和田 史郎弁護士 わだ しろう

和田 史郎弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。
労働問題
全国 13
交通事故
全国 19
総合
全国 25

四谷総合法律事務所

東京都 新宿区 四谷三栄町3-14 三栄ビル3階
現在営業中 09:00 - 22:00
分野を変更する

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名366 件/匿名:0件

1.解雇なのであれば、一身上の都合でも、退職届でもありませんね。 解雇理由証明書を請求し、できれば解雇通知書ももらいましょう。 2.退職勧奨と退職強要の違いは、退職を勧めるのが前者、退職する...

回答日 2020年07月03日 07:11
この回答がある質問
不当解雇

解雇理由証明書の前に、解雇通知書ですね。 本当に解雇なのか、解雇だとして、何日付けなのかを確認する必要はあるでしょう。 解雇通知は、必ずしも書面でしなければいけない訳ではないので、会社があく...

回答日 2020年06月30日 19:36
この回答がある質問
退職勧奨

告発することを禁止するという法律はありませんので、出来るでしょう。 警察が対応してくれるかどうかは、警察次第です。

回答日 2020年06月30日 19:33

大丈夫ですし、1日で辞めたバイトを職歴に書く必要はないかと思います。 ご依頼の弁護士とよくご相談下さい。

回答日 2020年06月29日 21:58
この回答がある質問
借金

通常、双方の主張が出尽くした後には、証人(本人)尋問が行われることになります。 次回で結審ということはないように思います。

回答日 2020年06月26日 15:49

利益相反の本質は、相談者の事情を詳しく知りながら、相手方の代理人として相談者と対峙することがフェアではない、というものです。 相談予約のみであれば、これには当たらないでしょうね。

回答日 2020年06月26日 13:02
この回答がある質問
調停離婚

①迷惑行為防止条例違反や軽犯罪法違反が考えられます。 ②敷地に入っていないなら、侵入には当たらないでしょう。 ③逮捕されるケースなら、罪を犯したと疑うべき相当な理由があり、逮捕状が請求されて逮捕...

回答日 2020年06月26日 09:31
この回答がある質問
盗撮・のぞき

①訴訟等で使用することによって、会社に損害(少なくとも、懲戒解雇しなければならない程のもの)はないと考えられますので、その懲戒解雇は客観的に合理的とはいえないと考えます。 ②こちらからは、該当...

回答日 2020年06月26日 09:24

原則は、1分単位で計上されるべきです。 ただ、月において、30分未満を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることは、可能とされています。 四捨五入ではなく、常に切り捨てるだけというのは違法です。...

回答日 2020年06月25日 14:27
この回答がある質問
タイムカード

逮捕はされませんので、安心して破産手続を進めて下さい。

回答日 2020年06月24日 16:36
この回答がある質問
借金

相続放棄は郵送でも可能なので、ご相談者のお近くの弁護士に相談されて問題ないでしょう。

回答日 2020年06月24日 15:00
この回答がある質問
相続放棄手続き

催促すること自体は問題ないでしょう。 ただ,息子さんに手紙を預けるという方法は,トラブルの素になるような気がします。 転送されることを期待して,引っ越し前の住所に送り,新住所も教えてくれるよう依...

回答日 2020年06月23日 17:18
この回答がある質問
支払督促

手続の準備や資料集めは、お子さんでもすることができます。 自己破産できなくなることはありませんが、あまり長期になるようであれば、ご検討ください。

回答日 2020年06月22日 09:58
この回答がある質問
自己破産

甲からは、乙の同意がなければ相殺することは出来ません。 民法第509条 債務が不法行為によって生じたときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。

回答日 2020年06月21日 21:44
この回答がある質問
相殺

ご記載のように、弁護士は代理人です。 「子供が父親と交流する権利を奪っている」とすれば、相手方本人でしょう。 相手方に対するクレームならともかく、弁護士や事務所にクレームを言っても仕方ないと思い...

