現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
吉田 譲二弁護士

( よしだ じょうじ ) 吉田 譲二

弁護士法人ステラ

現在営業中 10:00 - 18:00

交通事故

分野を変更する
[着手金無料][初回相談1時間無料][駅近、四谷三丁目駅から徒歩2分]
200件以上の解決実績。交通事故は相談が早ければ早いほど有利です。まずはご相談ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

●まずは無料で電話相談・診断
交通事故の賠償額は、弁護士に仕事を依頼することで大幅に増額するケースが多くあります。
まずは、あなたの賠償額が適切かどうかをお電話でご相談ください。無料で診断いたします。

●明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします
交通事故問題はできる限り早い段階でご相談いただくことで、迅速な解決・ご納得いただける解決が可能となります。
おひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

●面倒な保険会社の対応を引き受けます
保険会社との賠償金を巡る示談交渉や裁判、後遺症認定等に対する不安や不満、お悩み解決のために全力でサポートいたします。

●初回のご相談は無料です
初回のご相談は、1時間無料です。じっくりとお話をお聞きします。
以降,30分毎に5000円(税別)をいただきます。
事件をご依頼いただける場合には、法律相談の費用は頂戴しません。

●着手金について
原則,着手金はいただきません(無料)。※事案の内容によっては,着手金をいただく場合がございます。
まずは,お気軽にご相談ください。

●弁護士費用特約について
最近の自動車保険には、弁護士費用特約が付帯されているものが増えています。
弁護士特約を利用することで、多くのケースで弁護士費用の自己負担なしでご依頼いただくことが可能です。
ご自身の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていなくても,ご自宅の火災保険などに弁護士費用特約が付帯されている場合もございます。
まずは,お気軽にご相談ください。

この分野の法律相談

1ヶ月と半月ほど前にタクシーと衝突してしまいました。 私が加害者で100:0です。 乗客の方もいてその方が当日は症状はなかったようなのですが後日、病院に行き頚椎捻挫の診断書をいただいたようです。 後日乗客の方とタクシーの方に謝罪に行き、寛大なご対応で物損事故として示談成立し終わったかと思ったのです...

人身への切り替えについては、事後に診断書などを提出して警察に届け出て切り替えることは可能ですが、実際は、時間が経過してしまうと警察も受理を渋り切り替えが難しくなる場合もあります。 ご参考までに、物損での処理であっても、損害賠償は人身処理の場合と同様に補償されますので、被害者には保険会社から首に関して通院費と慰謝料が支払われていると思います。 また、示...

吉田 譲二弁護士

デリバリーバイト中に宅配先のマンションと問題が起こりました。 宅配先はかなり大きく、高級なマンションでした。 私は駐車場の出入り口にインターホンがあったため、そこを入口だと勘違いし、大きな門の前に駐車しました。 しかし、その大きな門は駐車場のゲートであり、 住民の方が車を出そうと、ゲートを...

この場合、会社は使用者としての賠償責任を負うという形になります。 会社は、ご相談者様に対して、支払った修理費用を求償(支払いを求めること)できることになりますが、会社は従業員の働きによって利益を受ける立場ですし、業務において軽過失などによるある程度の損害は業務運営上見込んでおく必要もあるなどの理由で、今回の場合、会社から請求できるとしても修理費用の一部かと...

吉田 譲二弁護士

後遺障害申請についての質問です。 保険会社に依頼する事前認定と自分で自賠責保険に申請する事は被害者にとってどちらがメリットあるでしょうか? ネットを見ていると事前認定は保険会社が意見書を添付する場合がある等の理由で被害者側に不利という情報もありますが、実際はいかがでしょうか?

事前認定で後遺障害が認定されているケースも多数ありますので、一概に不利とは言えないと思いますが、事前認定の場合、保険会社が意見書含め、どのような資料を提出するかわかりませんので、結果に対する公正性という部分で疑念が残る場合もあるかもしれません。 資料をご自身で集めるという煩雑さはありますが、いわゆる被害者ご自身でなさる「被害者請求」という方法のほうが、どの...

