現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
澤藤 亮介弁護士

( さわふじ りょうすけ ) 澤藤 亮介

東京キーウェスト法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【相談料:30分3,300円(税込)】【門前仲町駅から徒歩2分】
・ご来所できない方のご相談もSkype等で可能!
・離婚・男女問題は当事務所にお任せください!
東京キーウェスト法律事務所
東京キーウェスト法律事務所
東京キーウェスト法律事務所

プライバシーに配慮した空間でモニターを活用しながら丁寧にご説明致します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

男女問題の解決をメインとした事務所です
===================
弁護士になって15年以上、これまで数多くの離婚・男女問題を解決してまいりました。
特に当事務所は、男女問題の解決をメインにしている事務所ですので、不倫,婚約破棄,内縁関係,独身偽装などの慰謝料請求については、年間150件以上のご相談,60件以上のご依頼をいただいており、事案に合わせたスムーズで適切な対応が可能です。

海外にお住まいの方のトラブルについてもご相談・ご依頼をお受けしております!

ご依頼人様が弁護士を選ぶ上で重要なのは「相性」だと考えております。
こちらの紹介ページや、ホームページをご覧の上、「相談してみようかな」「信頼できそうだな」と少しでも感じられましたら、まずはお気軽にご相談ください。

ーこのようなお悩みはお任せください!ー

▼よくあるご相談の例▼
「不倫による慰謝料を請求したい/された」
「婚約破棄による慰謝料を請求したい/された」
「内縁関係による慰謝料を請求したい/された」
「未婚と偽って交際された慰謝料を請求したい/された」
「離婚したいが相手が応じてくれない」

▼力を入れている分野▼
・不倫・慰謝料問題の解決
・離婚活動(離活)のアシスト
・離婚、不倫慰謝料事件等の海外からの依頼
・子供関連(親権、子の引渡、面会交流等)

充実・安心のサポート内容
===================
【1】初回相談30分3,300円(税込)
男女問題のご相談については初回の30分間3,300円(税込)です。他事務所でご相談・ご依頼をいただいている方も、ぜひセカンドオピニオンとしてご利用ください。

【2】ご相談日時も柔軟に対応
当日のお急ぎのご相談、土日祝日などの休日相談、夜間も20時まで、ご都合に合わせたご相談が可能です。事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。

【3】24時間いつでも予約可能
画面右側のメール問い合わせもしくは下記の事務所ホームページより、24時間いつでもご予約を受け付けております。
https://www.keywest-law.com/calendar/

【4】お支払い方法も選択可能
分割払いの他,各種クレジットカードのお支払いが可能です。「費用の支払いが心配……」という方も安心してご依頼いただけます。

【5】海外からのご相談・ご依頼OK
海外に在住の方からのご相談も、FaceTimeやSkypeを利用してお受けしております。
https://www.keywest-law.com/kaigai/

事務所情報
===================
◆アクセス
「門前仲町駅」3番出口から徒歩2分
◆ホームページ
https://www.keywest-law.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ■法律相談料は30分:3,300円(税込)
※原則として男女問題(離婚を含む)に限る
慰謝料請求/交渉 (基本料金)
■着手金:275,000円(税込)
■報酬:経済的利益の16.5%(税込)(但し,最低報酬金275,000円(税込))

※慰謝料請求された事件で、請求額が500万円を超えている場合は、相手方請求額を500万円に減縮した上で経済的利益を計算させていただきます。
※海外からのご依頼でも着手金と報酬は上のとおりとなります。
慰謝料請求/訴訟 (基本料金)
■着手金:330,000円(税込)
■報酬:経済的利益の16.5%(税込)(但し,最低報酬金275,000円(税込))

※慰謝料請求された事件で、訴額が500万円を超えている場合は、相手方請求額を500万円に減縮した上で経済的利益を計算させていただきます。
※海外からのご依頼でも着手金と報酬は上のとおりとなります。
慰謝料請求/合意書作成 110,000円(税込)
■含まれるサービス
合意書案の作成。修正(2回まで)
離婚/交渉 (基本料金)
■着手金:440,000円(税込)
■報酬:550,000円(税込)

※離婚事件の着手金、報酬金は定額制としておりますので、養育費、慰謝料、財産分与等についての経済的利益に対する報酬は発生致しません。
※海外からのご依頼でも着手金と報酬は上のとおりとなります。
離婚/調停 (基本料金)
■着手金:440,000円(税込)
■報酬:550,000円(税込)

※離婚事件の着手金、報酬金は定額制としておりますので、養育費、慰謝料、財産分与等についての経済的利益に対する報酬は発生致しません。
※海外からのご依頼でも着手金と報酬は上のとおりとなります。
離婚/訴訟 (基本料金)
■着手金:440,000円(税込)
■報酬:550,000円(税込)

※離婚事件の着手金、報酬金は定額制としておりますので、養育費、慰謝料、財産分与等についての経済的利益に対する報酬は発生致しません。
※海外からのご依頼でも着手金と報酬は上のとおりとなります。
離婚/協議書作成 110,000円(税込)~165,000円(税込)

