弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

弁護士を探す

地域
分野

阿部 清彦弁護士 あべ きよひこ

阿部 清彦弁護士

阿部法律事務所

東京都新宿区西新宿3-3-13水間ビル7階

みんなの法律相談回答一覧

ベストアンサーがついた回答数:実名214 件/匿名:0件

警察の判断のみでは裁判にはなりません。検察に事件を送り(送検という言います。)、検察官が起訴する必要があります。弁護士費用は何とも言えませんね。

回答日 2019年01月01日 20:15
この回答がある質問
起訴・刑事裁判

税理士の先生に確認しましょう。 抵当権の放棄のみでは債務免除益は立たないと思います。被担保債権が免除されて、初めて問題となるはずです。相続開始後に債務免除がなされれば、贈与税の対象になり得るか...

回答日 2018年08月14日 13:18

3に対してですが、郵便局のHPで、インターネット上で内容証明の申し込みができる様なのですが、そちらを利用して送っても大丈夫でしょうか? 大丈夫です。郵便局に行って出した場合と効果は同じです。

回答日 2018年08月14日 13:14
この回答がある質問
退職届・退職願

・同居の場合、父の物であるというのはどのように判断するのでしょうか? 一緒に使っていたテレビや冷蔵庫などの家電も含まれますか?(家電は親戚から頂いたりテレビは妹が購入したので父が購入した物はあり...

回答日 2018年08月14日 13:12
この回答がある質問
相続放棄手続き

面会を許可したこちらが悪いのか →少なくともその可能性は低いでしょう。しかし、不可抗力で非監護者も悪くないという結論になれば、結局治療費は監護者である相談者様の負担になってしまいます。

回答日 2018年06月25日 23:22
この回答がある質問
面会交流

①遺産分割協議書は私文書なので公正証書に出来ないと言われたのですが事実ですか? 公正証書に出来る場合費用はどれくらいかかりますか? →できます。費用は10万円以内でしょう。 ②法定相続...

回答日 2018年06月24日 17:39
この回答がある質問
相続

前職の会社に来るようにと言われておりますが、行かなくても問題は御座いませんでしょうか? →問題ないです。問題があるのは、前の職場です。 「発送はするが話があるので、会社に来るように」と返答...

回答日 2018年06月18日 22:29
この回答がある質問
就職・転職

税金の申告で、戸籍謄本と免許証のコピーは必要ですか? 税理士に依頼する場合、免許証等身分証のコピーを求められます。 戸籍謄本は通常必要ありませんが、血縁関係があることが税務申告上求められる...

回答日 2018年06月18日 19:29

加害者(個人)に対して損害賠償を民事で請求出来るのでしょうか。 →可能です。 保険で支払われる意外に請求できますか。 →保険金で支払われた保険金額が賠償額として不十分であれば差額を請求で...

回答日 2018年06月18日 19:20
この回答がある質問
労働

そこで弁護士の先生方に質問させてください。 1.調停員の方にモラハラを説明するために、調停の場に本を持ち込むことは可能でしょうか →ルール上は可能ですが、弁護士に相談しましょう。 2...

回答日 2018年06月13日 00:12

客観的にはどのようなものを判断材料にするのでしょうか? 結局は担当弁護士の主観ですね。相談者様が、報酬が高すぎると感じれば、書面の作成回数とか出廷回数を考慮して、担当弁護士と交渉しましょう。 ...

回答日 2018年06月06日 20:29

もう一度、結審からやり直せるのでしょうか?それとも、弁護人が変わっても、そのまま同じ期日で判決となるのでしょうか? 基本的に後者でしょうね。「新たな証拠」が重要ではないという弁護人の判断なの...

回答日 2018年06月05日 23:26
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

そもそも公正証書にそういった離婚後の支払いについては記載していません。 →そうであれば、養育費の不払いについて直ちに給与の差押えをされる可能性は低いでしょう。 それでも、元妻が、これは異な...

回答日 2018年05月28日 14:50

数カ所に同じ相談をしても問題ありませんか? →問題ないです。無料相談とはいえ、複数の法律事務所で、事実の経過を繰り返し説明するのは大変な労力かと思います。簡単なメモ書きで大丈夫ですので、平成〇年...