吉田 譲二弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回1時間 無料
以降 30分ごとに5,000円(税別)
※事件をご依頼いただける場合には、法律相談の費用は頂戴しません。
着手金 原則0円
※事案によって,着手金をいただく場合がございます。
まずは,お気軽にご相談ください。
成功報酬 基礎報酬 20万円
変動報酬 賠償額の10%
※但し,訴訟,調停,斡旋,仲裁等による終了の場合,変動報酬は20%となります。
弁護士費用保険 原則、弁護士費用300万円までご利用できます。
実費 弁護士費用特約なしの場合: 必要に応じて郵送費、交通費、印紙代や郵券代などの裁判費用がかかることがあります。
弁護士費用特約ありの場合:原則、実費負担はありません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

休業損害の増額と後遺障害14級の獲得

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、タクシーの運転手さんでした。事故後治療途中でしたが、まだまだ腰が痛み、会社からの指示で仕事を休まれている状況であったにもかかわらず、加害者保険会社から休業損害の支払いをストップされてしまいました。
また、治療終了後、主治医から「後遺障害認定は無理だよ」と言われていました。

相談後

(休業損害について)治療中からの介入であったため、まずは加害者保険会社に休業損害の支払いについて交渉しましたが、治療中は休業損害支払いの延長はなされませんでした。そこで、治療終了後、タクシー運転手であることの特殊性や慰謝料額を踏まえた交渉を粘り強く行い、治療期間に休業した期間全額の休業損害を獲得することができました。
(後遺障害について)後遺障害の認定は、医学的見地だけではなく、法律的見地も踏まえて判断されるため、依頼者に申請してみることを提案しました。後遺障害診断書の書き方や必要書類をアドバイスし、14級9号に認定されました。

吉田 譲二弁護士からのコメント

吉田 譲二弁護士

保険会社の対応や医者の言うことに言いなりになる必要はありません。
法律的見地と経験に基づき、打開策がないかどうかについて、見通しを的確にアドバイスさせていただきます。

交通事故の解決事例 2

主婦休業損害の大幅な増額

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

加害者保険会社から示談額の提示がされていましたが、慰謝料が低額であったこと及び家事従業者としての休業損害額がゼロ円であったことから、事故状況や治療状況を踏まえ、増額が見込めると考え、依頼を引き受けました。

相談後

慰謝料の増額はもとより、家事休業損害額を100万円以上大幅に増額することができました。
粘り強い交渉と、経験から得られる保険会社との交渉ポイントを的確に把握していたことが大きな理由だと思います。
依頼者も、大幅な増額にとても驚かれていました。

吉田 譲二弁護士からのコメント

吉田 譲二弁護士

主婦の方からの依頼も多いため、休業損害の交渉や落としどころについての経験が豊富です。
家事労働に対する適切な対価を獲得するため、あきらめず、まずはご相談ください。

交通事故の解決事例 3

主婦休業損害の大幅な増額

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

パートをされている兼業主婦の方でした。事故後、仕事を休んでいないとの理由から、主婦としての休業損害もゼロ円という示談の提示が保険会社からなされました。

相談後

交渉によっても全く保険会社の対応が変わりませんでした。そこで、事故や治療状況、実際の家事への影響から増額されてしかるべき内容だと判断し、裁判を検討しました。
もっとも、依頼者は早期解決を望んでいたため、より早い解決が見込める斡旋手続きを申し立てました。
斡旋においてほぼこちらの主張が認められ、休業損害を100万円以上増額することができました。

吉田 譲二弁護士からのコメント

吉田 譲二弁護士

交渉のみならず、斡旋や裁判など、依頼者にとって最大限利益になるような手続きを熟知していることが、交通事故の問題解決には不可欠です。
もっとも、依頼者のお考えも最大限に尊重することも大切です。
依頼者のご要望に沿った最善の解決方法をご提案させていただきます。

