お気に入りに追加
長谷見 峻一弁護士

( はせみ しゅんいち ) 長谷見 峻一

日本羅針盤法律事務所

現在営業中 08:00 - 24:00

みんなの法律相談回答一覧

減額請求を受けた場合の裁判の見通しについて、直接面談形式にて弁護士に相談に行かれることをお勧めします。

回答日 2018年07月10日 17:45
この回答がある質問
養育費

おっしゃるとおりです。相談者の方が納得のいかない決定がでた場合には同様の手続きをとることになります。

回答日 2018年07月08日 17:12
この回答がある質問
離婚・男女問題

家を建てるという理由で減額請求は認められませんが、 再婚や、元夫側に子どもが生まれた場合には扶養家族が増えますので、養育費が減額される可能性がでてきます。 元夫の新しい配偶者の収入や現在の元夫の...

回答日 2018年07月07日 02:12
この回答がある質問
養育費

抗告審で結果がでた場合に、当該結果を争う方法としては、特別抗告と許可抗告という手続きがあります。いずれも最高裁判所に判断を求める旨の申請ですが、なかなか認められるものではなく、過度に心配される必要は...

回答日 2018年07月07日 02:02
この回答がある質問
離婚・男女問題

携帯電話の番号はわかりますでしょうか。弁護士であればそこから住所を調査できます。 また戸籍から追うことも可能です。 一度弁護士に相談されることをおすすめします。

回答日 2018年07月07日 00:00
この回答がある質問
保証

壮絶な状況であったことが目に浮かびます。 証拠がなくとも、相談者の方の証言をもって証拠とし、争うことは可能ではあります。 ただ、どうしても客観的な証拠がないために、裁判は難航します。 婚約指輪...

回答日 2018年07月06日 23:55

相談者の方が給与所得者で年収430万円 妻の年収がゼロであるとすると、養育費は4万~5万円が相場ではあります。

回答日 2018年07月06日 23:48
この回答がある質問
養育費

業務委託先への個人情報の提供は、第三者提供に該当しないため、個人情報保護法上の問題は生じません。委託先への監督義務は以下のように課せられています。 ◆個人情報保護法 (委託先の監督) 第二十二...

回答日 2018年07月06日 23:46

この段階で強制執行をすることは可能です。 弁護士を立てずに進めることは可能ではありますが、強制執行のみの依頼であれば5万円~10万円程度で対応する弁護士もいます。 分割にしてもらって弁護士に依頼...

回答日 2018年07月06日 23:40
この回答がある質問
養育費

契約名義人は元夫であることから、保証金や営業補償の話などは元夫の方が対象になります。 元夫に協力を仰ぎ、自営業について元夫がオーナーであるとして、元夫の名義で立退料の交渉をすべきと考えます。

回答日 2018年07月04日 21:58
この回答がある質問
保証

根拠のない批判を受けているのであれば、引用云々ではなく、業務妨害や名誉毀損であるとして戦うことが考えられます。

回答日 2018年07月04日 21:45
この回答がある質問
インターネット

ボイスメモは証拠になります。 ただし、少なくとも証拠にしたい必要な箇所については、データだけではなく文書化する必要があります。ぶつ切りでよいわけではなく、提出したい範囲をすべて文書化してください。...

回答日 2018年07月04日 21:22
この回答がある質問
離婚・男女問題

夫婦間であっても強姦罪(現強制性交等罪)は成立するとした裁判例はあります。 夫婦であっても性的関係を意思に反して強要されることにはなりません。そのため、裁判所に慰謝料を認めさせることは可能かと存じ...

回答日 2018年07月04日 20:57
この回答がある質問
離婚慰謝料

破産手続きにおいて換価の対象となるのは、破産手続の開始決定がなされた時点の財産です。そのため、破産手続開始決定の後に得た収入は貯蓄することができます。財産の購入も破産手続開始決定後からとなります。

回答日 2018年07月04日 20:49
この回答がある質問
自己破産

そのような被害に遭われたのであれば、加害者の危険性を伝えたいお気持ちになることはよくわかります。 どうしようもなく悔しく、憤っていらっしゃるのだと思います。 そのようなお気持ちであるということを...

回答日 2018年07月04日 20:47
この回答がある質問
傷害

1.夫名義で新築を購入したのは婚姻中の財産となるのでしょうか。私にも財産分与請求権利がありますか?財産分与請求して特なのでしょうか? 夫は、新築を売ると1800万円の赤字になると言っていました。夫...