■含まれるサービス
離婚協議書案の作成、原案の修正(2回まで)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(6件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【不倫相手が夫の子を妊娠】夫の子を妊娠,出産した不倫相手に対して慰謝料請求訴訟を提起し,300万円を超える慰謝料を取得

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

夫の不倫相手が妊娠,出産し,さらに夫はその女性と子供の元に行ってしまい,別居を余儀なくされた奥様からのご相談です。
不倫相手の元に夫がいるため,自身での交渉は難しいということでホームページを通じ,不倫慰謝料を専門に扱う当事務所へご連絡を頂きました。

相談後

本件の慰謝料請求については,相手方の極秘の妊娠出産等,奥様の精神的苦痛が多大であったこと,訴訟提起を強く望んでいらしゃったことから,交渉を挟むことなく直接訴訟提起を行うことにしました。
 裁判において,相手方は当方との和解を希望しましたが,当方は和解ではなく判決での決着を強く主張しました。その結果,判決で330万円の慰謝料を勝ち取りました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

不倫慰謝料の訴訟事件は,裁判上の和解で解決することが多いですが,本件では悪質な事案であったこともあり判決での決着を選択し,その結果,相場よりも高額な慰謝料を取得することができました。訴訟における強い攻めの姿勢が奏功した事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 2

【妻のダブル不倫】海外に赴任中の男性から妻の不倫相手への慰謝料交渉を受任し,約3か月のスピード解決。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

ご主人が家族を伴って海外に赴任中,奥様が日本人コミュニティ内でダブル不倫をしていたところ,ご主人が依頼した調査会社の調査にて不倫の事実が明らかになりました。
ご主人は奥様とは離婚するつもりとのことでしたが,その前に不倫相手に慰謝料請求行いたいとのことで,海外からも相談を受け付けている当事務所にご連絡をいただきました。
後日,Skypeを利用して法律相談を実施し,正式に慰謝料請求交渉事件として受任することになりました。

相談後

ご依頼時は不倫相手の現在の所在地が不明であったため,手元にある相手方情報を元に現住所調査を行うところからスタートしました。
 その後,判明した住所宛に内容証明郵便を送付した結果,相手方も代理人弁護士を就け,代理人間で交渉を進めることになりました。
 調査会社の報告書でホテル宿泊の現場を抑えているにもかかわらず,相手方は肉体関係を否定してきたことから,膨大な対象者間のメールのやりとりから肉体関係を示す内容をピックアップして相手方に提示したところ,相手方から謝罪及び慰謝料200万円を支払わせてもらいたいとの申出があり,その後,和解が成立しました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

海外からのご依頼だったにもかかわらず,ご相談から合意書の取り交わし,和解金の支払いまで約3か月のスピード解決となりました。
事件終了後,ご依頼者様から,「海外からの依頼ということもあり依頼当初は心配していていましたが,Skypeやメールなどで先生とスムーズかつ密なやりとりができ,とても安心できました。」とのお言葉をいただきました。

離婚・男女問題の解決事例 3

【不倫した夫からの離婚請求】未成年の子3人がいる夫婦における,有責配偶者(夫)からの離婚請求事件。 第一審で離婚認容判決を得て,第二審で離婚成立。

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者は,妻と3人のお子さん(いずれも12歳以下)がいる夫で,数年前
に不貞行為があり,これがきっかけで家族と別居を開始しました。
いわゆる有責配偶者からの離婚請求訴訟として,第一審から依頼することに
しました。

相談後

裁判上,有責配偶者からの離婚請求はなかなか認められることはありません
が夫側にとって有利な事情(別居期間が一定程度ある,夫婦破綻の原因は妻
側にもある,十分な生活費を入れてきたなど)をひとつひとつ丁寧に主張・
立証した結果,第一審でなんとか勝訴(離婚認容判決)することができまし
た。
妻側の控訴があり,事件は第二審に移行しましたが,裁判上の和解で無事離
婚成立となりました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

未成年のお子さんがいるご夫婦の有責配偶者からの離婚請求は一般にできな
いと思われていますが,実際にはそれぞれのご夫婦に個別の事情があり,本
件のように実は離婚できるというケースも少なくありません。
最初から諦めることなく,ご依頼人様とともに最善を尽くした末,いい結果
を導くことができた事案でした。

離婚・男女問題の解決事例 4

【既婚者であることを知らずに交際】その妻より慰謝料請求訴訟で300万の請求を受けるが大幅減額にて和解。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

相談者は交際開始当初,男性が未婚であると聞いて交際を始めたところ,約半年後,本当は既婚者だが離婚を前提に別居しているからと言われ,信用して交際を続けていたが,ほどなくして交際を解消そうです。しかし,それから約2年後,その元交際相手が離婚をし,その原因が自分にあるとして300万円を請求する通知書が届くが,取り合わずにいたところ,裁判所より被告として訴訟提起されてしまいました。