交通事故

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
実績と経験を活かし、話し合い~裁判~強制執行に至る一連の手続きをスピーディかつ丁寧に進めます。まずはお気軽にご相談下さい。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

●債権回収に関するご相談はお任せを!
取引先がお金を払ってくれない、友人が貸したお金を返してくれない等、多数のご相談や解決実績があります。特に、裁判が終わっても相手が任意に支払わないようなケースにおいて、財産調査~強制執行をすることによって、債権額以上の金額を回収した実績があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼対応する上でのモットー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「逃げ得は許さない」をモットーに、依頼者に協力していただきながら、依頼者と一緒になって戦うことを心がけています。

債権回収は、債権が発生するに至った事情や証拠関係によってその成否に大きな違いが出てきます。また、話し合いを続けるべきか、話し合いを打ち切って裁判にするかの見極めも、早期解決を図る上で重要になってきます。これらのことを相談時から丁寧に聞き取り、ご説明いたしますので、ご安心下さい。

また、依頼者の不安や疑問を解消するため、最終的に回収に至るまでの見通しやそれにかかる費用概算(回収の困難性や費用倒れになる可能性があるかどうかも含めて)をご説明し、ご納得いただいた上で進めてまいります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●全国出張対応可
遠方の案件であっても、出張相談にて対応可能です。ご予約の際に出張相談希望の旨お申し出下さい。(この場合、出張日当2万円と交通費をいただきます)

●24時間メール予約受付
当事務所では、24時間メールでのご予約を受け付けております。営業時間内のご連絡が難しい方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

●当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日、夜間のご相談にも対応可能です。日時は事前予約制となりますので、まずは一度お問い合わせください。また、状況に応じてお電話でのご相談も可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎初回相談:30分ごとに5,000円(税別)
※ご依頼いただく場合には相談料はかかりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・注文どおり工事を終えたが、代金を支払ってくれないので代金を回収してほしい。
・お金を貸したが、支払うお金がないと言って返してくれないのでどうしたらいいか。
・代金を支払ってほしいが、相手にお金がないから支払えないのかわからないため、どのような財産があるか知りたい。

【重点取扱案件】
売掛金回収、貸付金回収、賃料回収など、請求する理由があるのにお金を支払ってくれないときは、何でもご相談下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アクセス
四谷三丁目駅から徒歩2分

●事務所ホームページ
https://stellalaw.jp/

この分野の法律相談

毎月の給与差押というのは、毎月給料日に受け取りに行けば良いのでしょうか?

振込手数料を負担することになるかもしれませんが,会社との協議で振込みにすることも可能かと思います。 いずれか都合のいい方法を会社側と協議されてみてはいかがでしょうか。

吉田 譲二弁護士

お金の貸し借りで詐欺にとえるか質問です。 私は当時交していた男性が、社員のせいで法人口座が凍結されたと嘘をついてわたしから200万円借りました。借用書もあります。 その後、会社が経営難なのは事実だったようですが凍結の事実はなかったことがわかり、返済を求めましたが事実倒産で仕事もなく返済がで...

社員のせいで法人口座が凍結されたように装い,それを信じて貸したということでしたら,詐欺罪に問える可能性はあります。 ただ,相手がそのような発言をしたというような証拠などはあるでしょうか? それを立証できるかどうかが一つの鍵になると思われます。

吉田 譲二弁護士

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご依頼いただく場合には相談料はかかりません。
着手金 25万円〜(税別)
※請求金額により変わります。
報酬金 25万円〜(税別)
※示談又は認容額により変わります。
備考欄 その他、旧日弁連報酬規定に準拠
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(1件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