回答日 2018年06月22日 21:02

名誉毀損における原状回復(民法723条)まで認められる場合であれば、おっしゃるような名誉の回復につながる措置を求める余地はありえます。 >>○○○の大会にエントリーされるなど、生活の方はだいぶ...

回答日 2018年06月22日 20:52
この回答がある質問
インターネット

今からでも訴えることは可能です。 民事としては不法行為という類型でありDがそのような行為をしていると知った時から3年は請求できます。 刑事事件としては従前の経緯と現段階で落ち着いていることもある...

回答日 2018年06月22日 14:55
この回答がある質問
インターネット

夫婦のみの世帯であると考えて回答します。 当該年収状況からすると、相談者の方が婚姻費用は支払う必要はありません。 しかし、ローン関係は名義人が支払う義務があるところであり、配偶者との関係で左...

回答日 2018年06月21日 14:02
この回答がある質問
婚姻費用

Dさんの傷ついたお気持ちはわからないではないですが、やっていいことと悪いことがあります。 名誉棄損で訴えることは可能だと考えます。裁判をするかどうかはともかく、 このような行為を今後も行わせない...

回答日 2018年06月21日 13:56
この回答がある質問
インターネット

警察に被害申告をすることを検討しているということを告げ(いわば最後通告)、返金を求めるという方法であれば、費用はかかりません。これでうまくいくこともあるでしょう。 弁護士から連絡する方法をとれれば...

回答日 2018年06月21日 13:52

>>その後現状の言葉遣いや人の扱い方(これに関してはひどかった記憶はありません)がひどすぎるから裁判すると返信が来ました。 例えば、元夫が相談者さんの不貞を疑って不貞の裁判をする、あるいは財産...

回答日 2018年06月19日 15:09
この回答がある質問
離婚・男女問題

お気持ちはよくわかりますが、なかなか難しいところです。奨学金の返済義務はあくまでも借りたご本人にあります。 「今は余裕がないから一度に返済は無理。」という部分について口約束で終わらせずに、 借り...

回答日 2018年06月19日 15:03

こういった消費者契約の場合には店側に通常生じる平均的な損害を超える賠償額の予定は無効となります(消費者契約法9条)。 急きょキャンセルしたために店側に何らかの損害は発生しているとは思われますが、席...

回答日 2018年06月18日 16:55
この回答がある質問
消費者被害

葬儀費用は一時的には喪主の負担するものであり、遺産から必ず支出しなければならないものではありません。香典で賄うことがまず第一です。お墓代も相続財産から支払うことを強制されるものではありません。 相...

回答日 2018年06月18日 16:48

裁判所からの手紙がどのような内容なのかによります。 相談者さんに返還を求めて訴えたという手紙である場合に、何も対応していないことから、裁判が終了となり(欠席判決)、時効が10年に伸びている可能性が...

回答日 2018年06月18日 16:40

>>不倫相手のご家族や会社などには私は関係についてバラしたりはしていませんが、口止め料を含めて私と交際相手から精神的苦痛に対する慰謝料を頂きたいと考えていますが、可能でしょうか? 婚約者の方に...

回答日 2018年06月17日 14:21
この回答がある質問
不倫慰謝料

調停が成立した場合には「調停調書」という合意内容を記した書面が作成されます。 振込先や決定事項もここに記載されています。 調停調書は1週間程度で裁判所が作成します。 双方ともに調停調書は受...

回答日 2018年06月17日 14:08
この回答がある質問
婚姻費用

1.要は10社もあれば受任通知書の発送には時間が掛かる物なのでしょうか? ⇒かかりません。連絡先がわかっていれば、当日か遅くとも翌日には送付します。 2.携帯電話は無視し続けて良いのでしょう...

回答日 2018年06月15日 15:27

真実既婚者ではないと思っていたのであれば、支払い義務はないと主張することになります。 もし相手に妻から連絡があった場合には、言葉尻をとられないように、慎重に対応する必要があります。

回答日 2018年06月13日 23:29
この回答がある質問
不倫慰謝料

1 - 30 件を表示/全 755 件

現在営業中 08:00 - 24:00

長谷見 峻一弁護士へ問い合わせ

電話番号 03-3358-0992
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 24:00
  • 土日祝08:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所不在時には外出先から折り返しの電話をさせていただいております。18時以降も電話を受け付けております。土日や祝日の面談もお待ちしております。メールでのお問い合わせも歓迎しております。