回答日 2018年05月28日 10:23
この回答がある質問
不倫慰謝料

何かの罪に問われることがありますか?? 理論上は窃盗罪が成立する可能性がありますが、処罰される可能性はないでしょう。

回答日 2018年05月21日 22:05
この回答がある質問
窃盗・万引き

2016秋離婚を提出しました。 →3年の時効は大丈夫そうですから、あとは証拠ですね。2015年2人利用ホテルレシート以外の証拠がないと厳しいと思います。

回答日 2018年05月21日 21:46
この回答がある質問
離婚慰謝料

養育費の減額は相手が裁判所に調停を申し立てた日から減額か、調停で決まった日から減額か?どちから分かりません。 →減額の理由によりまちまちですが、両方あり得ます。全体で見れば、調停申立時というか、内...

回答日 2018年05月21日 21:42

有責者に対しては婚姻費用の支払い義務がない →可能性はありますが、婚姻費用の支払義務を否定するほどの有責性がないといけないので、可能性は低いです。 そもそも、離婚後に養育費まで決まってから、...

回答日 2018年05月14日 11:34
この回答がある質問
養育費

業者に依頼していた太陽光の設備認定等の情報を開示してもらうよう主張した場合は業者に開示の義務はありますか? 業者が自己破産を選択した以上は難しいと思います。破産管財人が選任されてから、破産管...

回答日 2018年05月13日 23:31

1、全額一括返済は出来ないのですが、裁判になった時に分割払いは出来るのでしょうか。 →可能だと思います。 2、裁判所から連絡が来るまで待っていても大丈夫でしょうか。 仕事をされてないので...

回答日 2018年05月12日 22:50

34条は、身柄拘束されるかどうかの話です。 37条は、刑事裁判を進めるにあたっての話です。 接見禁止処分に対しては、接見禁止の(一部)解除の申立てをする場合があります。

回答日 2018年05月11日 23:41
この回答がある質問
憲法

似てはいませんが、私が弁護人をつとめた件で、再度の執行猶予を獲得したことがあります。ご承知のとおり、再度の執行猶予は例外中の例外です。一般的に侵入盗は万引きと比べて悪質と見られがちです。当然ながら、...

回答日 2018年05月11日 23:29
この回答がある質問
住居侵入罪

この度は、お母様が亡くなり、お悔やみ申し上げます。 ①通夜・告別式で僧侶お布施をお渡ししたのですが、領収書をいただけませんでした。その場合、保険会社に請求するのはムリなのでしょうか?(領収書を...

回答日 2018年05月01日 23:25
この回答がある質問
傷害

・書証により事実関係は明確になっている →良いと思います。 ・被告は立証もなく主張を繰り返しており尋問をしたとしても信憑性がない →「尋問を実施したとしても、書証で得られた心証を覆すよ...

回答日 2018年05月01日 19:52
この回答がある質問
簡易手続き

私文書偽造等にあたりますか? →該当する可能性があります。そんなに悪質性はないと思いますが。 私文書偽造等となる場合どの様な対応が必要でしょうか? →A社に謝罪した上で、相談者様単独名...

回答日 2018年04月24日 10:20
この回答がある質問
犯罪・刑事事件

さぞかし、嫌な想いをされたことでしょう。心中お察しいたします。 犯行告白が複数あるという状況ですね。相談者様の被害者供述とともに有力な証拠になります。

回答日 2018年04月24日 10:17

①→変わってダメなことはないですが、申立て~免責許可決定までは変更しない方が望ましいです。 ②→ご当地の裁判所の運用によりますが、5年落ち車両は当然に、5年以内の車両は時価額次第ですが、手放さ...

回答日 2018年04月23日 11:56

①故意かどうかをどう判断するのでしょうか? →本人の弁解や状況証拠次第です。細かいことは事案によりけり、としか言えません。 ②ずさんな請求(単なる間違い勘違い)の件数10件程や金額合計2万...

回答日 2018年04月22日 10:00
この回答がある質問
横領

やはり本社あてがベストでしょうか。 そうです。本社宛一択です。 担当部署のほうが話が通りやすいのでは、と思いますが、 不安ならば、本社宛に時効援用の書面を送付した旨を、担当部署に...

回答日 2018年04月21日 00:33

①余罪について再逮捕が入る可能性が高いこと、②本件について起訴され被告人勾留に切り替わる可能性が高いこと、ではないでしょうか。 検事も弁護士に提供できる情報は提供します。

回答日 2018年04月18日 09:59
この回答がある質問
逮捕・刑事弁護

1 - 30 件を表示/全 214 件

阿部 清彦弁護士へ問い合わせ
電話番号 03-3345-1184

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:30 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
【24時間メール受付】
【電話受付時間】
平日9:30 - 17:30
※お電話では簡単なヒアリング程度での相談とさせていただいております。
※不在の場合は、折り返しお電話いたしますので、まずはお電話ください。
※事前にご予約いただければ、夜間・休日の相談もお受けすることができます。
対応地域