お気に入りに追加
浅野 剛弁護士

( あさの つよし ) 浅野 剛

ふたこ法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

訴えの変更の申立書を2部作って裁判所宛に郵送します。 追加の印紙も同封します。 本人訴訟なのであれば事前に書記官に電話で確認をとると良いかもしれません。

回答日 2020年11月11日 13:22

このような案件で警察が動く可能性は極めて低いです。そもそも犯罪が成立するとも思えません。 また、警察が入手した個人情報等を第三者に開示することはありません。 これ以上なるべく個人情報を明らか...

回答日 2020年11月11日 13:12

壊されて住めなくなった家と同等のものを借りた場合の費用が一つの基準になると思います。 見込み費用の請求は将来請求といって原則できません。あとで請求することになります。

回答日 2020年11月10日 12:22

1 平穏に取立てるのは合法です。 2 相当な範囲であれば合法です。 3 住民票を移していれば住民票か戸籍の附票の取得により追跡可能ですがそうで無い場合は難しいです。

回答日 2020年11月10日 12:19

1 成人後に追認した場合、未成年取り消しは出来なくなります。 2 そもそも保証人などで無い限り親を訴えることはできません。保証人であるといえるには契約書に署名等が必要です。

回答日 2020年11月05日 13:22
この回答がある質問
契約・借用書

相手方女性に対する請求については難しいでしょう。 単なる仕事上のサービスに留まっていた場合、違法では無いと言うことになります。 一方で夫に対する離婚請求、慰謝料請求は認められる可能性がありま...

回答日 2020年11月04日 12:52
この回答がある質問
離婚・男女問題

わざとやったと認定されれば詐欺罪に該当する可能性があります。

回答日 2020年11月04日 12:07
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 過失があれば認められる可能性があります。 2 直接では無い場合、因果関係が難しいですが、消費者問題の場合、被害者側は請求可能な相手全てに請求するので実際に裁判をしてみないと分からないということ...

回答日 2020年11月04日 12:06

財産としての価値がないということを証明するために査定証明を取得して廃車にすることが考えられます。 これは保存行為に当たるから相続放棄に影響しないという考えが有力です。 ただし、後に争われるリスク...

回答日 2020年10月28日 12:28
この回答がある質問
相続放棄

とりあえず警察に相談に行くのが良いと思います。 民事事件として動く場合、費用倒れになると思います。

回答日 2020年10月28日 12:03

送検される可能性が高いと言うことです(警察署限りで事件終了にならないということです)。 その後、検察が、①起訴(法廷で裁判)、②略式命令(罰金の場合)、③不起訴(処分無し)の中から処分を決めます。...

回答日 2020年10月23日 12:14
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

1 理論的には可能です。実際にやるかは奥さん次第です。 2 元妻からの慰謝料請求は難しいです。   不貞の慰謝料請求は円満な夫婦関係が不貞により破壊されたことが請求根拠です。   不貞を知らず...

回答日 2020年10月22日 15:22

法律文書のタイトルはそこまで重要ではありません。 合意書などで十分だと思います。

回答日 2020年10月22日 13:46
この回答がある質問
離婚回避

> 被告人は証人尋問で偽りを言っても偽証罪に問われないのでしょうか。 その通りです。 > 弁護人の皆様は、このようなケースでは、どのような手段で相手方を追求するのでしょうか。 ...

回答日 2020年10月22日 13:13
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

①修理代より同程度の中古車への買い換えの方が安いのであればその値段が請求できる上限になります。 いずれにせよ払えないのであれば些細な違いだと思いますが。 ②慰謝料にせよ、修理費にせよ普通は弁...

