現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
和田 史郎弁護士

( わだ しろう ) 和田 史郎

現在営業中 09:00 - 22:00

みんなの法律相談回答一覧

実名回答数:1,693 件/匿名回答数:0件

民法255条は、 「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する」 と定めています。 ただ、最高裁判例によって、特別縁故者等、「当該...

回答日 2021年02月26日 23:27
この回答がある質問
不動産・建築

最高裁判例に照らして、未成熟子がいるのであれば、認められない可能性が高いのではないかということです。 最高裁が判断したケースと異なる事情があれば、それを訴求して異なる判断を求めて行くことになる...

回答日 2021年02月19日 22:39

お子さんが中学生と高校生であれば、経済的に自立出来ていないと思われますので、未成熟子と言え、離婚が認められない可能性があると思います。 現在お支払いの婚費については、双方の収入次第ですし何とも...

回答日 2021年02月19日 11:55

弁護士ドットコムには、一括見積もりというコーナーもありますので、他の弁護士の費用感も比べてみて良いかと思います。

回答日 2021年02月14日 08:15
この回答がある質問
遺産分割協議

会社が法人格を有していれば、会社名義のものは会社のものですね。 また、会社は、所有者としてできることは出来ます。

回答日 2021年02月11日 11:36

年3割というのは、遅延損害金のことです。 これは、契約で利率を決めていればその利率、そうでなければ法定の利率となります。 法定の利率は、2020年4月1日で改正されていて(5%→3%)、経過...

回答日 2021年02月11日 09:19
この回答がある質問
訴状

2回目以降も欠席すれば、相手方が申し出ることで、それまでに出されている証拠と主張をもとに判決となるでしょう。 なぜ欠席しようとしているか分かりませんが、得策とは言えないと思います。

回答日 2021年02月11日 09:10
この回答がある質問
裁判離婚

2020年3月31日以前に発生している賃金は2年、それ以降の発生分は3年が時効となってしまいます。 すぐに弁護士に相談するなどして、催告し、6か月以内に訴えを提起すれば、催告時点から2年前までの分...

回答日 2021年02月11日 08:11
この回答がある質問
残業

会社が「退職して欲しい」というのは、退職勧奨と見ることが出来ますが、「仕事ももう来なくていい」というのが解雇と言えるかは微妙かと思います。 いずれにせよ、退職したくない場合、「自己都合退職の用紙」...

回答日 2021年02月10日 15:21

不可能だと思いますよ。

回答日 2021年02月10日 12:16

1.貰ったものであれば返す必要はありません。 2.どこに何を開示請求しようとしているのか分かりませんが、開示自体が無理でしょう。 3.嘘を付いてお金をもらうことは詐欺罪に当たり得ますが、逮捕され...

回答日 2021年02月08日 09:58

就業規則次第ですが、有罪が確定となれば、懲戒解雇が相当とされる可能性はあるでしょう。 それよりは、自己都合退職の方がましだということかも知れません。 ただ、会社と話し合う余地はあるかと思います。

回答日 2021年02月08日 09:27

自己破産や個人再生をすれば、官報に掲載されることほ避けられません。 どうしても掲載されてくない場合は、任意整理の方法をご検討下さい。

回答日 2021年02月08日 09:24
この回答がある質問
信用情報

不貞があったのであれば、本来は慰謝料が発生するところでしょう。 相手が訴えるつもりはないということですが、何を求めてくるか分かりませんので、何とも言えません…

回答日 2021年02月07日 11:51
この回答がある質問
消費者被害

最初から払うつもりがないとか、他人に成りすまして借りた、というような事情がなければ、延滞で刑事事件になることはありません。

回答日 2021年02月06日 07:52
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

相続は、被相続人が亡くなった時点で発生していて、法定相続分も決まっていますので、その後の事情でそれが変わることはありません。

回答日 2021年02月04日 17:32

お気持ちは分かりますが、法的に謝罪を求めることはできません。 なので、訴状に書いても認められません。 訴訟の中で和解の話が出た場合、和解調書に表現することはあり得ます。

回答日 2021年02月04日 17:30

会社の回答が、口頭でかつ労基署を挟んだ伝聞ですので、そのまま受け取るのは危険かも知れません。 例えば、「元金だけなら払うことを検討して良い」などの回答を労基署が善解している可能性もなくはないでしょ...