回答日 2020年06月20日 16:58
この回答がある質問
面会交流

それでも公正証書は作れます。 あとは、強制執行認諾文言を入れるとベターかと思います。

回答日 2020年06月20日 12:30
この回答がある質問
離婚・男女問題

請求も逮捕もないでしょう。

回答日 2020年06月20日 08:40
この回答がある質問
脅迫・強要

既婚者と分かって不貞行為をしたのであれば、慰謝料の支払い義務は生じ得ます。 取り立ての方法が穏当ではないですし、金額も適当かどうか分かりませんので、弁護士に相談・依頼した方が良いように思います。

回答日 2020年06月19日 10:47
この回答がある質問
児童買春・援助交際

調停は、意見や要望を言える場ですし、合意があれば成立する場ですので、調停委員には、言いたいことを言って良いと思うという趣旨です。

回答日 2020年06月17日 20:37

今の保険を復活させることも問題ありません。 保険会社との契約の問題ですね。

回答日 2020年06月17日 17:42
この回答がある質問
自己破産

携帯電話の本体代金が払い終わっていないとすると、その分も免責の対象になりますが、そうすると、携帯会社は契約を解約することが想定されます。 ご依頼の弁護士が言うのは、このことかと思います。 こ...

回答日 2020年06月17日 17:00
この回答がある質問
借金

今支払ってる借金があるのか聞かれてると思った旨を言えば問題ないと思います。

回答日 2020年06月17日 13:31
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

就業規則を精査しなくてはなりませんが、一般的な固定残業手当とは、一定の時間の残業をしてもしなくても、支払われるものであり、その支給がないのは、不払いと言えると思います。 また、そもそも、78時...

回答日 2020年06月17日 12:25

弁護士に依頼しているのであれば、裁判官からご相談者が直接何かを聞かれることはないでしょう。 それもあり、弁護士にはきちんと説明する方が良いです。 また、生活保護費から借金の返済をすることはできま...

回答日 2020年06月16日 10:29
この回答がある質問
借金

当たり得るとは思いますが,そこだけ切り取るのではなく,経緯,流れ,原因等の詳細を精査する必要があるでしょう。 労働局などに相談するのも良いかと思います。

回答日 2020年06月14日 10:03

労働者が有給休暇の取得日を指定したことに対してら会社が時季変更権を行使できるのは、事業の正常な運営を妨げる場合です。 ただし、退職者には、変更先がありませんので、基本的に時季変更することは出来ない...

回答日 2020年06月13日 17:23
この回答がある質問
就業規則

まず、職業選択の自由との兼ね合いで、一律に副業を禁止する就業規則の有効性自体が問題にはなり得るでしょう。 その上で、有効だとすると、その趣旨は、労務提供に支障が出たり、企業秩序に悪影響とならないよ...

回答日 2020年06月13日 17:12

警察も、無駄に取調べはしないでしょうから、その通りだと思いますよ。 犯罪そのものに関与したと考えているのか、単に被疑者の普段の人柄(犯罪をするような人物か、そのような言動はなかったか等)を知りたい...

回答日 2020年06月12日 10:07
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1.借用書の信用性次第でしょうね。 他に、メールやLINEのやり取りなどが残っていれば、安心かと思います。 2.貸した金額の全てを差し押さえられるかどうかは、相手の資力によりますね。 相手にお...

回答日 2020年06月12日 09:48
この回答がある質問
金銭消費貸借契約

裁判官との対応は、弁護士がやってくれますので、ご本人が裁判官から細かいことは聞かれません。 そのため、ご依頼の弁護士には、きちんと全て話をしておきましょう。

回答日 2020年06月12日 09:39
この回答がある質問
借金

1 - 30 件を表示/全 366 件

現在営業中 09:00 - 22:00

和田 史郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-4863
メールで問い合わせ
お気に入りに追加

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
ご相談は,ご予約頂ければ土日祝日も承ります!
メールは365日24時間承ります!
経歴・資格
事業会社勤務経験