お気に入りに追加
後藤 亜由夢弁護士

( ごとう あゆむ ) 後藤 亜由夢

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店

現在営業中 08:30 - 20:00

労働問題

分野を変更する
◆企業側に注力◆【セカンドオピニオン可|オンライン相談可】◆複数弁護士のチーム制で対応◆法とロジックを駆使し、人事・労務関連法務に強い弁護士が柔軟なリーガルサービスを提供します。
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • カード払いあり

★当事務所では、コロナウイルス対策の一環として、web面談やお電話でのご相談・ご依頼もお受付しています。お気軽にお問い合わせください。

経営者の皆様に寄り添い、事業の継続成長をサポートします

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所では、業種や規模、事業環境、これまでの経緯などをヒアリングの上、貴社に合わせた労務体制の整備をサポートいたします。
また、すでに他の弁護士にご依頼をしている経営者からのご相談(セカンドオピニオン)にも、柔軟に対応しています。

普通の顧問弁護士であれば「法律に引っかかるから止めたほうがいい」と判断するようなことも、
「この方法はできないけれど、少し工夫すれば近いことができる」とご提案できれば、ビジネスチャンスを逃すことはありません。
リスクを取りすぎず、でも諦めない、当事務所は事業の成長のアクセルを踏めるように、全力でサポートいたします。

当事務所のサポート体制

【1】人事・労務分野の高度な専門性を有した弁護士が在籍

人事・労務分野において豊富な実績と知見のある弁護士が、業種や規模、事業環境、これまでの経緯などをヒアリングの上、企業に合わせた労務体制の整備を支援します。また、労働条件の整備や雇用契約書の見直しなど、労務トラブルの事前予防にも力を注いでいます。

【2】チャットツールやWEB会議を利用した迅速な対応

「平日は忙しくて時間が作れない……」「少しでも早く相談したい……」という場合には、チャットやメール、お電話からお気軽にご相談を受け付けています。
チャットワーク上にメッセージを投げていただければ、より迅速な対応が可能です。
(ご依頼後はSlackで弁護士とやり取りしていただくことも可能でございます)

【3】顧問企業50社以上の信頼と実績

労務関係のトラブルは、法的に誤った選択をしてしまうとトラブルが拡大・長期化するだけでなく、職場全体のモチベーションやパフォーマンスを下げるリスクも孕んでいます。顧問企業50社以上から信頼をいただいている当事務所にぜひお任せください。

【4】事業内容やフェーズに合わせた労務体制の整備にも対応

企業の健全な発展のためには、事業内容や成長フェーズに合わせた万全な人事労務体制の確立が欠かせません。
当事務所では、制度設計のアドバイスや就業規則の作成を通して経営者の皆様をサポートいたします。

【5】人事や労務のみならず財務やファイナンスに関するご相談にも対応

当事務所には、公認会計士資格を持つ弁護士が在籍しており、人事や労務問題に付随する財務・ファイナンスの問題にもトータルな対応が可能です。

費用について

十分なお時間を頂戴してお話を伺えるようにするため、初回相談は原則1時間無料としています。

ご面談内容をもとに法的解決のアプローチ方法のご提案・かかる弁護士費用や見通しについて詳しくご説明いたします。
他の法律事務所にご依頼中の場合でもご相談いただけますので、まずは一度ご相談ください。

このようなお悩みはありませんか?

  • 会社の成長に合わせて就業規則を見直したい
  • スタッフから残業代を請求され、労基署対応で困っている
  • 独立した旧役員との間にトラブルがある
  • スタッフからのハラスメント報告にどう対応すればよいのか
  • 問題社員を解雇したい

上記以外でも、企業様の状況に合わせて最適なソリューションを提供いたしますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

---------------

▼アクセス

渋谷駅直結

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 十分なお時間を頂戴してお話を伺えるようにするため、初回相談は原則1時間無料としています。
その他費用(着手金、報酬等) 案件ごとに柔軟にご相談に応じます。
※仕事をお受けする前には、明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

退職した従業員から残業代請求及び不当解雇を主張されたケース

  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇

相談前

退職した従業員から不当に解雇されたとして、主に、解雇された後の賃金請求と過去2年分の残業代を請求されました。
不当解雇の証拠として解雇通告書、残業代の証拠としてはご自身で付けていたとする時間表を提示されました。
一見するとしっかりとした証拠に見えますが、企業側はその方に解雇通告書を交付した記憶が全く無く、また、残業期間はしっかりと残業代を払っている、その期間は残業は無かったはずだとしてご相談にいらっしゃいました。