回答日 2021年02月04日 10:14
この回答がある質問
給料

ご依頼中の事務所とは違う所に依頼することに問題はありません。 弁護士費用は、法テラスのご利用も検討ください。 法テラスが立て替えてくれて、分割で返していく方法が取れます。 自己破産をする場...

回答日 2021年02月04日 10:09
この回答がある質問
自己破産

仮に密告されたとしても、不正受給の事実がないのであれば、被害に遭うことはないかと思います。 相手にしないことでしょう。

回答日 2021年02月04日 10:05
この回答がある質問
雇用保険・失業保険

離婚しない場合は100〜150万円程度、離婚する場合は200万円〜250万円程度かと思います。  なお、訴状の場合、判決が出ても、相手に支払い能力や差押えすべきものがない場合には、その金額も得...

回答日 2021年02月03日 18:18
この回答がある質問
不倫慰謝料

お相手の方の怪我の重さや示談の有無、反省態度等々によりますが、執行猶予の可能性はあると思います。 保釈についても同様でしょう。

回答日 2021年02月03日 16:48

年俸制だからといって、残業代が出ないということにはなりません。 労働契約やご記載のメールによる勤務時間管理をもって、弁護士に直接ご相談された上で、残業代の請求をするのがベターかと思います。

回答日 2021年02月02日 23:31
この回答がある質問
残業代

裁判官とすれば、それまでの主張の繰り返しに過ぎない(既に反論済み)と判断すれば、反論書面を求めて来ない可能性はあります。 もっとま、まだ結審していないのであれば、次回までに反論書面を出すことは...

回答日 2021年02月02日 16:27

相続放棄をしているので、ご相談者が何かをする義務を負うことはありません。 相続放棄の申述受理通知書を見せるなどして、断りましょう。

回答日 2021年02月02日 14:25
この回答がある質問
相続放棄

労働者には退職の自由があります。 民法上は、2週間前に退職の意思表示をすれば退職の効力が生じますし、就業規則等で1か月前に通知などの定めがあればそれに沿うように退職届を出すことで退職することは可能...

回答日 2021年02月02日 07:45

調停は、ご本人のみでも起こせます。 弁護士にご依頼する場合、その費用は弁護士によって様々ですので何とも言えません。 弁護士ドットコムには、「一括見積もり」というコーナーもあるので、利用をご検討く...

回答日 2021年02月01日 17:46

話し合いで折り合いがつかない場合は、養育費減額調停を申し立てることが考えられます。 ご記載の事情があれば、認められる可能性はあると思います。

回答日 2021年02月01日 17:02

遺言を残すことが考えられます。 ただ、この場合、ご両親(のどちらか)よりも、ご夫婦の方が先に亡くなる場合、ご両親に遺留分が生じます。妹には遺留分はありません。

回答日 2021年01月29日 08:57
この回答がある質問
相続財産

就業規則に則って、2か月以上前に退職の意思を表示すれば良いです。 会社が、退職日を変更してくれというとしても、あくまで合意を求めてるものですから、応じる義務はありません。

回答日 2021年01月28日 17:48
この回答がある質問
退職届・退職願

1 - 30 件を表示/全 1,693 件

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50
現在営業中 09:00 - 22:00

和田 史郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5346-4863
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝09:00 - 22:00
定休日
なし
備考
ご相談は,ご予約頂ければ土日祝日も承ります!
メールは365日24時間承ります!
経歴・資格
事業会社勤務経験