債務者財産の差し押さえにより債権額以上の金額を回収

依頼主 40代 男性

相談前

相談者は、建築関係の会社で、取引先からの請負代金支払いが滞っているため、何とかしたいとのことでした。

相談後

取引先(債務者)と代金支払いについて交渉を重ねましたが、話し合いで決めた期日を何度も反故にしたため、話し合いでは解決できないと考え、裁判をして全面勝訴しました。
裁判後も任意の支払いがなかったため、強制執行手続きを行いました。
財産調査の結果、債務者の銀行口座にはほとんど預金がなく、不動産などの目ぼしい財産もない状況でしたが、依頼者と協力して、債務者の会社の資材があることが判明したため、すぐに動産執行手続きを行いました。
その結果、差し押さえた資材がなければ業務に大きな支障をきたす債務者と交渉し、最終的に、執行手続きを取り下げる代わりに債権額以上の金額を回収することができました。

吉田 譲二弁護士からのコメント

吉田 譲二弁護士

債権回収のような事案の場合、債務者は、任意の話し合いでは支払ってこないケースも多いです。
話し合いで解決しない場合、裁判~強制執行まで、事案に応じた対応を的確に行います。
回収までに時間がかかるケースも多いため、お早めのご相談をおすすめします。

債権回収

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【アクセス抜群】【完全個室で安心してじっくりとお話をお聞かせください】あなたの「これから」について考えていきましょう。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

●ご相談者のパートナーとして
「本人同士での話し合いが難しい」「相手に既に弁護士がついているので、こちらも弁護士をつけて進めたい」というご相談者のために、代理人として有利な解決を目指します。また、解決にあたっては、ご依頼者と十分な協議を行い、納得いただいた上で進めていきます。一つひとつ整理してより良い解決を目指しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼対応する上でのモットー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
配偶者の不貞や離婚問題については、色々とわからないことやご不安なことが多いと思います。
そのような不安を少しでも取り除けるように、お話しをよく聞かせていただいた上で、方針や見通しを丁寧にご説明し、ご相談者やご依頼者にとって最善の解決に導けるように取り組んでまいります。
離婚や男女問題は他人に話しにくいことだと思いますし、弁護士に相談するとなると余計に心理的なハードルが高くなりがちだと思います。
それでも、早い段階で弁護士に相談していただき、進むべき方向性を決めていくことで心理的負担を軽減でき、「あなた」にとっての解決に進むことができる一助になれると思います。
まずはご相談だけでも大丈夫です。ご相談者様のお気持ちに配慮しながら、一緒に問題解決に向けて考えていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼事務所のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●当日・休日・夜間相談可
当日の急なご相談や休日、夜間のご相談にも対応可能です。日時は事前予約制となりますので、まずは一度お問い合わせ下さい。また、状況に応じてお電話でのご相談も可能です。

●24時間メール予約受付
当事務所では、24時間メールでのご予約を受け付けております。営業時間内のご連絡が難しい方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。
原則、24時間以内にご返答いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎初回相談:1時間無料。その後は、30分ごとに5,000円(税別)
※ご依頼いただく場合には相談料はかかりません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・配偶者の不倫を理由に慰謝料を請求したい、または、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されている。
・配偶者が突然、子供を連れて家を出て行ってしまったが、今後何をどのようにしたらよいか。
・別居や離婚の際、婚姻費用や養育費・慰謝料・財産分与など、お金についてもきちんと取り決めたい。
・親権をどちらにするかでもめている。
・離婚自体はお互い合意しているが、子供の親権や財産分与・養育費などのお金の問題について決まっていないので、どのように進めていったらよいか。
・離婚や子供の親権、養育費の支払いについて話し合いがまとまったので、離婚協議書を作成してほしい。

上記のような離婚や男女問題についてのお悩みをお持ちの方は、お一人で悩まずにご相談下さい。
一日も早い再スタートに向けて、一緒に頑張りましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アクセス
四谷三丁目駅から徒歩2分

●事務所ホームページ
https://stellalaw.jp/

この分野の法律相談

ボイスレコーダーについて w不倫の加害者ですが、相手の旦那から声も聞きたくない会いたくもない住所も電話も教えないといわれ、謝罪を出来ていないので今度の4者面談で謝罪をしたいと思い、弁護士さんには依頼を待っていただいてる状態です。 相手の旦那さんは被害者ですが強迫まがいなことも言われていますし、...

