現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
野口 眞寿弁護士

( のぐち まさとし ) 野口 眞寿

初雁総合法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:663 件/匿名回答数:42件

質問1について  祖父母の方で訴えることが出来るものはないでしょう。 質問2について  元嫁の側から親権を渡せという請求は可能ですが、裁判所が認めるかは別の問題です。祖父母の側からそれを求...

回答日 2021年04月05日 13:47
この回答がある質問
親権

基準日が1月15日ですので、その日の残高は①の額です。

回答日 2021年03月23日 06:58
この回答がある質問
財産分与

停止条件付きの株式売買契約も有効です。また、相殺をあらかじめ合意しておくことも問題ありません。 ただ、株主が誰かは公開される情報ではないので、ご質問のケースですと、質問者様が株主になって代表取...

回答日 2021年03月22日 19:48
この回答がある質問
設立

賃貸マンションの荷物をどちらが引き取るかだけの話であれば、財産分与の話とは別の話です。 相手に引き取ってもらうよう話をしても、婚姻費用の請求にはなんら問題ありません。 なお、婚姻費用について...

回答日 2021年03月22日 19:39

財産管理契約では、あくまで当事者間の取り決めに過ぎず、第3者に対して制限することはできないため、ご本人が勝手にやってしまえば法的に有効なものとして扱われることになりますね。

回答日 2021年03月22日 17:45

法的に勝手にやられないようにするには、判断能力の低下などがないとできません。不動産の売却、というところでは、実印を預かるという手もありますが、最悪違う印鑑を登録して取引すると言うことができてしまうた...

回答日 2021年03月22日 12:57

家具家電付きとなると、付いていないものと比較して「同種」というのは難しいかと思います。 その旨指摘し、納得できる妥協点をさがすか、折り合いがつかなければ賃料減額調停ということになるかと思います

回答日 2021年03月22日 11:24
この回答がある質問
契約の更新

借用書もなければそもそも借金があったかどうか不明ですし、立証できる可能性は低いです。 現状では返済する義務があるとは考えられませんか、相手が借用書を持っていないかは確認した方が良いかもしれません。...

回答日 2021年03月22日 11:20

親子の縁は切ることはできませんが、親子だからと法的に強制されることはありません。義務の規定はありますが、強制はされません。 介護が必要になった場合でも質問者様の方で介護する義務は生じません。 ...

回答日 2021年03月22日 11:13
この回答がある質問
離婚・男女問題

認知症等がなく判断能力の低下がないということであれば、本人が同意しないと子供など親族が財産管理をするのは難しいです。 事実上で進めるという手もありますが、トラブルになる可能性も高いでしょう。 ...

回答日 2021年03月22日 11:06

質問1 違法ではありません。 むしろDVがあり、子供にもそれが向けられている状況であれば、速やかに内密に別居の用意を進めて実行された方が良いと思います。 質問2 居場所を答える義務はあり...

回答日 2021年03月21日 17:33

ご質問の場合、申し立てできるのは「未成年後見」になります。 今後進学していくに当たってかならず必要になるタイミングが来ますので、早めに申し立てておいたほうがよいでしょう、 未成年後見人には収...

回答日 2021年03月21日 08:46
この回答がある質問
離婚・男女問題

カードを奪われたのではなくたんに渡したとなると、警察が返却に向けて動いてくれる可能性は高くないかと思います。 返さない、と言う時点でたんに自分で使っているだけでなく、犯罪に使用している可能性も考慮...

回答日 2021年03月20日 23:35
この回答がある質問
手続き

銀行の窓口に行けば、本人確認ができればカード情報が分からなくても手続きを進めることができます。 口座のある支店でなくても手続きは可能です。 身分証をもって窓口に行き、キャッシュカードを紛失し...

回答日 2021年03月20日 17:32
この回答がある質問
手続き

家には抵当権が付いているでしょうが、その他の財産を差し押さえるには、裁判手続きを取る必要があります。 ただ、現住所をローン会社にも通知していないとのことですので、裁判手続きが取られること自体質問者...

回答日 2021年03月20日 17:28
この回答がある質問
差し押さえ

退職金規程と誓約書の内容にもよりますが、退職金規程が整備されている場合、退職金は「賃金の後払い」の性質のものとなり、同意なく減額や相殺ができないものとなります。 そのため、法的には会社の主張は...