相談後

訴訟代理人として受任をしました。
交際開始時に未婚であるとの認識で交際していたこと,交際を主導していたのは男性であったこと,依頼人の他にも複数の女性との交際があったことなどを一つ一つ立証していきました。その結果,ある一定程度の不貞交際期間を認める形をとりましたが,50万円の和解金を支払うことで終結することができました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

本件は,ご依頼時には既に訴訟提起されていましたが,裁判における立ち振る舞い次第では,裁判前における交渉上の和解よりも裁判上での和解の方が,慰謝料額を抑えられる場合もあります。
本件では,裁判上で当方にとって有利と考えられる事情を一つ一つ丁寧に主張,立証して裁判官に訴えかけ,その結果,性交渉があったにもかかわらず,100万円を大幅に下回る和解をすることができました。

離婚・男女問題の解決事例 5

【ハラスメント不倫夫へ三行半】日常的なモラハラ,パワハラを受け続けた上に不倫した夫と離婚を決意。子供の親権を獲得し再出発。

  • 不倫・浮気
  • 親権
  • 別居
  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

共働きでお子様が一人いるご夫婦の奥様からのご相談でした。日常的に夫からモラハラ,パワハラを受け,離婚を考えたことも多かったようですが,小さなお子様がいることで将来のことを考え思いとどまっていたそうです。しかし,夫が風俗で出会った女性と個人的な関係を何度か持ったであろう証拠を得たので離婚を決意し,お子様を連れ,予告なしに家を出ました。当職はその離婚の手続きとお子様の親権についてご依頼を受けました。

相談後

受任後すぐ,夫側からお子様を連れて出てきた奥様に対し,子の監護者指定及び引渡し事件を申立てきました。こちら当職はそちらに対応しながら離婚調停の申し立てを行いました。この調停は不成立となりましたが,すぐに離婚訴訟の申立を行いました。追随して婚姻費用分担調停を申し立て,4事件を並行して行うことになりました。トータル2年半ほどかかりましたが,無事にお子様の親権を得て,奥様に有利な条件で離婚が成立しました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

お子さんに関する仮処分事件から,調停,訴訟と離婚事件のフルコースのような案件で,解決まで長期間を要しました。
ご相談当初に伺った事情から,奥様において譲歩すべき事情はほぼないと判断し,終始強気の姿勢で主張,立証を進め,条件面での交渉においても裁判官の理解を得つつ終始有利に進めることができました。
解決まで時間を要しましたが,奥様も私とともに辛抱強く対応,検討していただき,その結果,ほぼご希望どおりの条件で和解することができました。

離婚・男女問題の解決事例 6

【妻への離婚請求】別居中の妻が全く離婚に応じない→調停,訴訟を経て離婚が成立した事案。

  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 50代 男性

相談前

ご相談者は,奥様,中学生の長男と1年以上も別居中で,奥様に対し離婚してもらいたい旨を何度も伝えておりましたが,「子供が成人するまでは離婚する気はない。」と全く応じてくれない状態でした。
そこで,奥様との早期離婚を目指し,当事務所へ夫婦間系調整(離婚)調停から依頼をいただきました。

相談後

ご依頼後すぐに夫婦間系調整(離婚)調停の申立てをさせていただき,調停の場で離婚に向けて協議を重ねましたが,奥様の離婚拒否の意思は堅く,残念ながら調停は不成立で終了となりました。
その後,若干の別居期間を重ねた後に離婚訴訟を提起し,既に夫婦関係が完全に破綻していることを強く主張致しました。
その結果,訴訟早期の段階で裁判官から離婚相当の心証を獲得し,離婚を前提とした和解協議の結果,裁判上の和解で離婚成立となりました。

澤藤 亮介弁護士からのコメント

澤藤 亮介弁護士

未成年のお子さんがいらっしゃる事案であったため,将来の離婚訴訟において「離婚に至ったとしてもこのお父さんであれば,しっかり養育費を支払うであろう。」との裁判官の心証形成も重要になるであると考え,調停の段階から婚姻費用のお支払はしっかり行っていただくようアドバイスをさせていただいておりました。
その結果,訴訟の段階における和解協議においても裁判官からのかかる信頼の下,比較的スムーズに交渉を進め,その結果,早期の離婚を実現できた事案でした。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
東京キーウェスト法律事務所
所在地
〒135-0048
東京都 江東区門前仲町1-11-7 仲町塚本ビル3階
最寄り駅
門前仲町駅 徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
ご相談は平日10:00〜22:00(日本時間)の幅広い時間帯で実施しております。当事務所ホームページ内の相談受付カレンダー(年中24時間受付中)にて空き状況をご確認の上,ご予約のお申込みをお願い致します。→https://www.keywest-law.com/calendar/

(混雑状況によりご返信にお時間をいただく場合もございます)
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
取扱分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
現在営業中 00:00 - 24:00

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
ご相談は平日10:00〜22:00(日本時間)の幅広い時間帯で実施しております。当事務所ホームページ内の相談受付カレンダー(年中24時間受付中)にて空き状況をご確認の上,ご予約のお申込みをお願い致します。→https://www.keywest-law.com/calendar/

(混雑状況によりご返信にお時間をいただく場合もございます)
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語