ボイスレコーダーによる無断録音であっても、基本的には証拠になります。 特に、警察に被害届を出す場合、録音などの資料がないとなかなか受理されないという現状がありますし、将来民事裁判をする場合にも証拠となりますので、脅迫があったことの証拠として非常に重要なものになると考えられます。 ご参考になりましたら幸いです。

吉田 譲二弁護士

去年7月に主人の不貞が発覚し、同月に不倫相手の女性へ慰謝料請求をしております。不倫は認めてはいるのですが、慰謝料は払う気はないとの事で今訴訟手続きをしています。不倫関係は解消したとの事ですが、慰謝料請求してから半年経過しますが、まだ週1ペースで不貞を続けています。私は結婚4年目、子どもが2歳、不...

不倫関係を解消したと言ったあとも関係を継続していることや、それにより不倫期間がさらに長くなっていることなどから、慰謝料増額事由となる可能性はあります。 増額される金額は様々な事情を考慮されてのことになりますので具体的に申し上げるのは難しいですが、元々の慰謝料が100万円前後と考えて、そこから数万円~数十万円くらいで考えられるのではないかと思われます。 ...

吉田 譲二弁護士

旦那に慰謝料請求しようと思います。 1年半前にも 私の友人と不倫発覚。 (私と旦那の家で行為中に鉢合わせ) 2人から謝罪を受けるも6か月別居しました。 別居はするも、心が病んでしまい婚姻費も慰謝料も請求しませんでした。 またやり直そうと同居を初めて1年。 次は職場の同僚と5か月にわたり不倫し...

不貞相手が異なれば別個の不貞行為と考えられますので,1回目と2回目の両方について慰謝料の請求をすることができると考えます。 慰謝料額は,不貞の態様や期間,回数などが考慮されますので,復縁後も不貞を繰り返したことが増額事由になるかもしれません。

吉田 譲二弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回1時間無料。その後は、30分ごとに5000円(税別)
※ご依頼いただく場合には相談料は一切いただきません。
着手金 【離婚】
【交渉】
30万円

【調停】
30万円
※交渉から調停に移行した場合は追加で10万円をいただきます。
※4回目以降の出廷は1回につき出廷日当3万円をいただきます。

【訴訟】
離婚 40万円
※6回目以降の出廷は1回につき出廷日当3万円をいただきます。

【離婚協議書作成】10万円~。

【婚姻費用の分担、財産分与の請求、養育費請求、年金分割】
着手金 30万円~
※離婚と合わせてご依頼いただく場合、着手金は10万円~となります。

【親権、面会交流】
着手金30万円~
※離婚と合わせてご依頼いただく場合、着手金は10万円~となります。

【不貞による慰謝料請求】
30万円〜
報酬金 【離婚基礎報酬】
交渉・調停で終了した場合:30万円
訴訟で終了した場合   :40万円

【付随申立報酬】
親権獲得:10万円
年金分割獲得:10万円
面会交流実現:30万円

【比例報酬】
経済的利益に応じて以下の通りとなります。

300万円以下:16%
300万円~3000万円:10%+18万円
3000万円~3億円:6%+138万円
3億円超:4%+738万円
※養育費については5年分、婚姻費用については2年分の総額を経済的利益とします。
備考欄 いずれも税別です。また、上記料金は概算になります。詳しくは、ご相談時にご説明致します。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人ステラ
所在地
〒160-0017
東京都 新宿区左門町4番地 四谷アネックス5階
最寄り駅
四谷三丁目駅「1番出口」から徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご予約により早朝・夜間・土日祝対応可。
ご予約はメールで24時間可能
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
取扱分野
  • 離婚・男女問題

電話で問い合わせ
050-5352-4588

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 18:00

吉田 譲二弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5352-4588
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
ご予約により早朝・夜間・土日祝対応可。
ご予約はメールで24時間可能
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談