回答日 2021年03月11日 16:23

そもそも同居を強制することはできないので、質問者様が「別居を続けたい」と思っている限り同居する必要はありません。

回答日 2021年03月10日 14:16
この回答がある質問
モラハラ

帰れという業務命令を出していたのに帰らず残り続けた、という状況はあり得るかもしれません。 もちろん証拠がなければ認められないのであちらが言えばいいというものでは決してありませんし、時間内に終わる業...

回答日 2021年03月10日 14:13
この回答がある質問
勤怠

質問1  交際中であっても、「不法行為」があれば慰謝料を含む損害賠償が発生する場合はあります。 質問2  他人にうつる性病にかかっている認識がある上で性行為を行った場合には不法行為が成立す...

回答日 2021年03月08日 15:07
この回答がある質問
離婚・男女問題

そもそも、勤務時間を把握するのは雇用者(会社)側の義務です。 「勝手に働いていた」という言い分は通りませんが、そういうことを主張してくる会社だとして対応を進めていく、具体的には訴訟や労働審判を第1...

回答日 2021年03月08日 14:57
この回答がある質問
勤怠

退職届を提出しての退職は、別途会社と合意しない限り自己都合になります。 また、「降格します」というものはパワハラには当たりません。パワハラとは「業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える...

回答日 2021年03月05日 11:11

戸籍の付票、というものがあります。 住民票とは別に戸籍とセットで住所地が記録されているものです。 お母様の本籍地の役所で取得すれば、過去の住所全て調べることができます。

回答日 2021年03月04日 11:05
この回答がある質問
相続登記・名義変更

5000万円というのは不貞の慰謝料としては高額すぎるなと思います。 もちろん、相手の誠意のない対応含めてあえて高めの慰謝料から提示するということもありますので、高いからといっていけないわけではあり...

回答日 2021年03月02日 17:13
この回答がある質問
離婚慰謝料

麻酔時の吐き気については、麻酔による不可避のものだった可能性もあるかとは思います。 ただ、帝王切開に切り替えるべきケースだった可能性はあるかもしれません。 成長ホルモン分泌不全症の原因が何と考え...

回答日 2021年03月02日 17:05
この回答がある質問
医療

そうした事情でも、相手は「所持金が少ない」というところでお金を渡しているので、身内が入院していないとしても詐欺として警察が処罰に動く可能性は低いものと思います。 貸してと言っていないようであれ...

回答日 2021年02月15日 14:14
この回答がある質問
医療

質問1について  犯罪を構成するおそれは低いです。生活が厳しい、と言うことが嘘であれば詐欺の余地はありますが、事実であれば犯罪にはなりません 質問2について  返金については特に影響ありま...

回答日 2021年02月12日 18:56
この回答がある質問
医療

医療過誤で裁判をしたことが、その先の人生に影響することはありません。 大々的に自分から発表しに言う句などしない限り、公になる心配もあまりないでしょう。 また、状況次第ですが、非公開である交渉...

回答日 2021年01月29日 18:47
この回答がある質問
医療

尋問を経て棄却(離婚が認められない)の判決となる可能性はもちろんあります。尋問は認容(離婚を認める)か、棄却(認めない)かを決める証拠を得るために行うものですので、尋問を行うことと判決結果には何の相...

回答日 2021年01月29日 17:01
この回答がある質問
離婚・男女問題

> 例えば4000万の家に1000万円のローンがある場合、売却すると私の持分の1000万円は私へ返され、残りの3000万円から夫がローン1000万円を返済し、残った2000万円を夫婦で1000...

回答日 2021年01月29日 16:57

交渉で代理人弁護士がついている場合でも、裁判所に対しては代理人ではありません。 裁判で代理人になるには裁判所に委任状を提出する必要があり、そうでなければ裁判での代理人ではないからです。 した...

回答日 2021年01月29日 11:47
この回答がある質問
訴状

1 - 30 件を表示/全 663 件

現在営業中 09:00 - 19:00

野口 眞寿弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-4060
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
折り返しの電話を差し上げる際は、弁護士の携帯電話からお電話いたします。
当サイトの電話番号と異なりますこと、何卒ご了承ください。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談