11:15

不法侵入と言われないためには、先に回答したように、弁護士に依頼して、●月●日に家に帰る予定であると内容証明郵便で通知しておけばよいと思います。

回答日 2021年07月16日 10:26

有責配偶者からの離婚請求だとすると、3~5年の別居では難しいと思います。もう少し長期間10年くらいの別居であれば、認められる可能性が出てくると思います。

回答日 2021年07月15日 11:13
この回答がある質問
裁判離婚

相手方の行為は脅迫罪に該当するので、警察に相談して被害届をだしてもよいと思います。 あとは弁護士に依頼して、そのような行為は一切やめるよう、また交渉は弁護士を通じてするよう警告の内容証明を出しても...

回答日 2021年07月13日 11:38
この回答がある質問
離婚・男女問題

妻が勝手に転校させる可能性はあります。 内容証明を送るとすれば、その相手方は妻だと思います。

回答日 2021年07月10日 11:04
この回答がある質問
別居

1、2親権者は今までどちらが主たる監護者であったか、監護実績、今後の監護体制を総合考慮して決まります。書かれている内容から判断するに、現在まで主たる監護者は母親と思われます。ただ、質問者様も監護をか...

回答日 2021年07月09日 08:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 本件で刑事責任は生じません。 2 成人した大人が合意の上性交渉を行っただけですから、民事上の責任も生じません。 3 ほかに過失の可能性はありません。相手方がお金を要求してきても、応じなければ...

回答日 2021年07月08日 11:14
この回答がある質問
離婚・男女問題

慰藉料とは質問者様に違法行為があった場合のみ発生するものです。性格の不一致だけでは慰謝料請求は発生しません。不貞行為、DV等があった場合のみ発生します。 ただ、質問者様が離婚を強く望み、相手方が強...

回答日 2021年07月07日 08:44
この回答がある質問
養育費

1 お子様の意思で質問者様のところに来たのを元夫のもとに帰さない場合、誘拐罪にはならないと思います。 2 親権変更の調停を家裁に申し立ててください。そこで、元夫が親権者にふさわしくない事情(質問に...

回答日 2021年07月06日 10:37

1 有責配偶者からの離婚請求であれば、別居5年はまだ足りないと思います。 2 判例は原則として有責配偶者からの離婚請求は認めません。例外的に、別居期間が相当程度長期間にわたり、未成熟の子がおらず、...

回答日 2021年07月05日 10:44
この回答がある質問
離婚慰謝料

1 残念ですが、こればかりは、夫が出ていくことに同意した場合でない限り、出ていってもらうことはできないと思います。 2 特にないと思います。 3 確かに夫を強制的に追い出すことはできません。離婚...

回答日 2021年07月05日 10:32

1 慰謝料500万は高額に過ぎると思います。少なくとも、頭金600万については特有財産での支払いなので、600万の不動産購入額の按分割合については特有財産分として主張できるので、財産分与は財産分与と...

回答日 2021年07月05日 10:04
この回答がある質問
離婚慰謝料

1 同居している側だと思います。 2 親権は、主たる監護者がどちらであるか、監護実績、今後の監護体制を総合考慮して決められるので、扶養者がだれかだけで決まるものではありません。 3 難しいと思い...

回答日 2021年07月01日 10:31

確かに主たる監護者が母親であるケースが多いので、父親が監護権、親権をとるのは難しいですが、認められたケースがないわけではありません。 父親として監護にかかわってきたことを示す証拠(写真、連絡帳等)...

回答日 2021年07月01日 10:22
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 親権については、今までの主たる監護者はどちらであったか、監護実績、今後の監護体制等を子の福祉の観点から判断されます。両親の金銭関係は考慮されませんし、専業主婦であっても、経済的側面は養育費でカバ...

回答日 2021年06月30日 09:37

1 別居すると別居後の子の監護は相手方がすることになるので、監護実績を積まれることになり、親権を取るのに不利になります。 2 親権は今までどちらが主たる監護者であったか、監護実績、今後の監護体制は...

回答日 2021年06月26日 11:27

証拠の裏付けのない主張でも、相手方が否認しなければ、裁判所はその主張を認める可能性が高いと思います。 作り話でもすべて否認しておいた方がよいと思います。

回答日 2021年06月25日 10:03
この回答がある質問
離婚原因

①不履行に該当します。 ②請求できます。一度内容証明で不履行に該当すること、過去の不履行分について、慰謝料を請求する旨の内容証明を送ってみてはいかがでしょうか。あるいは弁護士に依頼して書いてもらっ...

回答日 2021年06月25日 09:54

1離婚を回避できるかどうかは相手次第です。質問者様がやり直したいということであれば、円満調停を申し立て(送達先は相手方の実家にするとよいと思います)、そこで関係修復について協議すればよいと思います。...

回答日 2021年06月23日 09:54
この回答がある質問
離婚・男女問題

①通常家裁はそこまで調べることはないと思います。ただうつ病だから直ちに稼働不能と認定されるわけではありません。 ②完治して就労可能になった時点で養育費の分担請求調停を申し立てることになると思います...

回答日 2021年06月22日 10:00

不貞の事実を第三者に話した場合、プライバシー侵害、あるいは名誉棄損で慰謝料請求されると思います。金額はケースバイケースですが、30万よりは高いと思います。 そのようなことはせずに、その女性に慰謝料...

回答日 2021年06月21日 10:15

プライバシー侵害の可能性はあります。辞めたあとでも請求可能です。ただ、金額的にはあまり期待できないかもしれません。一度お手持ちの資料をもって弁護士に相談された方がよいと思います。

回答日 2021年06月21日 10:01

1 違約金の額が高額に過ぎます。公序良俗違反で無効になる可能性があります。相場の額の違約金を支払えばよいと思います。 2 違反とまでは言えないと思います。実際に来たら、帰ってほしい旨伝え、それでも...

回答日 2021年06月16日 09:25
この回答がある質問
不倫

1 内縁関係にないのであれば、介護義務は生じません 2 質問者様もそのような義務を負う必要はありません。 確かに要介護者になる前に追い出すべきでしたが、今からでも、たとえば賃貸契約を解除して、お...

回答日 2021年06月15日 11:43
この回答がある質問
離婚・男女問題

1 - 30 件を表示/全 3,439 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:30 - 17:00

堀国際企業法務法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-8637

※堀国際企業法務法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 17:00
定休日
土,日,祝
対応言語
英語