相談後

解雇通告書の日付を確認したところ、その日は、社長が会社に出社してきていないことが判明しました。
また、残業した証拠として出てきたシフト表を確認しましたところ、仕事をしていたはずの時間帯に、家から友人に連絡しているなどの矛盾点が多々出てきました。
裁判では矛盾点の点を一つ一つ綿密に主張した結果、解雇通告書にも、シフト表には信用性がないとして、解雇の事実も、残業の事実は認められませんでした。

後藤 亜由夢弁護士からのコメント

後藤 亜由夢弁護士

労務管理は非常に重要です。労務管理の甘さが致命傷を招くことがあります。
また、労基署から指導などを受けてしまうと、会社の信用にも関わります。
当事務所では雇用契約書・就業規則の作成、チェックといった基本的な労務管理から、問題社員の取り扱い方、従業員との間で労働紛争になった場合の交渉、訴訟対応、労基署との対応などの適切な処理などに幅広いノウハウがありますので、ぜひご相談ください。

労働問題の解決事例 2

問題社員への対応について

  • 労働条件・人事異動

相談前

中小規模の企業の社長からご相談をいただきました。 「ある従業員が遅刻・病欠を繰り返している。さらに仕事を引き継がないまま「うつ病」との診断書を出し、会社に出てこなくなった。何とかならないか。」とのご相談でした。

相談後

すぐに問題社員と書類のやりとりをして、会社指定の医療機関での診察・診断書の提出を求め、出勤予定を問い合わせる等の対応を致しました。
法的に問題なく雇用契約を終了させるため、就業規則の規定を念頭に、社員とのやり取りをしっかりと証拠として残しながら対応し、最終的には、就業規則上の休職期間満了を理由に、雇用関係を終了させることができました。

後藤 亜由夢弁護士からのコメント

後藤 亜由夢弁護士

まだまだ規模のそれほど大きくない会社では、一人の問題社員の存在・行動が、会社全体に与える影響が大きいケースがございます。
この会社では、一応の就業規則がありましたので、無事に解決しました。
しかし、きちんと整備されていればもっと短期間で雇用契約が終了したケースだったかと思います。問題が起こる前に就業規則の整備をしっかりとしておく事が、重要です。
就業規則の見直しだけでも構いませんので、ぜひ一度ご相談下さい。

労働問題の解決事例 3

従業員間のハラスメント問題と就業規則の整備について

  • パワハラ・セクハラ
  • 労働条件・人事異動

相談前

顧問契約を締結していた企業の経営者様から、上司と部下でハラスメント問題が生じていることについて、対処方法をどうすればいいか、ご相談をいただきました。

相談後

ご相談いただいた時点では、被害者の方からの申告のみでしたので、まずは事実関係の確認を行う必要性を感じました。
そこで、
・弁護士から被害者の方への事実関係の聴取(ヒアリング)
・加害者とされている方への聴取 ( ヒアリング )

上記をまずは実施し、両名の言い分が一致する範囲にて事実関係を確定させるという作業を行いました。

そのうえで、
・被害者の方や会社側の意向を聞いたうえで、人事異動及び処分の提案、それに伴うリスクの提示
・事前に会社の就業規則も確認させていただき、同規則の改定についてもご提案し、当事務所にて改訂作業を実施
・似た問題が起きた際にきちんと対処できるよう、社内及び社外においてハラスメント対応窓口を設置し、社内に掲示

上記3点を行いました。

後藤 亜由夢弁護士からのコメント

後藤 亜由夢弁護士

結果的には、加害者・被害者ともに社内に残り本件の問題が解決しただけでなく、今後同じような問題が起きた際の対応についてもフローを確立させることができました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店
所在地
〒150-0041
東京都 渋谷区神南1-23-14 リージャス渋谷公園通りビル3階
最寄り駅
渋谷駅直結
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
【メールでのご予約】24時間受付中
【電話でのご予約】平日8:30〜20:00、土日祝9:00~19:00
対応地域

全国

対応言語
  • 英語
  • 中国語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件

電話で問い合わせ
050-5449-2730

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:30 - 20:00

弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店へ問い合わせ

電話番号 050-5449-2730

※弁護士法人東京スタートアップ法律事務所渋谷支店では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
【メールでのご予約】24時間受付中
【電話でのご予約】平日8:30〜20:00、土日祝9:00~19:00
交通アクセス
駐車場近く
対応言語
英語
中国語