回答日 2020年10月15日 13:30

可能ですが、裁判官が必要と判断している証人の尋問を行わないと負ける可能性が高くなります。

回答日 2020年10月08日 12:37
この回答がある質問
債権回収

前歴でも残りますがあまりに軽微なものなどは記録されていないこともあります。 明確な基準は無いように思います。 未成年のときの口頭注意程度であれば残っていない可能性の方が高いと思います。

回答日 2020年10月07日 13:52
この回答がある質問
少年事件

どういう契約内容なのかによります。 例えば委任契約はいつでも解除できますが売買契約は契約に瑕疵が無い限り、特約を定めなければ解約はできません。 特約を定めても特商法のような強行法規に違反する合意...

回答日 2020年10月07日 13:49
この回答がある質問
契約書

連帯保証でも債務者に対する求償については通常の保証と同様ですから肩代わりした部分を請求することは可能です。 現住所が判明すれば訴訟提起も可能です。 いずれにせよ弁護士に相談すべきだと思います。

回答日 2020年10月06日 14:08

科料は前科になりません。 前科とは罰金以上の刑罰を受けたことがあることをいいます。 示談するようなケースでは無いですから取り調べでしっかりと反省を示せば不起訴もありうると思います。

回答日 2020年10月05日 14:27

単なるミスですぐに返金すれば問題にはなりません。 わかってて請求したのであれば詐欺ですし、ミスで請求したものを不当に返金しないのであれば業務上横領罪が問題になります。 あなたの対応としては、後に...

回答日 2020年10月05日 13:55
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

法定代理人(親権者)が子を代理することになります。 尋問も可能ですが、訴訟能力が認められない結果、宣誓ができないことになるので一般に証拠価値は低いです。

回答日 2020年09月30日 14:17
この回答がある質問
通常訴訟

あなたの代わりに立て替えたということについて合意文書などが無ければ彼女の請求は認められないでしょう。 別れたのであればこれ以上連絡を取る必要は無いと思います。

回答日 2020年09月30日 14:13

1 企業法務を取り扱うとしている事務所であれば可能でしょう。 2 リサーチの必要がある以上、法律相談では無く、仕事の依頼になります。   企業法務については料金はピンキリですし、顧問契約が必須の...

回答日 2020年09月30日 14:07

> 私は購入する商品以外手に触れたくないのですが落としてしまった商品を見て見ぬふりで放置して置くのは何か法的に問われるのでしょうか? たとえ法律上問題にならなくても、自分で落としてしまっ...

回答日 2020年09月30日 13:56
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

当初の契約とモノが違うのであれば代金の支払を拒絶できます。 これを同時履行の抗弁といいます。 なお、一方的に後から契約内容の変更はできません。

回答日 2020年09月29日 13:28
この回答がある質問
通信販売・オークション

盗難では無く横領であればCが善意無過失で取得したのであれば即時取得が成立し、Cが所有権を取得します。 善意無過失と言えるかはなかなか難しいのでCに返還請求訴訟をしてみても良いと思いますが、動産です...

回答日 2020年09月28日 13:39

免責不許可事由に当たる可能性があります。 とりあえず申立代理人や管財人に連絡することはしてみても良いかと思いますが、結局裁量免責となる可能性はそれなりに高いと思います。 その場合、破産者を訴えて...

回答日 2020年09月28日 12:50

> 申し立て・強制執行についてお安く受けて頂ける弁護士さんはいませんでしょうか? > > また回収の見込みをお聞かせいただければ幸いです。 > > 相手は一...

回答日 2020年09月23日 14:02

(自由財産の範囲内であれば)自由財産の範囲内だから問題ないと考えますと打ち返せば良いと思います。

回答日 2020年09月18日 13:12
この回答がある質問
自己破産

91 - 120 件を表示/全 584 件

現在営業中 09:00 - 19:00

浅野 剛弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5369-5250
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
  • 土日祝09:00 - 19:00
定休日
なし
備考
【営業時間】 平日 9時~19時 【メール受付可能時間】 24時間365日対応可 平日19時以降/土日祝は電話がつながりにくくなっているためメールでお問い合わせ下さい。 留守番電話にメッセージを残していただけました場合翌営業日以降に折返しご連絡差し上げます。